ジラウドとの出会いと旅路を振り返る (13) 新しい物が出続けるから面白い

ジラウドとの出会いと旅路 (13)

 

まさかのPJ登場

 

f:id:bakibakibass:20190623214306j:plain

 

開発すると聞いて耳を疑ったPJ。

これは本当、まったく意味が分かりませんでした。

 

実際、ジラウドのPJなんてこれまで見たことがありません。

「PJを作るなんてジラウドじゃ有り得ない!」

こう断言したくなるほど避けている仕様だと思っていました。 

 

しかし毎度のごとくやってくれます。

いざ現物を弾いてみてびっくり。

自分のフルチューンブラッククラウドよりさらにワイドレンジ?

「誰がこんな音想像できんねん!」って仕上がりに驚愕。

 

PJ最大の課題、ミックストーンをアクティブバランサーによって解決。

フロントPU側にちょっと寄せると聴いたことのないサウンドに変貌。

偏見をブッ飛ばす新次元の領域に感動。

 

「まだ先があるのか・・」

 

衝撃を通り越して脱力するものすらありました。

 

まさかのJFDT-HA超えプリアンプ登場

 

f:id:bakibakibass:20180118001724j:plain

 

最強、究極、至高。

これ以上はないと信じて疑わなかったJFDT-HA。

 

HAがあるからこそ鍛えられたタッチと感覚。

このプリアンプが有るか無いか?

自分の人生がまったく別のものになってたと言っても過言ではありません。

 

そんな超絶とんでもないJFDT-HA。

それを真っ向から超えてくるやつが出てきてしまいました。

 

【Dr.Sim】

 

ジラウド回路の生みの親でもある故・清水氏の名を冠したプリアンプ。

まさかの存在、まさかのクオリティ。

 

音を出せばもう一発KO。

超高解像度のHAがこもって聴こえる恐ろしさ。

パッシブ楽器で比較するとより分かる超高速レスポンス。

一聴瞭然、基本の性能の差は明らか。

 

いや本当、不意打ちどころではありません。

想像もしてなかっただけにダメージすら感じました。

 

「まだ上があったのか・・」

 

もはや意味不明。

感動を超えて青くなってしまいます。

 

まさかのノーマルジョイント

 

f:id:bakibakibass:20181105205727j:plain

 

「もしかしたらディープジョイント要らなくなるかも?」

 

これまた耳を疑った話。

冗談っぽいノリでもありましたが何やらそれだけではない雰囲気。

新しいものを作っているだろうことはすぐ分かりました。

 

他のベースと比較するとよく分かるジラウドディープジョイントの凄み。

 

これがどれだけボディ鳴りに貢献するか?

過剰な竿鳴りを抑えてくれるか?

見るだけでもその意味が伝わってきます。

 

f:id:bakibakibass:20181123145301j:plain

 

ハイポジションの演奏性に賛否が分かれそうなジラウドベース。

ディープジョイントが理由でジラウドを敬遠する人も恐らくいるだろうと想像。

 

しかしそのメリットを知れば知るほどハマりもするのがこのジョイント。

握力に頼らないフィンガリングも身に付ければその恩恵を感じ取れること間違いなし。

 

・めちゃくちゃな個体差を生まないための設計

・全てのポジションにより高レベルな均一感をもたらす

・弾き込まれたヴィンテージベースのような鳴りを新品でも実現する

 

確かな理念、思想があるからこそ素晴らしいジラウドベース。

余所が採用しないこと、嫌がるだろうことを貫き通す信念も素晴らしいと納得。

 

だからこそです。

まったく理解できなかったのがノーマルジョイントの新作。

「え?何で?今更?」と困惑したのは言うまでもなし。

半信半疑どころか絶対成功しないだろうとまで思っていました。

 

そして出来上がった試作品を試奏。

 

「ほ、欲しい!」

 

完全にやられました。

 

スペック的にはただのパッシブベース。

オリジナル回路もなし。

ジョイントも本当にそのままノーマル。

 

なのに何でこんなに気持ちいい音が出るのか?

新品なのになぜこんなボディが鳴ってるのか?

全音域バランスも良くサスティーンも充実してるのか?

 

シンプルの極みだからこそ分かるそのクオリティと楽しさ。

4弦が欲しくなっている自分には非常に危険な存在です。

 

一応、これまでにも【Super JB】【OPB】などで存在はしていたノーマルジョイントタイプ。

でも正直、相当に弾き込まないと良い音にはなってくれない、成長に時間がかかる楽器だと感じるものでした。

 

それを解消するための方法だったのがディープジョイント、ジラウドオリジナルの3Dシェイプ、他にも細かい要素を加えていただろうと認識。

 

結果、その究極であろうブラッククラウドに辿り着いたのが自分。

これ以上はないだろうと満足していた次第です。

 

ところが、そんな領域にノーマルジョイントのまま踏み込んでこようとするのか、カウンターパンチみたいなものを繰り出してくるか、もはや笑えてくるものがあった次第。

 

さすがにトータルクオリティでブラッククラウド超えはないだろうけど、そういうこっちゃない領域、シンプルなフェンダースタイルで美味しいものを出してきた意味ってやっぱり大きい。

 

材の質と偶然性に頼るのではなし。

設計で成功結果を収めたということは、

 

『再現性が高い』

 

これを意味しているはず。

さらなる応用も発展も可能だろうと想像。

 

も~、参っちゃいますね。

 

「まだ次があるのか・・」

 

現在進行形で4弦のオーダーを妄想しています。

 

【スポンサーリンク】
 

 

常に想像を超え刺激をもらえた素晴らしさ

 

常に衝撃を受けた続けてきたジラウド。

それと言うのは常に新しい製品が出続けてきた証明でもあります。

 

・Super JB

・OPB

・Klein

・Mobius5

・J-BASS4

・J-BASS5 Premium

・Fourier

・Black Cloud

・New Klien

・JHB Humbacker

・PJ Full Tune

・HPM

・Slapper 3 or 4

・W-Driver

・Funk Groover

・Speed Master

・Type4 Farad Cable

・JFDT-HA

・Speed Liner

・Speed Booster

・Dr.Sim

 

通い出してから登場したものをざっと並べてもこれだけの量。

試作品など細かく含めるとさらに増えてしまうのが凄い。

 

超絶サウンドに衝撃を受けたり、パッシブの極致みたいなベースに反感を持ってみたり、それがいとも簡単にひっくり返されたり、前は理解できなかった仕様にハマっちゃったり、絶対良いわけないと高をくくってたやつにブッ飛ばされたり、ま~、忙しいったらありゃしません。

 

単に物欲が湧くってだけではなし、縦振動のタッチはもちろん、自分が左手の基礎を見直したのはジラウドさんのおかげ。

1フィンガー、小指プル、左手による縦振動の打音など、知らない奏法が出てくるのも最高に面白い。

 

「縦振動できるようになったぜ!」と調子こいて乗りこみ、残酷な現実を叩きつけられヘコんできたのも我がお約束。

 

こりゃるろ剣のあれです。

「二重の極みは完全に極めた」って左之助みたいなもん。

 

「驕るな小僧」

 

貴様に教えたのは基礎中の基礎、極めるとはこういう事だと言わんばかりの眼前リアルタイムの事実に絶句。

 

集中して溜めを作ってせいぜい一音しか太い音を出せない自分の雑魚さに失望。

応用もクソもないほんの僅かな結果と変化にいい気になってたのが恥ずかしくて仕方ない。

 

もう何度ボッコボコになってきたか分かりません。

粋がってひねたガキの想像を常に遥かに超えてきたのが素晴らしい。

 

「上手くなってやる!」って刺激をいつも貰えてきたのは本当に感謝したいですね。 

良い音を知れる、やる気が沸き上がってくる。

こんな楽しく奥深くベースを知れる場所は他にありませんでした。

 

自分の人生、これから先も決まってるでしょう。

 

生涯ジラウド

 

まだまだ知らないことだらけの楽しい世界。

ジラウドを知らない、弾かない理由がないって感じです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com