まだアップライトベースへの未練が残ってるらしい

サイレントベースへの未練

 

f:id:bakibakibass:20190628170416j:plain

 

レジンのコントラバス、ハルシュタットのEUB、ヤマハのSLB200LTDと買っては手放してきたアップライトベース達。最初はめちゃくちゃハマるんだけど何だか続かない。心が折れてしまうと言うかやっぱりエレクトリックベースが弾きたくなる。色々しんどくなってやめてきたこれまで。

 

振り返ってみるとやたら理想が高すぎた、一年も弾かず何を偉そうに悟ったようなこと言ってるのか、もっとちゃんと素人を認識しろとツッコミたくなる今現在。何も分かってないくせに「もういいや」って手放しちゃうのは最悪のパターン。

 

実際、SLB200を手放したことがいまだにひっかかってるのが何ともお粗末。あれこれ悩む段階にすらなかった状態で諦めるのは悪手にも程がある。もうちょい粘ってみろやと自己説教したくなってしまう。

 

そんなこんなアップライトベース、特にヤマハのサイレントベースに対してモヤモヤと未練が残っている自分。それを揺るがすニュースが飛び込んできて絶賛困惑中。

 

【SLB300】

 

ヤマハの新製品。新型のサイレントベース。基本はSLB200だけどルックスはより木製らしさを強調している感じ。プリアンプも変更されたらしくこれが大きなポイントになりそう。詳しくは下記のヤマハ公式サイトを調べるが吉。デモ動画も有り。

 

jp.yamaha.com

 

いや本当、新型登場なんてまったく頭になかっただけにちょっと困ってしまう。「これを最後にするか?いやいやもういいだろ!でもやっぱりこのまま終わるのは・・」とグルグルして参る。

 

スペック的にみると「ローズウッド指板かぁ・・」となるのも正直なところ。一方、エレクトリックにおいてエボニー指板が絶対なんだろうかって疑問が湧くのも本音。SLB200のリミテッドバージョンを持ってたからこそ思うけど、実はもっと軽い感じだったり安い感じでも有りなのかもしれない。コントラバスコピーに苦心しすぎるのも何か違うのかなって気がしたり。また違う楽器として納得しても良いんじゃないかと。

 

まぁ、ド素人がなに言っても説得力なんかないけど、無い物ねだりばかりしてその道その世界まで避けちゃうのはどうなんだってなるのは間違いない。変にこだわってコストが跳ね上がっちゃうのは単純に厳しい。それが入門を遠ざける一番の理由にもなる。いきなりそんなスペックにこだわるってどうなのかなと。

 

そもそも自分がそんな分かってる人間なんだろうかってのも限りなく微妙。「エボニーじゃなきゃ弾く気しねぇ!」なんて言い出したらジラウドのニュークラインまで否定しないといけなくなる。あれは確かオセアニアンローズって指板。エボニーじゃないけど何も問題なんか無かった。

 

代用品的なイメージが強かったサイレントベース。それが変わりつつあるんじゃないか、より積極的な使用が認められてきているんじゃないか、そんなことを強く感じる昨今。その流れに絶大なる貢献をしてきたはずなのが他ならぬヤマハ。圧倒的資本力とデータ量のなせる業か、SLBシリーズの仕上がりは色々な意味でとんでもない。偏見さえなければバリバリ使えまくる実に優れた楽器にして道具。好み云々を超えた存在とも言えるかもしれない。

 

「え!マジで!?」

 

その登場に思わず声が出てしまったSLB300。早く弾いてみたい。

 

YAMAHA SLB300 サイレントベース

YAMAHA SLB300 サイレントベース

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com