自己整体、マッサージのお供  腰痛・肩こりを自力で治すフォームローラー生活

もはや人生の必須アイテムフォームローラー

 

以前にも記事にしたランブルローラーに続き、他社製品もちょこちょこ試しているフォームローラー。まさにどハマり、これがあるおかげで整体へ行く回数が減ったこと減ったこと。軽いギックリ腰もなんのその、自力で何とかできたのは妙な自信にも繋がりました。

 

おかげで叔父さんの葬式にも出ることができたり、緊急時にも日頃のケアにも大活躍。大袈裟ではなく腰痛持ちの自分にとって救世主的なアイテムになってます。

 

フォームローラーの導入とランブルローラーについてはこちらを見ていただくとして、また別タイプでなかなか良かったのは【TETOP】のフォームローラー。

f:id:bakibakibass:20200322021048j:plain

 

痛いと評判のランブルローラーに慣れていたので油断しました。ま~こいつもきっついのなんの。強度や硬さについてはこっちの方が上まである?かなり強烈でナイス。忘れてた感覚を思い出せたのが良い。

 

「刺激が強けりゃいいってもんじゃないだろ!」ってツッコミごもっとも。これが合わない人がいても何もおかしくない。凝りのタイプとかにも色々あるのだと思います。素人仕事が危険と言うのも分かるし、痛すぎて続かないとかそれも大問題。

 

しかしです。わたくしポング、揺るがない事実を身をもって体験しています。

 

『痛い方が効いた』

 

あまり硬くないタイプ、刺激緩めなのも買ってみましたが、正直言ってほとんど効果を感じませんでした。欲しいツボに届かない、ぬるいマッサージやストレッチに留まってしまう、そもそもの用途が違う気がするなど、あまりに手応えが微妙。不健康自慢じみてる気もしますがまぁ本当、合わないものは仕方ありません。

 

スモールサイズの方が小回りが利いて良いってレビューなんかも自分には合わず。ある程度の長さがあった方が余裕をもってできることがありました。空洞タイプは強度的にも不安があるし、評判の良いものが我が身にも合うとは限らないと痛感します。

 

その点、このTETOPはなかなかのもの。耐荷重500kg、五年保証、長さも二種類から選べる、かなりお手頃価格など、「これだ!」ってすぐ飛び付ける魅力あり。硬いとは言ってもランブルローラーとは違ってトゲトゲした形ではない為、ほぐれて慣れてくればこっちの方が扱いやすいんじゃないかと想像。こいつの上に立って足裏を刺激するにも良い感じ。さすがは耐荷重500kg、ぐにゃぐにゃ曲がったり軋む様子もなく安心。

 

自動で治してくれるとか無痛で何とかできるってもんじゃないけど、そんな都合のいい夢物語に期待したり整体だの病院を探し回って大枚はたくのもどうかって話。薬や医者に依存した人生、腰痛に悩んで怯えるなら使ってみる価値あり。

 

3000円もしないでこれはほんと強力。

 

 

最強を求めるならやっぱりランブルローラー?

 

「TETOPの方が硬いかも?」ってのはランブルローラー青、スタンダードタイプの話。ハードタイプ、アスリート向けと呼ばれる黒の方はさらに硬質、群を抜いて強烈と評判。たぶん自分も最終的にはこれのロングサイズに手を出すんじゃないかと思います。

 

TETOPも良いんですが、ローラーならではのコロコロ感や絶妙な弾力などを求めた場合、ランブルローラーの方がスムーズだったりより練られてる印象があります。やっぱり値段の違いってやつでしょうかね?後出の激安品とプロ用みたいに扱われているものでは差があるのかもしれません。

 

自分が尊敬する格闘家さんが使っているのもランブルローラーの黒、そしてロングサイズ。分厚く骨太、90kgクラスの体をほぐす実績を考えてみてもこれしかねぇ感が漂ってます。

 

正直、恐怖的存在でもありますが、だからこそ憧れ惹かれてしまう抜群の存在感。ピッチシフターとか欲しい機材も色々あるけど、後の人生、体のことを考えると本命はこいつって気がしちゃいますね。

 

絶叫しながらゴリッゴリにほぐしたい!

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com