縦振動のタッチの研究記事の手直し

縦振動のタッチの研究記事の修正

 

(1)~(20)までの20記事を修正。不定期にじわじわ作業しています。

 

その場その時に思い付いたこと、書きたくなったことをまとめてるだけだったりもする為、順不同、興味のある部分だけ読むのもおすすめ。

 

初期は正直、手探りの勢いだけで書いていたので、順番に読んでいくのは逆によろしくないかもしれません。

 

自分がすすめるとしたら、(18)とかが分かりやすいかなと。「縦振動の何が有効か?なんで取り組むのか?」って部分についてあらためて触れています。

 

例えばこんな心のひっかかりがあるようなら尚更おすすめ。

 

「何か音が細いんだよな・・存在感もすっげぇ微妙・・」

「俺は技巧派!・・でもベースらしい部分にもっと目を向けた方が良い気もする・・」

「多弦ベース買ったはいいけどローBが全然鳴らせねぇ・・・」

 

変な話、自分自身へのメッセージって気もします。

 

www.pompombass.com

 

修正したとは言っても分かりづらいところ満載。自分の教養のなさ、レベルの低さを痛感するのも正直な話。

 

一方、興味を持って取り組んでみれば役に立つこと間違いなし。それで効果を実感できたらとても幸い、書いて良かったとなるのも本当。

 

読み直して向き合った影響からか、最近になってまたタッチのヒントが見えてきた感あり。恥ずかしい駄文だろうと何だろうとやってみるもんだと自画自賛。

 

今後もまた地味に直していく予定。その都度また報告していきたい次第。

 

 

(1) ~( 5)

 

縦振動のタッチ (1)衝撃の出会い

 

縦振動のタッチ (2) どんなものなのか? どんな効果を得られるか?

 

縦振動のタッチ (3) 生音・生鳴りとの関係について

 

縦振動のタッチ (4) PUの磁界との関係性

 

縦振動のタッチ (5) フレット数・フレットすり減りなどとの関係性

 

(6) ~( 10)

 

縦振動のタッチ (6) 速弾きの効率化と影響 

 

縦振動のタッチ (7) タッチスピードについて考える

 

縦振動のタッチ (8) ベースのフォームの重要性

 

縦振動のタッチ (9) 良いアンプや練習環境の重要性

 

縦振動のタッチ (10) ベースのレスポンスとその重要性

 

(11) ~ (15)

 

縦振動のタッチ (11) 楽器のエージング、生鳴りの魅力

 

縦振動のタッチ (12) ベース初心者だからこそおすすめ

 

縦振動のタッチ (13) 遅いアクティブベースへの疑問

 

縦振動のタッチ (14) シンプルなパッシブベースで鍛える

 

縦振動のタッチ (15) ベース上手くなりたいならジラウドフルチューン

 

(16) ~( 20)

 

縦振動のタッチ (16) ベースサウンドとグルーブへの影響

 

縦振動のタッチ (17) 改めて研究開始 

 

縦振動のタッチ (18) ベースをぶっとい音で鳴らす

 

縦振動のタッチ (19) まずは弦を垂直に押し込む 

 

縦振動のタッチ (20) 弓矢をイメージしてベースを弾いてみる