Classic Pro CP400 お手頃ステレオパワーアンプ 入門・最初の一台にも

クラシックプロの1U・100Wパワーアンプ

 

f:id:bakibakibass:20200103214156j:plain

 

前からずっと興味があってついに手に入れたパワーアンプ。これで眠ってたサーウィンベガのPAスピーカーを練習モニター用にも使えるぞと入手。ARTのSLA2を完全ベース用、ステレオで振り分けずブリッジ接続できるようになるのもナイス。

 

「激安品ってどうなの?やばいんじゃないの?」と心配してしまうのも無理からぬクラシックプロ。しかし実際手に取ってみれば色々驚くこと間違いなし。思った以上の重量感、金属の塊っぷりに安っぽさなどは感じず。ちゃんとがっつりパワーアンプやんけとカウンターをもらうレベルの仕上がり。

 

それが仇になってと言うのも皮肉だけど、前面のパネルが邪魔くさい、厚みがありすぎて長めのネジが欲しいなど、単純な扱いづらさを感じるのはちと減点か。ただ、それが高級感に一役買っていそうなのも事実。見た目的な満足度を上げてくれる意味では有りだと思うのも確か。いずれにせよプラスチックな安っぽさとかがないのは間違いない。質実剛健な業務用って感じ。

 

肝心の音はどうか?これは正直言ってそんな超高音質を期待するもんじゃないなって印象。超一流スタジオライクな超解像度や超ワイドレンジを期待したってたぶん虚しいだけ。思ったより力強い、思ったより楽しい、思ったより使える等、頭に「思ったより」を付けた方が満足度が上がるんじゃないかって気がする。

 

確認&強調するならば、

 

『約2万円』

 

こんな価格で100Wクラスのパワーアンプが買えてしまうことが有り得ない。その恩恵に最大限に痺れ活かすのが道ってもんではないかと。音質を追求するならいくらでも上はあるし、そうやってパワーアンプ道に足を踏み入れるのも面白い。ベースアンプがオモチャに思えるような素晴らしい逸品にも出会えるかもしれない。

 

ただ、その一歩を踏み出すのが難しい、まったく何もかも分からずどうにもならない可能性が高いのもパワーアンプの世界。初心者にとって選択肢が無数なほど厄介なことはない。最初の一台につまづいたまま終わってしまっても不思議ではない。

 

そんな中、こういう超お手頃なものが存在がしているのは素晴らしくありがたい。「とりあえずこいつから行ってみるか」と手を出せることには凄く意義がある。次のパワーアンプが欲しくなったとしてもこいつはモニターとして使ってしまえば無駄にはならない。リサイクルショップ等で良い感じのスピーカーでも見つければ立派にハイパワーなオーディオにもなる。コンパクトだから手放すにも楽。20kgクラスのアンプは色々死ねるのでおすすめせず。

 

最強や最上を期待するものじゃないからこそ上手く豊かに使いたい激安品。「特出して良いものではない」と言いつつ、こういったパワーアンプと高能率スピーカーの音に驚く人は意外といるんじゃないかとも思う。田舎住まいとか大きな音が出せる環境にあるなら業務用PAパワーアンプと高能率スピーカーの組み合わせは是非とも体験してみてほしい。大げさではなくスマホやパソコンがとんでもない化け物装置に生まれ変わる可能性だってある。

 

数万円で音楽の聴き方が一変するかもしれないからパワーアンプやスピーカーを見直してみる作業は面白い。単にベースを鳴らすだけって視点からのみ見るのはもったいない。しょっぼいミニコンポ、ヘッドホンやイヤホンとおさらばするのも音楽との付き合い方。

 

選択肢が豊富。しかもお手頃。今は本当に良い時代だ。

 CLASSIC PRO CP400 ステレオ・パワーアンプ

CLASSIC PRO CP400 ステレオ・パワーアンプ

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com