パッシブがタッチ鍛えるに良いと思う一方、それじゃ分からない事もある

パッシブ楽器とタッチ

 

「パッシブはレンジが狭い!」

 

いきなりこれ言われたら「パッシブを見くびるな!」と自分も反論したくなります。しかし「じゃあジラウドベースのスラップモードよりレンジ広いパッシブ教えて?」と返されたらどうにもなりません。そんなものが存在するならこっちが知りたいと懇願するレベル。

 

先日のOPBの話とも繋がりそうな今回のテーマ。鳴ってないOPBは辛い。ひたすらきつい。達人が弾いたって厳しいと言わざるを得ない楽器。超シビアに弾かないと縦振動もなかなか実感できない。タッチコントロールどころではなくなる可能性も高い。

 

加えてもう一つ辛い現実が存在。

 

『アンプがしょぼいとどうにもならない』

 

インピーダンスのアンマッチングを起こしているとパッシブ楽器は壊滅的。癖のかたまりで鈍重なプリアンプじゃ濁りすぎる。能率低くかったるいスピーカーは地獄。これで鳴ってないOPBで必死こいて頑張ったってそんな大きな効果を期待できるのかは疑問。単にOPBだから良いとかパッシブなら何でもいいってことではない。

 

なんでOPBで練習するのが良かったか?

 

『タッチによる変化が分かって楽しいから』

 

目の前で実演してもらった縦振動のタッチの衝撃。弾き方でここまで違ってしまうのか、いくらなんでも絶望的な差がありすぎじゃないかと驚愕。でも決意して鍛えさえすれば自分の音を変えることはできる。それを実感できたからこそどんどん面白くなる。ろくな変化も上達も実感できない苦行だったら続きません。練習=拷問なんてやってられない。

 

じゃあその楽しさを生み出す要因になっていたものは何だったのか?

 

【JFDT-HA】

 

究極と評しても良いジラウドのラックプリアンプ。歪まない濁らない砕けない。超高速レスポンス超ワイドレンジ。変になまらずそのまま全部叩き出す存在。こいつとPA用のパワーアンプ、そして高能率なスピーカーを繋いで鳴らしていたからこそOPBが超面白くなる。

 

「パッシブって本当はこんな音出てるの!?」と驚くのがJFDT-HA。OPBに限らずパッシブの魅力が分かる凄まじき基本特性。これをちゃちなアクティブ、妙な回路でころしてしまうのはもったいない。小細工せずそのまんま通したくなります。

 

だからとパッシブ専用機ってことになるわけではなし。レンジの広いアクティブ、そこに「超絶」と加わえたくなるジラウドの回路を搭載しているベースだったらさらに異次元。も~のすごい低い帯域、びっくりするぐらい綺麗な倍音、パッシブじゃなかなか気付けないサウンドを堪能できるからこそ変化をさらに実感可能。

 

「スラップできない・・良い音が出ない・・抜けてこない・・」なんて悩んでる人が馬鹿馬鹿しくなるだろうとんでもない音と反応。「こんなに音が前に出るのか!?こんな楽に凄い音になるのか!?」と驚嘆間違いなし。パッシブ派だアクティブ派だと語るのもどうでもよくなるでしょう。

 

パッシブ楽器がタッチを鍛えるに良いと思うのは確か。実際、自分もそれで鍛えられたし今でも純パッシブで練習することはあります。一方、それだけでは分からない世界、実感できないサウンドとタッチがあるのも事実。

 

「パッシブで鍛えまくってるぜ!」と息巻いていたその実、ただ乱暴に弾く癖が付いてただけだったなんてこともありました。鳴ってない楽器、鈍重でしょぼいアンプを使っているとそうなりがちだから怖い。レンジ広くシビアな楽器を使ったら粗丸出しになって恥ずかしかったのなんの。

 

悔しいのはその力任せも全然大したもんじゃなかったってことなんですよね。自分より遥かに体格よくパワーも段違いのプレイを目の前で見たらま~びっくり。とても同じ楽器を使ってるとは思えない、荒々しさのかっこよさも段違い。真っ向勝負したらまったく話にならないと絶望。

 

ただ、その荒々しいパワー任せなタッチがものすごい低音や高倍音を活かせるかは正直微妙な印象も強い。一聴すると迫力あって良さそうでも音はかなり潰れてしまっている。実音はそこまで出てない気もする。かたまりのような低音が出ているとは感じない。自分の好きな音とは確実に異なると思ったのも確か。個性と好みの問題と言えばそれまでだけど、だからこそ同じようにやったら駄目だと痛感。

 

「鍛える!」と言うと肥大した筋肉的イメージ、力こそ全てなものを描きがち。でも決してそれだけではなく異なる意識した方が良い領域もある。

 

『技を磨く』

 

高レベルなタッチコントロールを実践したいのであればやはりスピードとタイミング。「太い音=パワー」と思い込んでタッチトレーニングを敬遠するのは愚かだとも思い知る世界が存在する。力任せでは到達できない圧倒的な技。それを目の前で見てきたからこそ分かる良い楽器の選択とアンプシステム構築の重要性。

 

低く太い音を出したいなら案外力は要らない。その具体例を挙げるならローB弦。締まりがない音程感が悪いからと乱暴に弦を引っ張って弾いても事態は悪化するだけ。だったら軽く押し込んで指を通すぐらいで十分。その方が余程に弦は綺麗に振動、音程も低音もしっかり出てくる。バキバキ鳴らすにしても出したいのは打音なのか実音なのかを意識するだけでも違う。

 

いずれにせよ、こういった違いをスッカスカの鳴りのパッシブで実感するのはなかなか厳しいかなと思います。タッチコントロールに応えてくれるからこそパッシブは楽しい。使うんだったらちゃんと鳴ってる個体を探すかしっかり弾き込む。ブーストせずとも十分な音になることを前提にした方が良い。粗悪なアクティブ楽器は色々悲惨だけど粗悪なパッシブはもっと悲惨かもしれない。安易に「パッシブ最高!」なんて思考停止しない方が良い。

 

「黒人のグルーブが出せない・・」なんて嘆く人、悩む人も多いであろうこの世の中。それが力任せな方向ばかりを見て理想を遠ざけていたとしたら何とも皮肉。「ド派手で超ギンギンなセッティングを脱力して軽く弾いてナイスなサウンドにする」なんて方が案外近くなる可能性もありそうだから面白い。

 

黒人ならではのパワーや瞬発力、そもそもの優れた身体能力があるからこそって見方もできはします。でも意外なぐらい合理的に演奏してる印象があるのも確か。少なくとも原住民的なイメージをいつまでも押し付けるのは大変失礼な話ではないかと。日本人だって100m9秒台が夢じゃなくなっているこの時代、人種的に致命的に劣ってると考えるのは何か違う。身体的に劣っているのが事実だとしてもやれることは絶対存在する。 

 

それもこれも無視して道具ですら劣っている、何もかも選択を誤っているのはどう見たって考えたって厳しい。身体でも道具でも敵わない、いつまでも竹やり精神抱えてるみたいなのは疑問。弦楽器とは言ってもエレクトリックベースは電気楽器。増幅してなんぼなのも無視すべきではない。パッシブじゃ実現しにくい実感できないことがあると認めればまた別の道が開けるかもしれない。

 

超絶ブーストセッティングを自在にタッチコントロール。そんなスタイルを求めてもいいし夢見るのも面白い。少なくとも自分はパッシブ至上主義じゃないしアンプ直を正義だとも思ってません。ろくな意味も根拠もなく縛ったって大した意味は感じず。

 

タッチが鍛えられるのはOPBや純パッシブだけじゃなし。それらでは実現が難しい領域に踏み込むからこそ気付くことも存在する。ブーストしまくった音世界も最高に楽しく魅力的だと声を出しておきたい次第。

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com