アンソニージャクソンと絶品のボリュームペダルワールドを語る

Anthony Jackson Vo.Pedal

 

 

John Tropea Standard Influence

 

まずおすすめしたいのがこのアルバムの二曲目【How Insensitive】

 

ジョントロペイ、スティーブガッド、アンソニージャクソンのトリオってだけでも必聴。それに加え、アンソニーがペダルボイド(バイオリン奏法)を駆使してメロディ弾いてるとか贅沢の極み。ファンとしては感涙としか言い様がありません。

 

予備知識なしで聞いた場合、何の楽器に聴こえるものなのか? ギターっぽいけど何か違う。ロック畑ともジャズ畑とも違う。クラシックからの影響とアプローチ?でもこんな音は存在しない。

 

『エレクトリックコントラバスギター』

 

魅力全開、本領発揮って感じです。また、このペダルボイドでメロディ弾いた後が凄いのなんの。ボロロ~ンと印象的に和音を決めた後、

 

「ドュンッ・・!」

 

めっちゃくちゃ低く重々しく、しかもごく短い音を鳴らすのが最高に格好良い。高音弦をメインにしたどこか物悲しく浮遊感あるサウンドから一転、一気に地に足を付けるサウンドが最強に素晴らしい。

 

「はいテーマ終わり。え~っと・・はい次の人のソロね」なんて曖昧に譲ったりなぁなぁで流してしまうのではなし。ジョントロペイへの主役交代を告げる一音の説得力が本気でやばい。

 

これは確かに4弦の領域では到達できない、ピッチシフターなどでは決して真似のできない音世界、表現方法だと感動。楽器をあれこれ持ち替え器用に使いこなすのとはまったく異なる凄みも体感。

 

アンソニーはもちろん、ジョントロペイ、スティーブガッドのダイナミクスコントロールもま~、見事としか言い様がありません。凄腕達が音数少なに激渋に攻めるのがとにかく堪らない。

 

たぶん、あまり知られてないんじゃないかと思いますが、だからこそおすすめしたいこのアルバムこのテイク。「問答無用で聴け!」と言っておきます。

 

スタンダード・インフルエンス

Michel Petrucciani Trio in Tokyo

 

「このライブを観れなかったことを一生後悔するのか・・」と個人的に絶望感を叩き付けられてしまうアルバム。アンソニーのペダルボイド目的でなくても必聴盤。

 

でもやっぱりここで触れるのはそれについて。まずおすすめするのは3曲目の【Home】。この曲のエンディングが超絶素晴らしいのなんの。

 

最初、予備知識なしで聴いて、「あれ?シンセなんかあったの?」と勘違いしちゃったのが本当の話。「これアンソニーやんけ・・」と分かったのは入手してから結構後になってから。それぐらい滑らかに自然に入れてくるから参りました。

 

で、実はそこだけではなく、全編で絶妙にボリュームコントロールしてるんですよね。後鳴り感をより強調するためか、グォォオオンって伸びてくるサウンドをタッチだけではなく足元とも連動して実現してるから凄い。

 

前述した「ドュン!」って重くぶっとく短い音との切り替えもこれまた絶妙。音の長さ、つまりは音価へのこだわりが異常。一期一会の集中力、音楽に命かけてる感がビシビシ伝わってきます。

 

このHomeの一曲だけでも堪能できますが、より分かりやすくメロディックに堪能したいなら【Love Letter】も絶対外せません。イントロからアウトロ、最後の瞬間まで聞き逃せない!

 

ペトルチアーニのあの美しいピアノと真向から絡めるエレクトリックベースとか誰が弾けるのか?誰が認めさせることができるのか?もはや歴史的テイクと言えるでしょう。

 

繰り返すようですがまさにこれ。

 

「問答無用で聴け」

 

決して難解ではなくむしろ聴きやすいぐらい。ペトルチアーニは言うに及ばず、アンソニー、ガッドのファンはもちろん、ジャズの入り口としてもおすすめできる素晴らしい作品!

 

Trio in Tokyo (Live)

Steve Khan The Suitcase

 

これも強烈なライブアルバム。スティーブカーンってだけでも嫌な予感もといワクワクしてしまいますが、そこにデニスチェンバース、アンソニージャクソンと来るわけですから堪りません。

 

難解なインスト、何とも形容しがたいギタートリオ、よく分からない音楽が聴きたいならハマる可能性あり。アンソニーの縦横無尽なコントラバスギター、その異様に生々しい響きを堪能するにもおすすめ。

 

【アイウィットネス】と聞いてガタッ!と思わず立ち上がってしまう人だったらもう説明不要。こいつも問答無用で聴いておけとなる作品です。

 

と、ここで語りたいのはやっぱりペダルボイドについて。このアルバムの何が凄いって、アンソニーの完全ソロベースが入っていること。いやもう、ソロベースなんてもんじゃなく、

 

『独奏』

 

こう評した方が合ってそう。

 

子供の頃、【オリヴィエ・メシアン】のオルガン作品に出合って涙が溢れたと語るアンソニージャクソン。この話の時点で付いていけない何かを感じるのも正直なところですが、その影響がこれでもかと伝わってくるのがこの独奏かもしれません。

 

もう何でしょうね?パイプオルガンの世界?ファンタジー?宗教?世紀末?黙示録?影響を受けた対象があまりに違いすぎると言いますか、わけの分からない単語を並べたくなってしまうものがあります。

 

言うならば、

 

『聖域

 

アンソニーが何か別空間を創造しているような気分にすらなる凄まじさ。本当の意味での音楽家と言うべきかもはや哲学者? 圧倒的な凄みを見せてくれます。

 

ペトルチアーニいわく、「アンソニーはベースでストラヴィンスキーを弾くこともできる」とのこと。「お、おう!とりあえず何か凄そうだ!」と無知丸出し、ニワカに納得するしかできない自分。まったく理解できない次元に足を踏み入れていることにもはや脱力。

 

表面的に真似したってそりゃ辿り着けるわけがないアンソニージャクソンのその奥深さ。 アルバム全体で考えても聴きどころ満載。これも必聴盤ですね。

 

ザ・スーツケース

Lee Ritenour & Friends

 

こちらは必聴に加えて『必見』。アンソニーのペダルボイドを耳で堪能できるだけでなく、映像としても味わえるのが超美味しい。【Malibu】の一曲だけでも聴く価値あり。

 

と言ってもまぁ、ベーシストの足元なんかをわざわざ映してくれるわけがありませんが、それでも本当、アンソニーが真実弾いてるのを実感できる意味で超貴重な作品であることに違いなし。

 

クオリティも激ヤバ。「え!何これこの人が出してる音だったの!?ってかベースなの!?これがベースの音なの!?」もはや人間業とは思えないペダルボイドによるそのサウンドに耳を疑い目も疑っちゃいます。

 

リトナーのガットギターとフィルペリーの歌だけだった場合、ちょいとしんみりした曲、悪くすれば歌謡ショーみたいになってしまいそうなところ、アンソニーのアプローチによって幻想的な雰囲気すら生まれてしまうのだからアメイジング。

 

間延びするどころか緊張感バリバリ。安易なバラードなんて評するのは恐れ多い芸術性を感じるまでの昇華。前述したこの『聖域感』を演出できるベースプレイヤーが一体どれだけ存在するのか?まさに別格だと地にひれ伏してしまいそうです。

 

『音楽に命を吹き込む事』を掲げこだわり続けるアンソニージャクソン。それを実感させられるこの作品もまた必聴。問答無用でおすすめします。

 

リー・リトナー&フレンズ・ライブ Vol.1 [DVD]

やっぱアンソニーのペダルボイドは最高だぜ!

 

他にも絶対おすすめしておきたいのは【Michel Camilo】【Remembrance】。この曲のモントルージャズフェスティバルでのテイクが超絶とんでもなく良いので必聴必見。

 

テレビ放送されたものなので残念ながら映像作品として購入することはできません。ここに貼ることもできませんが、縁があれば是非とも知っておくべきだと声を大にしておきたい次第。

 

自分はこれを知ることでアンソニージャクソンによりハマるようになり、ペダルボイドにも強烈な興味を抱くようになりました。他のプレイヤーじゃ絶対真似できないだろうあまりにも素晴らしいプレイに感動間違いなし!

 

いや本当、6弦ベース好きとか多弦ベース好きだったらアンソニーはもちろん、ペダルボイドも知っておいて損はないでしょう。この呼び方が良いかどうかはともかく・・ってか、かなり微妙な気もしますが、エレクトリックベースが持つ表現方法として素晴らしいことに変わりはありません。

 

ちなみにですがちょっとふざけた話もしますと、足首の運動に結構良いので健康のためにもおすすめできる面があるかもしれません。速いパッセージをやるとこれがなかなかしんどい! 案外ダイエットにも向いてる可能性があるのも違う意味で面白いポイント。

 

で、もひとつちなみに、アンソニーが使用しているのはアーニーボール製の模様。純正そのままとは思えないし、インピーダンスがどうなっているのかも分かりませんが、ベーマガでも見たのでアーニーを使用していることに間違いはないはず。

 

そのアーニーのペダルの中でも自分が気になるとしたら【VP JUNIOR 25K】。ちょっと小型タイプでローインピーダンス仕様。

 

さすがにフォデラのコントラとかは手が出ませんが、とりあえず足元だけでも真似はしてみたいところ。今使ってるBOSSのFV30Lがおしゃかになったら手を出そうかと考えています。

 

そんなこんなのアンソニージャクソン語り。心酔していると言っても過言ではない御大。また何か思い付いたら勢いのまま書きなぐりたいですね。ず~っと話したいと思ってたことが形になってスカッとしました。

 

ERNIEBALL VP JUNIOR 25K ボリュームペダル

ERNIEBALL VP JUNIOR 25K ボリュームペダル

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com