プレベのPUのポールピース間が広く作ってある理由が面白かった

PB・プレシジョンベースのPU

 

f:id:bakibakibass:20200201215249j:plain

 

ベーマガのレオフェンダー特集記事を読んでて驚き。プレシジョンベースのPUのポールピースの間がなぜ広くとられているか?

 

『スピーカー保護の為』

 

なんじゃそりゃって目が点になりました。

 

OPBみたいに弦の直下にポールピースを配置した場合、その強烈なアタック、ピークによってアンプ側にダメージを与えてしまうことが当時はよくあったんだそうな。それを避ける為、ポールピース1個に任せるのではなく2つにして分散。より扱いやすく太い音を得ることにも成功。

 

まだエレクトリックベースが得体の知れない楽器ぐらいに扱われていたとも想像する時代。アンプシステムの方も耐久性諸々、手探り未知数で確立されていなかったってことなんでしょうね。磁界や音質について考えていたのも当然あるとは思いますが、まさかアンプ側を保護する目的も含まれていたとは予想もせず。そんな事情があったのかと興味深くなります。

 

一方、後のジャズベースではもうちょっとポールピース間が狭くなったり、ミュージックマンにおいてはポールピースを大きくして再び直下型になるのだから面白い。プレベのPUにしてもギブソンのパテントに触れないようあのスプリットタイプにしたとか、そのパテントが切れたからハムバッカーでスティングレイが出てきたんじゃないかとか、知らなかった情報に何だか引き込まれてしまいました。

 

時代と共に世の中の要望も変わってきたのか、より分かりやすくクリアーなサウンド、アタックも重視するようになったのかとそんなことも感じます。アップライトベースのお手軽的代用品ではなく新たな楽器。革新的存在として認知されていったのかなと。耐久性も含めたアンプシステムの向上もあったにしてもスティングレイみたいな大胆なスタイルを狙って作れちゃうのが凄い。ジャズベについてはもはや言うに及ばず。

 

OPB、プレベ、ジャズベ、ハムバッカー、ラージポールピース、バーポールピース等、材料から何から様々なタイプのPUに自分も触れてきました。が、結局は昔ながらのシンプルなフェンダータイプに落ち着いてしまっているのが悔しくもあり納得もします。

 

目的や課題について自覚、ちゃんと取り組むレオフェンダーはやはり素晴らしい。楽器がほとんど弾けなかったことでも有名だけれど、それだけに現場の声も積極的に拾っていったんでしょうね。でなければあれだけ実用的に機能する楽器を作るなんてことは不可能なはず。

 

「どうしたらいいかは知らねーけどこうしてくれよ!」

 

こんな声に応えてしまう、気持ちよく使えるのがフェンダーの作ってきた楽器の魅力。作り手の理論やら試行錯誤やら難しいことはブッ飛ばしてもいいのが最高。道具として遠慮なく使える感が見事。

 

現在、ジラウドのメビウスPBにハマってる自分。常識外れのワイドレンジ、1トーンでも異常なぐらいに幅広く音作りできるこのベース。でもその根幹はやっぱりフェンダーのそれ。まったく別の形にしてしまうのではなく元々持ってるポテンシャルを活かした楽器。

 

PUにしても大胆なアレンジがしてあるわけではない。新しいどころかアルニコ+エナメル線なんて古臭いぐらいの存在。にもかかわらず凄まじい特性、バリエーションを生み出せる不思議。本来持っているものを独自の回路によって余すことなく出しているだけと考えると何とも複雑な気分。フェンダーの根源性、可能性に圧倒されます。

 

アンチな身だっただけに調べれば調べるほど勝てない何かを悟らされるフェンダーの凄さ。こっちの考えすぎだったり妄想で膨らましてる部分もあるだろうけど、それ以上に認めざる得ないその実力にひれ伏すしかないのが現実。何回言ってんねんって話と流れですが、それでもまだネタが出てきてしまうから恐ろしい。

 

楽器選びに悩んだり迷ったらまずはフェンダースタイル。それも小綺麗に作られたやつじゃなくてガツンと来るのが良い。中でもプレベが自分は好き。先日話した『臭い』といい、メビウスPBから実感できるポテンシャルといい、知らぬでは済ませられない底知れなさが実にナイス。

 

去年は「PJ欲しい!」なんて熱を上げてましたが、

 

「これでよくね?」

 

何かもう1PUのままで十分完成されてるなって満足しつつあったり。

 

個人的な欲を言えば縦振動を意識した際、もうちょっとガッツリ反応してくれた方が嬉しいのも本音。その意味ではポールピースの間が狭いタイプがあったらそれも面白そうだと興味が湧きます。

 

しかし前述した理由を考えるとそれも微妙?そこを変えてしまったら別の楽器になってしまう?それが欲しかったらジャズベースなんじゃないだろうか?そんなことも思い始めました。

 

シビアな部分と寛容な部分と両方備えてるのが実に魅力的。シンプルだからこそ扱いやすくそして奥深い。まだまだプレベのことを全然知らない自分。先を求めるのはもっと後でいいんじゃないだろうかと。

 

いや本当、4弦を全然知らなかったのもありますし、新鮮なことがいっぱいあって楽しいですね。今更どころか必然も必然、その素晴らしさに脱帽。プレベ手に入れて良かったと心から言えます。

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com