やっぱり良いぜジラウドネオパッシブ

ネオパッシブ最高

 

理想的なシンプルアクティブ

 

「パッシブの方が好き!」

「でも色々不安定になるのは嫌だ・・」

「ローインピーダンス出力の実用性も分かる!」

「ただ変なEQとか要らないんだよな・・」

 

なんてこだわりや葛藤があるならまさにドンズバ。

実に都合よく美味しいネオパッシブ。

何だかんだ最強に使いやすいかもって思えてくる仕様。

 

簡単に言うなら、

 

「パッシブベースにバッファをのせるだけ」

 

ものすご~く単純。

それだけに効果も非常に分かりやすい。

 

一方、超簡単なようで独自のノウハウが詰まってるのがさすが。

単なるローインピーダンス化ではパッシブの美味しい特性は活かせず。

アクティブでは真似できない『らしさ』を活かせるからこそのネオパッシブ。

 

「ジラウドはアンプを選ぶ!」なんて誰が言ったことか。

むしろこんなに安心できる仕様もありません。

 

「ジラウドはドンシャリ!」とはネオパッシブを知らずか。

シンプルに甘く太くもお手のもの。

 

電池が必要な点では完全にアクティブ。

アンプ選ばずの実用性と安心感もアクティブ。

でも弾いてみると使い心地はパッシブ。

手元でブーストはできず頼りになるのは己のタッチ。

 

ややこしいようだけど実はそんな難しく考える必要はなし。

 

『両方のメリットを持ってるのがネオパッシブ』

 

自分的にはそんな認識。

理屈抜きの分かりやすさを求めるにも無問題。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ダイレクトかワンクッション挟むか選択

 

「PUの信号をほぼ最短でローインピーダンス化」

「即刻バッファに通して音を劣化させない」

 

これを実現するネオパッシブ。

パッシブ的とは言ってもそのレンジは別物。

音自体は地味なようでもクリアで粒立ちの良い特性に変化。

 

ただ、それがどうにも受け入れられない、苦手だと感じてしまうのも不思議ではなし。

 

絶妙な音詰まり感、丁度いいレンジ、温かみや味わいを求める場合、ハイファイな特性が必ずしも良い効果をもたらすわけじゃないから奥が深い。

 

逆にピンと来ないことにもなりがち。

劣化がないほど良いとは限らず。

 

そこで活きるのがパッシブトーンの存在。

 

・PUの信号を劣化なくダイレクトに送るか?

・それともワンクッション挟んで絶妙に落ち着かせるか?

 

超簡単な操作で選択できるのがネオパッシブ。

 

パッシブでは思うような効果を得られないエフェクターやプリアンプもネオパッシブならめっちゃくちゃ劇的にかけることも可能。

 

ジラウドの中で例を挙げるならば【Slapper】を通すと異次元なサウンドに変貌。

補正目的、微調整をするにも素直にEQが効くようになるのでセッティングが楽。

 

一方、エフェクターの類はべつに使わない、ローブーストもしない、甘く太く丸く渋く鳴らしたいなんてことであれば、パッシブトーンをONにして絞り気味で弾けばよし。

 

超ハイファイも甘くも自由。

楽に自在に音づくりできるのも魅力。

足元豊富でも皆無でもどっちでもOK。

 

簡易ネオパッシブはさらにシンプル

 

「それでもまだピンと来ない・・」

「もっとシンプルにしたい!」

「パッシブまんまぐらいでもいい!」

 

なんて望みにも応えるネオパッシブ。

 

やることはさらに単純で簡単。

パッシブベースにバッファを通すだけみたいな仕様。

 

【簡易ネオパッシブ】

 

こいつがまた良いこと良いこと。

フレットレスに最強に美味しいと声を大にしたい。

 

これでも駄目ならそのままパッシブを使うが吉。

それか同社の【Speed Master】がおすすめ。

 

余程の電池アレルギーとか純パッシブへのこだわりでもない限り、これほど都合の良い仕様はなかなか存在しないんじゃないかと。

 

【スポンサーリンク】
 

 

4本ネオパッシブなポング家

 

全然意識してませんでしたが、よくよく考えてみたら我が家のジラウドベースのほとんどがネオパッシブだと気付くことに。 

 

唯一、メインのベースだけが完全なネオパッシブとは言えない仕様、フロントPUだけにパッシブトーンが効くようになってますが、これまた説明がちょっとややこしいのでここでは割愛。

 

要するにどのベースも甘く太く渋い音も得意なのは間違いなし。

ハイファイ&ワイドレンジってだけではなくモッコモコのローファイ路線もOK。

 

超シンプルにも行けるし尋常ではない自由度を手に入れることも可能。

弾き手次第でどうにでも自在に変化するのが最高に楽しい。

 

「俺が物欲に駆られる人間じゃなければ本当に一本で済むのになぁ・・」と、ちょっと考えさせられるものまであります。

 

これ使ってると本当に思いますね。

 

「いつまでやんねんパッシブ/アクティブ論争」

 

アクティブってだけで認めないのであればこのネオパッシブもアウト。

純パッシブしか受け入れないのならそれもまた同様。

 

妙な先入観や固定観念に支配されるのは考えもの。

世間に踊らされず良いところに目を向けたからこそのネオパッシブ。

 

やっぱジラウド最高。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【以下、関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com