4弦ベース・二音下げドロップCにハマる(3)分かりやすい基本の運指を考える

ドロップCと運指・音程の把握

 

いつもの感覚で弾くと頭がこんがらがって仕方ないドロップC。心が折れる要因そのものって感じ。正直言って「本当に慣れるのだろうか?」と不安があります。

 

しかしそこで止まってしまうのはあまりにも惜しい。5弦ローBとはまた異なる独特な魅力に気付きつつあるドロップC。何とか攻略できないかと奮闘しているここ最近。

 

自分的に使い心地が劇的に変化したのはこれ。

 

『2弦を基準に把握する』

 

たとえば2弦の3フレット・Fを押さえたとして、4弦ドロップCは5フレットを押さえればオクターブ下のF。ノーマルチューニングの場合、1フレットに該当する音が5フレットに移動していることになります。

 

ただ、ここで「1フレット+4フレット」みたいにいちいち考えるのはやってられません。それが得意な人もいるとは思うけど自分は苦手。「チューニング変えたらここがC・・ここがF・・」と把握していくのもちと面倒。それが一番の基本だとも思う一方、現状ではその頭の切り替え方はまだ出来てない。

 

だからこそ2弦を基準にしてしまうのが早い。それに加え3フレット4フィンガーの運指で把握すればより分かりやすい。オクターブ上は人差し指、下は小指が担当する状態。フォームを維持、2弦で何の音を押さえてるかを把握できていればかなり楽になります。五度上、四度下のパターンを自然に弾けるようになるだけでも世界が変わりました。

 

ここでさらに攻めて3弦からのコンビネーションも考えたい。これまたオクターブのパターン、その音程を把握するにはどうしたらいいか?

 

『3弦は小指で押さえる事を基本にする』

 

これがなかなか良い感じ。

 

この場合、今度は4フレット4フィンガーの運指。3弦を押さえるのは小指で4弦は人差し指。3弦5フレット・Dを押さえたとしたら、4弦ドロップCは2フレットを押さえてオクターブ下のD。いつもはMaj3rdの音になるところがオクターブ下になると考えるのも有りかもしれません。

 

こういう把握の仕方が良いか悪いか何とも言えない面もありますが、「ドロップしても開放弦しか使えない!他はまったく分からない!」なんて状況からはとりあえず脱出成功。自分的にはかなりの進歩だと実感しています。特にスラップにおける効果が絶大。

 

他にも例えばちょっと割り切った考え方をするのであれば、開放弦ローCからA♭までを完璧に把握してそこから上は3弦に移行、開放弦Aからはいつもの感覚で弾くと考えるのも良さげ。それこそ『3弦ベース+低いの1本』みたいに認識しておくのも有りな気がしました。

 

カーペンターズで有名なジョーオズボーン。4弦(E弦)の響きが嫌いでほとんど使わなかったなんて逸話があるこの御方。例に出すには違うかもしれないけど、A弦D弦G弦の三本だけでも意外とイケるってのは本当にありますね。そこにドーン!と低いのがあるのがドロップチューニングの魅力だと決めてしまうのも一つには有りだと思います。

 

ダウンチューニングとか安直じゃないかって偏見がありましたし、多弦弾きなだけに全然興味なかったけど、いざやってみたらま~ハマってるのなんの。5弦のプレベに拒絶意識がある分、今のジラウドのプレベの幅を広げられたことにも凄く意義を感じます。

 

さすがにオールドロップC、もうそれしか使わないなんてことは有り得ませんが、4弦の世界にまた新たな楽しみを見い出せてるのが本当に素晴らしいですね。

 

いいぜドロップC!

 

【関連&おすすめ記事】 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com