ジラウドとの出会いと旅路を振り返る (10) 脅威のフルチューン・JFDTの威力魅力

ジラウドとの出会いと旅路 (10)

 

恐怖と憧れのフルチューン

 

逃げのローファイ路線から一転、究極の高速ワイドレンジ仕様。

もう逃げんぞ、逃げられんぞと覚悟を決めたブラッククラウド。

 

その期待通りとんでもないモンスターが誕生。

これまでの常識をさらに打ち破る超高速特性。

初めてジラウドに行った際に恐怖を感じたはずのベースでも遅く感じる凄まじさ。

 

プリアンプだけのノーマルチューンじゃもう普通。

バッファのみのネオパッシブじゃ味わえないサウンド。

バッファ+プリアンプのフルチューンはやっぱり異次元。

 

「これだ!」

 

めっちゃくちゃ練習の刺激になったのは言うまでもなし。

歓喜と恐怖、同時に手に入れることに成功しました。

 

【スポンサーリンク】

 

 

やっと分かってきたJFDT-Cの実力と美味しさ

 

「そんなクリアにハイファイにしてどうすんの・・」

 

と引いてしまうものすらあるかもしれないフルチューン。

実際、やりすぎ感が否めない部分もありそうです。

 

ただ、それも結局はセッティング次第。

 

【JFDT-C】

 

ジラウドオリジナルのプリアンプ。

その実力を理解し始めるとこれが本当に凄い。

内蔵して手元にある意味と威力は計り知れず。

こんなとんでもない回路だったのかとあらためて気付いていくことに。

 

基本のツマミは二つ。

トレブル&ベースの王道。

実にシンプル、普通にすら思えるこのJFDT。

 

ところが一般的なプリとは効き方がだいぶ異なります。

ブーストorカットと言っても単純な働きではなし。

 

『ミドルとも連動して変化する』

 

これが特徴。

だから実用的。

 

たとえばベースカットした場合にありがちなのは音がスッカスカになったり、音量も過剰に落ちていってしまうパターン。

トレブルカットだったらモッコモコ、音が抜けなくなるだけなど、そんなことになりがち。

 

一方、JFDTの場合、EQをカットするとミドルがなだらかに持ち上がってくるように変化。

 

トレブルをカットすると高域が落ちてくる代わりに中域・中高域が出てきて、ベースをカットすると体感的な低音ではなく扱いやすいローミッドが出てくる感じ。

 

その為、露骨にスカスカになることもモコモコになることもない。

ローやハイの代わりにミドルが充実してくるので極端に音量が落ちるようなこともありません。

それこそオールカットしたって音が崩れることがないから驚き。

 

非常に美味しく補正も可能、劇的に変化も可能。

何をしても実用的に使える音に仕上がってくれるのが見事。

 

かまぼこ型?山なりの波形?

もっと感覚的に分かりやすく簡単に言うならば、

 

『元気で抜けの良いパッシブサウンド』

 

こんな感じにすることも可能。

 

もうちょっと付け加えるとすれば、

 

『普通に良い5弦のジャズベース』

 

ブラッククラウドをこんな楽器に変化させることも容易。

 

超ハイファイってだけが売りではないフルチューン。

ミドルを活かした渋い音づくりも実にお手軽なのがJFDT。

その素晴らしい自由度に魅せられていきました。

 

問答無用の超絶サウンドにも痺れる

 

何もブーストせずとも凄まじくワイドレンジなフルチューン。

それだけに引き算をするのも楽。

EQをカットして必要なところだけ出してあげると実に美味しい。

欲を出さず実用的に現実的に利用するのが使いこなすコツだと思います。

 

と、そんな行儀のいい音づくりばかりでもちょっと寂しい。

余所では真似できない特性にブッ飛ぶのもフルチューンの魅力。

せっかくの超絶サウンドを活かしてこそタッチも新たに鍛えられます。

 

JFDTの凄まじさを象徴する機能、

 

【スラップモード】

 

こいつに切り替えるとま~とんでもないことになります。

自分がジラウドに恐怖を覚えたのもまさにこれ。

JFDTのスラップモードから生まれるサウンドのインパクトったらありません。

 

JFDTのEQをカットした場合、なだらかに中域が持ち上がってくるのは前述した通り。

一方、ブーストした場合は中域が鋭角的にカットされるのが特徴。

スラップモードの際はその特徴がより顕著になる印象を受けます。

 

これの何が凄いって、

 

『特定のピークを作らない』

 

とんでもない高音が出てるようでも耳に痛くない。

低音がもたついたりボワボワする感じがない。

マグネットPUの宿命的な中域の癖がない。

 

これってのは言わば、

 

『アコースティック』

 

弦の音がそのまま出る状態。

実にフラット、ものすごく綺麗に倍音が響く特性。

これ以上ないぐらいタッチに即反応。

世の中にはびこるドンシャリなんてものとは次元が違います。

 

「フラット」と言うと平坦なイメージをしそうですが、JFDTのスラップモードはそんなお上品で行儀いいだけのオーディオもどきサウンドではなし。

 

全部出す!

 

下の方から上の方まで一気に全て再生。

しかも超高速に音がバンバン前に出るから凄まじい。

 

『眼前リアルタイムの感動と衝撃』

 

やはりこれこそがジラウドの魅力。

恐怖と歓喜のフルチューンスラップモードは絶品!

 

【スポンサーリンク】
 

 

こもらない遅くならない本物のアクティブ

 

「膜がかった音がする・・」

「派手だけど何か抜けない・・」 

「癖が出て遅くなる気もする・・」

 

こんな印象を抱く人もいるんじゃないかと思うアクティブベース。

余計な回路を通る分、その特徴や癖が出て嫌な音になる、その回路独自の音になる。

それを避けてパッシブを好むようになるのは凄く理解できます。 

 

思うに、自分もその違和感から解放されたかったからこそ、 ジラウドを弾くようになったんじゃないかと感じるところ。

以前に話したボロ負けした5弦にも定番の回路がのっていましたが、あれもジラウドと比較すると本当に悲惨なものでした。

 

最初はめちゃくちゃびびっていたフルチューン。

とても扱いきれないんじゃないかって構えて避けてたのが本音。

 

実際、容赦ないセッティングにするとどこまでもシビア。

右手の荒さ、左手の粗も正直に高速に再生。

心が折れて手放す人がいる気持ちも分かる気がしました。

 

一方、EQを駆使すればスタンダードな音も簡単につくれる事実。

ブーストばかりの稚拙な音づくりとはおさらば、カットの有用性に気付ける面白さ。

 

超広いレンジで効き方も凄まじいからこそ変化が分かりやすい。

違いが分かるからこそ音づくりもタッチもレベルアップが早くなる。

 

フルチューンに一片の後悔なし!

 

ついに絶対の愛機が完成。

これ以上ない手応えを感じ取った次第。 

弾いててこんな楽しいベースはありません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【以下、関連&おすすめ記事】 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com