今更だけどジャズベースの良さにびびる ベース選びで迷ったらやっぱりこれ

弾けば弾くほど分かるジャズベの魅力

  

いやほんと、何なんでしょうねこれ?

ジャズベに触れれば触れるほど、

 

「何でこんないいの!?」

 

びびらされるものがあります。

 

過去の自分が嫌悪していた点を挙げるならば、

 

①人と同じは嫌だ!

②でかい楽器は使いにくい!

③パッシブとか時代遅れ!

 

なんて叩いて拒絶していたのが本当の話。

 

個性から程遠い楽器、弾き手のことなんか全然考えてない、機能性も弱すぎるぐらいにまで認識していたかもしれません。

 

それがま~、全部ひっくり返ってしまった気がする恐ろしさ。

 

「頑丈なジャズベがあればもうそれでよくね?」

 

こんなことまで考えてしまいそうな恐怖。

 

これまでも色々記事にしてきましたが、今回もまたジャズベについてちょっと語ってみたいと思います。

 

①人と同じは嫌だ→もはや文化と概念?

 

「同じ楽器なんか使いたくない!」

 

なんて理由からフェンダー系を避けていた自分。

今でもその気持ちは残ってますし、いざメインにするにはまだ抵抗あるのが本音。

 

一方、もはや人類規模で愛されているであろう楽器、機能も証明されてきた存在を否定するのは難しいことも実感。

 

たとえばの話、

 

「なんでピアニストはピアノを弾くんだ!みんな同じような形のピアノ弾いて楽しいのか!?」

 

なんて言われてもまぁ、難癖ってものですよね。

 

発想としては面白いし、本気で常識を打ち破ろうとするなら大事な姿勢かもしれません。

しかしま~、かなりズレてる印象を受けて当然、違和感バリバリな主張かなと思います。

 

「バイオリンはもっと形を変えろ!丸い太鼓なんてつまらん!管楽器の見た目を根底から変えろ!どれも使えん!」

 

何と申しますか、言ってて虚しくなるものがありますねこれ。

 

結局のところ、

 

『ジャズベはジャズベ』

 

どんなに否定しようがもう文化として根付いてしまっていると痛感。

プレベすら超えるかというまさにエレクトリックベースの基本形。

その実用性も機能性も歴史が証明済み。

 

それ弾きたいならそれ弾くしかない。

違う形になれば違う楽器になるだけ。

 

ジャズベースの音と音楽的機能を求めているのに遠回りして悩むのはおかしな話。

変化球や別物が使いやすいかどうかは何ともなことも多いのが現実。

 

早い話、

 

「俺はジャズベの音が好きだったんだ・・」

 

これに気付いたら無理はしない方が良い。

一度は手を出してみるべき。

 

クラシックギターやコントラバスなど、めっちゃくちゃに形いじりまくって使いたいとは思いません。

それと同様、ジャズベが好きな潜在的素質を持っているなら、変に捻らず素直にそれを弾くのが正解。

 

極論、

 

『ベース=ジャズベ』

 

これも否定しきれないとんでもない楽器。

 

人と同じがどうとか真似したくないだの通用しない問答無用さがあるジャズベ。

個性云々にこだわりたいならタッチ、フレーズ、グルーブで主張すべきかと納得。

 

【スポンサーリンク】

 

 

②でかい楽器とか使いにくい→ジャズベは弾きやすかった

 

凝ったベースを弾いててよくある違和感。

 

『体にフィットしない』

 

気が利いてないボディシェイプだとがっかり。

ルックス優先でボディコンターがいまいちなのはいただけず。

ハイエンドなものでも油断できないのが何とも皮肉。

 

その点、ジャズベって案外弾きやすいんですよね。

自然と体にフィットしてフォームも安定する印象があります。

 

レオフェンダーのこだわりだったのか、プレイヤーの声を聞いてきたということか、こねくり回したシェイプよりよっぽど疲労が少なく済む不思議。

 

良さげかと思ったコンパクトな楽器。

これがかえって疲れる感があったりするのが悲しい話。 

ボディが小さすぎて逆に安定しない。

フィットするから思いきや意外とそうでもない。

それを無理にどうにかしなければならないストレスを抱えるのは何とも本末転倒。

 

ナット幅を控えめにしているのもジャズベースの特徴。

手が小さいと悩むならスマートなジャズベに行くのも有りな選択。

気が利かないどころか至れり尽くせり?

演奏性についてよく考えられているのは間違いありません。

 

気になることがあるとすればヘッド落ちについてですが、最近では軽量なペグも増えてますし、互換パーツが多い分、選択肢が豊富で現実的な対策も容易。

 

本家フェンダーがそれらしいペグを採用していたりもする通り、弾き手に気を使わないどころかちゃんと見ているんだなってのが分かります。

 

安易な楽を狙った楽器とは一味も二味も違うのだと脱帽。

 

後、音的な精神的ストレスが減るとそれだけ肉体が楽になるって実感するところでもありますね。

 

・音が抜けない

・音が混ざらない

・存在感がない

 

こういう悩みを抱え続けたところにシンプルなジャズベを弾くと驚愕。

そこから解放されるだけでも天国ってなことになる可能性高し。

 

③パッシブとか時代遅れ→この回路もう古いんじゃ・・

 

これも私的に強烈な皮肉だったと申しますか、

 

「いつまでその回路使うの?」

 

とツッコミたくなるのがアクティブの一つの悲しさ。

 

「あれだけ憧れた回路が今となっては・・」

みたいなことを15年以上も前にすでに経験しています。

 

昔は流行ったのかもしれないけど今更それはどうなのか?

自然と疑問が湧いてきてしまうのが実に微妙。

 

「廃れない良さがある!」と言うのも分かりますし結局は個人の好みの問題。

古かろうとそれが好きなら堂々と使用すべきだと思うのも間違いなし。

 

一方、その『廃れない良さ』ってものについて考えた場合、

 

『パッシブのジャズベ』

 

これを超えるものが果たしてどれだけあるのか叩き付けられてしまう事実。

 

エフェクター・プリアンプはもちろん、その他諸々、凄まじいぐらいに充実しているこの時代。

もはや懐かしさすら覚えるような回路を搭載することが先進的とは思えないのが正直なところ。

 

めっちゃくちゃ凄いキャラクターの内蔵プリアンプがあったとしても、それが長く生き残れるのか本当に実用的なのかは不明。

外付けで使うのが無難となってしまった場合、楽器本体・内部で過剰な加工をするのが良しと思えなくなるのは必然。

 

となると、シンプルなバッファを内蔵するのが最も実用的か無難な選択肢ってことに落ち着くか、高性能なプリアンプがあったとしても基本的にはまずバッファ的な役割を求めるのが正解かって気がしてくるかなと。

 

も~のすごく幅広く使いたい、積極的にEQを使って音づくりしたい、ボリュームから何から全部手元でコントロールしたいってのも分かるけれど、実際には困難な面が沢山ありますよね。

 

あれこれやった結果、

 

「パッシブで十分だった・・と言うかパッシブの方が良かった・・いやもうパッシブでいい!」

 

こうなる可能性も決して低くはないのがパッシブジャズベの底無しな魅力と実力。

元アンチジャズベ・アンチパッシブ人間としては非常~に悔しい話。

 

時代遅れどうの言い出した場合、楽器を弾くこと自体が時代遅れ、非効率極まりないと切られてしまうかもしれないのが今の世の中。

 

『廃れない良さ』 

 

根本に響くこの追求って実は凄く大事なんじゃないかとも思えてきます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

入口にも結論にもなるポテンシャル

 

「いや別にジャズベでいいよ。」

「最終的にジャズベースに辿り着いた!」

 

入口としても抜群。結論としても納得。

実に様々な可能性があるのがジャズベのまた面白さ。

 

最近の自分の物欲を言えば一番欲しいのはPJのプレベ。 

ジャズベについてはジラウドのメビウスフレットレスが最高。 

これをすでに持っているのでプレベに行きたいところ。

 

f:id:bakibakibass:20170218005743j:plain

 

一方、

 

「最高のフレッテッドのジャズベも欲しくはないか?」

 

 と問われたら答えは、

 

「YES!!!」

 

否定する理由がないってなぐらいかも?

 

フレットレスについてはもうほぼ納得。

これ以上のものを過剰に求めるのも不毛だなと満足。

 

しかしフレッテッドについては話が別。

前述したPJ物欲があるようにメインと言える4弦は持っていない自分。

多弦がメインなのもありますがそれを終わらせるぐらいの4弦に期待したいのも最近の本音。

 

『良いジャズベとプレベ』

 

これがあって何に困るのだろうか?

それを知らずにどうするのか?

そんな心境になってしまった情けない元アンチ。 

 

と言いつつ、そんな超厳選的スペックを望む必要も高級さを求める必要もないんじゃないか、変に欲張らない方がいいのかなって思う面もあるのがフェンダースタイルのカジュアルな魅力と奥深さ。

 

「そこまで大したものじゃない方が良い」

「どこまでもとことん追求してやる!」

 

この両方の上手い落としどころがあるのが絶妙なのかな~って感じる次第。 

 

ある意味、完璧な楽器を作るより遥かに難しい領域。

感覚的な部分と具体的な部分をどう融合させるか?

 

『何か良い感じ』

 

これをどう実現するかが肝。

お堅すぎるやつは何か違う気がすると納得。

弱すぎる個体は色々な意味で論外だと痛感。

 

求めたいのもおすすめしたいのもこれ、

 

『良い感じの頑丈なジャズベース』

 

入口にもなり結論にもしたい。

具体的に実用的かつ不思議でもある楽器。

 

PJの先に待っていたのはジャズベ探しだったとか、実にわくわくすると同時に笑えないものがありそうです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【以下、関連&おすすめ記事】 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com