ジラウドハムバッカーの楽しさに目覚める

1PUブラッククラウドの原点回帰

 

f:id:bakibakibass:20191203223410j:plain

 

以前にも記事にした通り、いまいち手応えがなかったハムバッカー。扱い方がよく分からない。イメージ通りにならない。どうにもピンと来るものがなく張る弦まで迷走気味。フィンガーランプを付けてハイC?ラウンド弦でスティングレイっぽく?もっと渋く地味にする?どうにも決めかねていた次第。

 

それがここに来てようやく答えが出た気がします。

 

『ジェマーソン仕様』

 

ラベラの極太フラットワウンドが最高。スポンジ詰めるとさらにご機嫌。散々迷ってきたけどメビウスPBも手に入れている今、ネオパッシブのこのベースで中途半端にオールラウンド目指したり華やかにしようとするのは違う。

 

やるべきこと狙うべきことはただ一つ。

 

『男の極太サウンド』

 

これしかないだろって感じ。

 

縦振動のタッチの研究と進展があったからこその楽しさ。横に弾いても太い音が出てくれるのがハムバッカー。反応がイージーで扱いやすいのも確かな一方、これでもかってぐらい垂直を意識すると非常に面白い反応を示します。

 

パク~ンとコンプを利かせたような、はたまたウッドのような、独特のベースサウンドを出せるのが堪らなく魅力的。そこから少し横方向、斜めを意識すると音量大きく分かりやすくぶっとい音になるのがまた面白い。マルチな反応、様々なトーンをタッチで生み出せる醍醐味。

 

とにかく縦方向にシビアな反応を求めるならOPB。しかし実際にそれ一本で行くかと問われたら「NO!」と言いたくなるのが本音。汎用性や多様性を求めるならジャズベース。シンプルなシングルコイルの難しさとオールラウンドな完成度の両方を持つ逸品。

 

ただ、1PUならではの魅力を求めるとジャズベは何か違う。行儀よくまとまってしまう感も否めない。フロントかリア単体で使えばいいってことではなく、やっぱり何か違うなって思う部分がある。自分の好みで言えばフラット弦もあまり合わない印象強し。

 

そこで実に深い可能性を感じたのがジラウドのハムバッカー。縦、横、斜め、全てが実用的。ラフにパワフルに弾いてもよし。軽やかに華麗に弾いてもよし。ピンポイントに極太に弾いてもよし。アコースティックとも言える豊かな反応が素晴らしい。

 

ベースのぶっとい音に勝るものなし。それを自分の手で生み出せる楽しさと喜びは筆舌にしがたい。応えてくれる楽器も持ってる幸せったらない。

 

「寄り道せずもっと早く気付いていれば・・」と思うと悲しいけど、泣き言を言っても始まらない。もう自分でやるしかない。偉大なる先人達に感謝して一歩ずつでも進んでいきたいですね。

 

やっぱジラウドベース最高!