技巧・個性を追い求めるのもいいけどトータルでマイナスになるのは考え物

個性とマイナス放置を考える

 

普通なベースが求められた出来事

 

以前にもちらっと触れたことがあるこの話。

友人のバンドをサポートした際、そこで聞かされたのは、

 

「やっぱベースってそうだよな!」

 

超普通~に弾いだけなのに妙に喜ばれてびっくり。

 

「え?何があったの?」と尋ねてみたところ、なるほど納得。

それと同時に何とも微妙な気分、青くなるものもあった次第。

 

超絶技巧の前任者

 

・楽器店のイベントで優勝

・高速スラップやタッピングはお手の物

・ステージパフォーマンスも派手で華やか

 

ここだけ聞くと明らかに只者ではなさげ。

相当な実力者に違いないだろう前任者の方。

 

だったら何か?

あまりに人間性が合わない?

仲が超悪くなった?

要求するギャラが高すぎる?

忙しすぎてなかなか絡めない?

 

これもどうやら該当しない様子。

ますます他の人間を呼ぶ必要はないんじゃないかって思えてしまいます。

 

そんないかにも凄そうなプレイヤーの何が問題だったのか?

 

①周りの音を全く聞かない

②音が全然聴こえてこない

③弾かない時間が多い

 

簡単にまとめるとこんな感じだった模様。

 

【スポンサーリンク】

 

 

①周りの音を全く聞かない

 

実際にライブの音源を聴かせてもらってびっくり。

ドラムとまったく合わないどころかどの楽器に対しても合わず絡まず。

バンドではなく完全別個になっている演奏。

ベースでこれは確かにきついなって感じ。

 

正確な演奏が正しいとは限らないし、はしる、もたる、ゆれる等、それも味わい、それこそがグルーブの肝になると考えるのも有りだとは思います。

 

一方、そもそも人と合わせる気がない、他の音を聴く気が全然ない、無秩序に音を鳴らすのが良いのか問われたら、自分的にはそれはあまりに微妙。

 

心地よくするのは至難の業としか言い様がないかなと認識。

 

正しそうで実は誤りの元かもしれないのは、

 

「自分の音をよく聴く!」

 

時に大きな間違いになってしまう可能性もある厄介な意識。

最低限の確保ぐらいの方が正解だとすると何とも難しいものだと痛感。

 

②音が全然聴こえてこない

 

考えられる要因を挙げるとしたら、

 

・エフェクター等で加工しすぎ

・タッチが弱すぎる

・自分の事しか考えてない

 

お約束としてはこんな感じかなと。

 

派手で華やか、ソロ向き、実に見事で格好いい音。

これがバンドの中ではまったく活きなかったりもするから難儀な話。

単体では良い音なのに合わせると存在感が皆無になったり何とも皮肉。

 

これについては前項とも大きく絡むと申しますか、周りの音に意識が及ばないと解決の糸口がなくなってしまうことにもなるから恐ろしい。

 

「やべぇ!俺の音が全然聴こえない!」

「もっとブーストしなきゃ!音上げなきゃ!」

 

「・・お前邪魔・・」

 

こうなるときっついですよね。

 

音はでかいのになぜか抜けてこない、存在感がない、機能しない。

バンドの邪魔なぐらいの音量なのに大して聴こえてこない矛盾な事態。

 

「ロック=アンサンブルの崩壊が格好良い!」とはならないバンドの難しさ。

ロックに限らず何でも当てはまりそうな基本の部分、立ち位置を間違えると色々悲惨だと頭を抱えます。

 

③弾かない時間が多い

 

「何のこっちゃ?」となりそうなこれ。

「哲学?難しい話?」なんて身構えてしまうかもしれません。

 

ところが本当にまんまな話、

 

『弾かない』

 

音を出さない箇所が多々あって驚愕。

 

スペースをつくるとか間が絶妙って話ではなし。

本来は刻むべきところで弾かないからびっくり。

 

ステージパフォーマンスを重視。

両手を広げて大きく動いて観客にアピール。

楽しい時間をつくりあげることに専念してか、

 

『バッキングしない』

 

自分の中には存在しないこの選択に驚愕。

ボトムのない時間がかなり目立っていた気持ち悪さ。

ベースレスなバンドになっていたと言っても過言じゃないかも? 

 

弾きすぎないことが大事?

いや、これこの場合は全然違う話ですよね。

まずは意味のある音、しっかり身のある音が出ててなんぼ。

あるべきところで存在していないのは論外。

 

「固定観念とか役割を押し付けるな!」 ってことにしても、その楽器の美味しい部分、武器を放棄してしまうのは何かもう辛い。

 

友人の心の中にあっただろう声、

 

「まずは普通にベース弾いてくれよ・・・」

 

これが痛烈に聞こえたような気がした次第。

 

個性求めマイナス一直線は辛い

 

悪口みたいになっちゃうのは嫌なんですが、でも本当、ちょっと笑えない出来事。

自分自身、速弾きや派手なベースプレイにも惹かれる人間なだけに、戒めの事例として強く記憶に残っています。

 

「個性を出したい!」と意識するのはものすごくよく分かる話。

「人を喜ばせたい!」と実践もするのは素晴らしいこと。

「俺はベースが好きだ!」と熱中するのも最高に楽しいと理解できます。

 

一方、それがおかしな方向、悪い印象の方に強く出てしまうのは考えもの。

まったく求められない、喜ばれない結果になってしまうのは辛い。

個性云々の前にそもそもの部分が機能してない本末転倒さは悲しい。

 

素晴らしい実力と人を惹き付ける魅力も持ってるはずがマイナス要素があまりに致命的。

欠点があってもプラスに溢れるなんてどころか使い物にならないと判断されてしまうのだから怖い。

 

これについては技巧云々、ベースとしてのポジションがどうのに留まらず、人間そのものを問われもしてくるから根の深い問題だと感じます。

 

振り返るとどれだけの人に悪印象を与えてきたのか?

無駄に不要に敵をつくってしまったのか?

自分だって最悪な選択をしてきたことがありますし欠陥だらけな自覚もあります。

 

だからこそ実感するのはトータルでマイナスになってしまうことの弊害。

そっち側に傾いちゃってるとやっぱり良いことなんかない。 

 

人間、誰だって悪い部分は持ってるもの。

それが個性になるのも一つには真理なのかもしれません。

 

ただ、その負の部分があまりに強すぎる、役に立たない要素や不快さが勝ってしまう、プラスの面まで浸食してしまうのはさすがに厳しい。

 

あえて軽いノリで言うなら、

 

「こいつクズだけど上手いし楽しいからいっか!」

「上手くない奴だけど最高に面白ぇからいいや!」 

 

どちらも問題山積、弱点欠点ありあり。

にもかかわらず、とりあえず何かいい感じにできる力の持ち主。

そういう人って謎な強さと楽しさを持っていたりする世の不思議。

 

人としてアウトでもネタや笑いで済ませられるぐらいの実力と魅力があるなら話は一変。

マイナスだらけをどうにかできる可能性があるのも人間、人の世というもの。

 

結果オーライ、トータルでプラスって大事なノリだなと。

 

【スポンサーリンク】
 

 

技巧と努力の結果が不快を与えるだけでは悲しい

 

超絶技巧もいいけれど意外と悪印象に変換されやすくもあるから難しい。

経験上、そこに多弦ベースへの強い風当たりなんかが加わるとさらにきつい状況に。

 

そんな中でしっかり弾けてると、

 

「お!こいつ違うな!」

 

ひっくり返る可能性もあるから面白い。

 

単純な上手い下手以上の意味がそこに生まれるかもしれないし、技巧をより際立たせ凄みを持たせることだってできるようになるはず。

 

まぁ、そんな単純にいくわけがないってのも世の中、どうにもならない偏見ってのも存在しますが、でもやっぱり個性の前に来てしまう部分、判断されてしまう面があるのも事実。

 

耳をかさず極限に凝縮、煮詰めて煮詰めて化け物に変貌させるなんて野望ならともかく、そこまでする覚悟がないなら無難に自然にこなせた方が良いことってのもある。

 

・個性、財産だと思ってたものに実は大した価値がなかった?

・退屈、無個性だと興味なかったものが実は重要な部分だった?

 

考えてみると何とも奥が深い。

 

それでいて結局は、

 

『楽しいかどうか』

 

これだけって気もするのが皮肉。

 

なんだかんだ音楽っちゅーのは正直なもんだと実感。

楽しみも喜びも存在しないよりはご機嫌になれる方がいい。

身勝手に不快を押し付けてしまうのは誰にとっても不幸ですらあります。

 

「みんな仲良く幸せに!」なんてのまぁ無理。

嫌いなものは嫌い、それはどうにもならず。

何とかしようと無理に頑張ったって破綻するのがオチ。

 

ならばこそせめて楽しく遊べるようにしたい。

そこに良い縁を感じるのであれば尚更ですね。

 

www.pompombass.com

  

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

  

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com