Jiraud Mobius PB Type2 (2) メビウスプリアンプについて

ジラウド メビウスPB (2)

 

驚異の1トーンプリアンプ

 

f:id:bakibakibass:20191009203656j:plain

 

1ボリューム&1トーン。ここだけ見ればパッシブのプレベと変わらないメビウスPB。ところがどっこい異常とも言えるぐらいに幅広い音作りが可能。一個のツマミを回すだけで激変します。

 

JFDTにも言えるジラウドのプリアンプの特徴は帯域が連動して動くこと。トレブルorベースをブーストすればミドルがカットされ、その逆を行えばミドルがブーストされていくのが実にユニーク。

 

メビウスの場合そこをさらに攻め、1トーンで全ての帯域が連動して動くのが驚異的。ツマミをブーストすればトレブルとベースが持ち上がりミドルはカットされる。ツマミをカットすればトレブルとベースが下がりミドルが持ち上がってくる。

 

たとえオールカットしてもスカスカになることがない。音量が激減することもなければ音像が崩れることもない。積極的に派手な音を狙うもよし。地味に美味しく補正するもよし。非常に実用的に使用することが可能。

 

一言で言えば、

 

「とんでもないプリアンプ」

 

ジラウドらしいオリジナルな存在ですね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

混乱必至&美味しいメビウスモード

 

あまり使いたくない言葉で無理やり二つの特性に分けるとすれば、 

 

・低音高音強調のドンシャリ

・枯れたヴィンテージサウンド

 

ブーストorカットでこう考えることもできるメビウス。 

 

そこにさらに加わるのがメビウスモード。ツマミのプルアップによって切り替えできるこれまたジラウドならではの機能。こいつが実にユニーク。

 

フルブースト時を超派手なドンシャリ状態として、そこでメビウスモードONにするとあら不思議。一気に高域がカットされてモコモコの状態になるのが面白い。ド派手なサウンドから一転、甘くふくよかな音色に聴こえること間違いなし。

 

厳密にはハイが皆無になったわけではなく超高域成分は残るのですが、そこでまた凄いことが起きるのがこのプリアンプ。メビウスモードON状態でツマミをカットしていくと今度は上品で綺麗な倍音が出てくるからびっくり。

 

通常モードのブーストとはまた違った音作りができるのがメビウスの大きな特徴。マイルドながらもエッジが効いたサウンド、アコースティックとも呼べそうな音作りも可能。

 

とにかくめっちゃくちゃ幅広く使うことができます。

 

可能性が広がりすぎるからこそまずは狙いを絞った方が良い

 

「すげぇ!何でもできるぜ!」って喜んだ後にありがちなパターン。

 

「どうしていいか分からない・・・」 

 

ず~っとツマミと格闘、迷い続けるってのがお約束。 

 

考えられないぐらい幅広く音作りが可能なメビウス。1トーンの操作だけで済むから楽ちん。慣れてしまえばこんな頼れる存在もないだろってプリアンプ。

 

ただ、一点気になることもあります。 

 

『所詮は1トーン』

 

これを失念すべきではないかなと。

 

要するに「ベース上げてトレブル下げて」とか「ミドルだけ上げて」みたいな使い方は基本的にはできないってことですね。

 

不可能ってわけでもないんだけど、それをやるんだったら1トーンの意味があまりない。極力、操作は簡単にした方がよりらしさが出ると思います。

 

そういう細かい音作りと操作性を期待、イメージしていると痒いところに手が届かなくなる可能性あり。三つのツマミを全て詳細に設定したいなんて場合、1トーンであることが逆にストレスになりかねません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

アクティブだけどパッシブ的に認識しておくと楽

 

たとえば自分の場合、

 

『まずオールカットが基本』

 

いわゆるプレベの音が欲しいならツマミは0。トレブルもベースもカットした状態。美味しいミドルを強調したサウンドにしたいところ。ツマミをセンターにしたからフラットなんてことではなく0からスタートにした方が分かりやすい

 

前述した通りそれでもスカスカになることがないのがこのプリアンプの凄さ。むしろ扱いやすく丁度よくまとまってくれる感強し。カス当たりみたいなタッチとかで弾かない限り量感も十分。

 

そこからより攻撃的に荒々しくしたいか?それともマイルドに上品にしたいか?それぐらいの認識でも良いかもしれません。

 

それこそ『フルブーストorオールカット』ぐらいの判断も有りっちゃ有り。ブーストしたら音量が出すぎるってことならボリュームを絞るかタッチで調節すればOK。

 

変な話、

 

『プリアンプ内蔵パッシブベース』

 

こうやって考えるのも悪くないと感じます。

 

いくらでも幅広く使えるけどそこであえて抑える。ツマミはほとんどいじらないことを基本にする。あくまでも大事なのは自分のタッチ。それで音を作るんだと決意しておくと色々楽。

 

極めてしまえば絶妙に細かく設定もできるかとは想像しますが、それを実現するには長い時間と経験が必要になりそうです。

 

またはちょっと皮肉な感じのことを言うとしたら、「メビウスを完全に使いこなせる実力=ツマミをいじる必要がない」ってことを意味しているようにも思える為、まぁやっぱり、小細工なしストレートに行くのが良い気がしますね。

 

実に奥深いようで手早く使うのが正解にも感じるユニークなプリアンプ。 ものすごく直感的で分かりやすくもあるし、意味不明なぐらいに多機能でもある謎に満ちた存在。

 

まさにメビウスの輪

 

その名を冠することに納得してしまいます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com