4弦ベース・二音下げドロップCにハマる (1) 多弦メインで知らなかった楽しさ

二音下げドロップC

 

4弦、ジラウドのメビウスPBを手に入れずっとハマってるここ最近。プレベと言うどちらかと言うと粘っこいイメージ、ぶっとく包み込むようなサウンドを求めたくなるもの。

 

その固定観念を簡単にブチ壊すのがメビウスPB。超絶ワイドレンジなスラップサウンドもお手の物。それこそマーカスミラーのコピーなんかもやりたくなってしまう、それも手加減したセッティングで丁度いいってぐらいな音が出せちゃいます。

 

で、そのマーカスのコピーで一つのつまずき。「あれ?これ何?」ってところが出てきて困惑。もう明らかに最低音が違う。EじゃなくてローCが聴こえてくると来ました。5弦を使ってるのか?いやこれはもう絶対あれ。

 

『ドロップC』

 

たまに使うことは知っていたけれど以前とは違った感覚で聴こえてきて驚き。ずっと多弦ベースがメインだった自分。チューニングを下げるとかまったく選択肢になかった人生。全然気にしてこなかっただけに「マーカスすげぇ!」ってちょっと感動しちゃいました。

 

自分の好きな【Soul Shadows】の中でそれやってるのが格好いいのなんの。あくまでも4弦(・・たぶん)で弾き切るのが実に粋。張りが緩くなってるにもかかわらず自然にスラップ、当たり前のように使いこなしてるのがさすが。サラッとかつ唸るボトムに痺れます。

 

サンプル・ディス

 

その流れで自分もドロップCを試してみたところ、これがびっくり。4弦でも自分が欲しい音域のボトムとノリが出せる、ただの4弦ではない感覚が実に楽しい。

 

以前、ハイCチューニングの5弦でドロップCを試したことがありますが、この時はあまりピンと来なかったのに今回はなぜか全然違う。4弦の解放感、サウンド、ノリで低い音を出せるってのが良いのか、実に気持ちよくハマってます。

 

さらに言うと、

 

『邪悪感』

 

これがあるのも実によろしい。

 

ドリームシアターの影響、メタルの流れで6弦に手を出したのが多弦人生の始まり。それがあったから4弦をほとんど弾いてこなかったのが本当の話。4弦の音域、音質じゃなんか違う、もっと低い音を出したい、上にも下にも広げたいと考えて生きてきた次第。

 

そこでなんだか不思議な感覚に陥ったのがドロップC。一音下げのドロップDじゃピンと来なかったのが何ともツボにハマる鳴りに変貌。ローCまであることで高音域まで変化したように感じるのが面白い。

 

こちらはTwitterに投稿、スマホで撮った動画。ドロップCでゴリゴリ刻むのが楽しい、そこから高音弦の方に移るのが気持ちいい。極端な話、シンプルなプレベが6弦ベースになったような、そんな感覚が自分的にストライク。

 

 

「4弦なんか絶対弾かねぇ!」 なんて息巻いてた時期もありますが、いや本当、紆余曲折あってか今は妙にすっきりした気分ですね。

 

「4弦いいじゃん!」

 

もう素直に認めちゃった方が人生楽しくなると悟りました。  

 

ドロップチューニングの可能性と気持ちよさにも目覚めた今、気になり出したのはヒップショットの【X Tender】。ワンタッチでドロップチューニング、「Dチューナー」なんて通称でもお馴染みの存在。

 

下げられるのは実は一音までだけじゃなかった、実際にウィルリーがドロップC仕様で愛用してるなんて話からも興味湧かないわけがありません。

 

互換性の問題がある為、該当するタイプを調べる必要がありますが、これは是非とも手に入れたいですね。ここに来て4弦にさらにハマっちゃうんじゃないか?悔しい以上にワクワクしています。

 

HIP SHOT BT2

HIP SHOT BT2

 

 

【関連&おすすめ記事】 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com