タッチの基礎をゆっくりじっくり振り替えるここ最近

タッチの見直し

 

ジェマーソン弦、エクストラスーパーライト、極太と極細の両方を試してみたり色々実験したい衝動に駆られているここ最近。縦振動のタッチの研究に関しても見直している日々を送っています。

 

そこで気付いたのは、

 

「弦を押し込む前に弾いてしまっている」

 

どうもこれがよろしくない感じ。前から分かっちゃいたけどもっともっと踏み込むべき、じっくりゆっくり認識してみるべきだと新たな練習を取り入れている次第。

 

内容的には以前に撮ったこの動画みたいなもの。押し込んでるつもりが変なところで脱力してないか?あらぬ方向に引っ張っていないか?せっかく押し込んだ力を無駄にしていないか?その辺りを細かくチェックしていくのは同じ。

 

www.youtube.com

 

今始めた練習はこの動画の中でやっていることと何が違うかと申しますと、

 

「極限までゆっくり弾いて太く大きな音を出す」

 

言葉にしてみるとこんな感じ。

 

その中での意識を並べてみると、

 

・どんな風に弦を押し込んでるか?

・どこで指がしなり始めているか?

・どのタイミングまで肉が触れているか?

・表皮を滑らすだけで済まそうとしていないか?

・指が弦に負けてないか?

・弦を押し込んだまま鳴らす瞬間のどこまで我慢できるか

・鳴らす最後の瞬間に方向を誤っていないか?

 

こんなことが思い浮かんできます。

 

このトレーニングをしてみて分かってきたのはこんな問題点。

 

・必要量の押し込みに達する前にもう弦を鳴らそうとしてしまっている

・スピードとタイミングに気を取られすぎて中途半端で浅いタッチになってしまっている

・振動方向や技にこだわる以前に弦をしっかり鳴らせていない

 

今までこのブログで触れてきたことなんだけどそれが出来ていない。高度な技を追おうとして基本的な部分が貧弱になっている。もっと高めるにはさらに大もとの方を振り替えなければいけない。そんな気持ちになってます。

 

今回の件でピンと来たのはジラウドの福田さんがよく仰っていたコツ。

 

『弦を掴む』

 

具体的に何のことかよく分かってなかったけど、今ならそこにちょっとだけ踏み込める気がする。「弾くまでが早すぎる」ともよく注意されてましたが、それもより感覚的に分かる。また練習が面白くなりそうでワクワクしますね。

 

練習が面白い=何が起こるか?

 

『上手くなれる』

 

今の自分が具体的にどう上手くなると最高の気分になるか?

 

『音が太くなる』

 

その先も実感できるから楽しい。まだまだ気持ち躍るって素晴らしい。

 

タッチの見直しに限らず美味しいヒントを生み出すであろう方法、

 

『超ゆっくり』

 

時にこいつが大活躍。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com