スルーネックのベース メリット・デメリット・苦手な理由を考える

ベースとスルーネック

 

 

重いボディ材は苦手

 

自分の好みはなるべく軽量なボディ材。

 

スッカスカなぐらいのはさすがにどうかとは思いますが、それでも重すぎ硬すぎよりは良い、実用を考えるならそっちを選びたいところ。

 

スルーネックの何が問題かって、

 

『ネックがそのままボディ材になる』

 

これがきついなって感じます。

 

自分が所有していた最重量の6弦ベースは重さ6kg。

 

ボディに使用されていたブビンガのトップとバックの存在も大きいとは思いますが、スルーネックなのも影響ないわけがない。

 

ああなるともう音云々の問題じゃなく扱うこと自体が厳しい。

あれを毎日弾いてたら肩も腰も終わってしまう。

それどころか日常生活にも影響が出てしまった実感あり。

 

重くなるってだけで勘弁願いたいものがあります。

 

硬すぎるボディ材は苦手

 

『重い=硬い』にも繋がってしまうのが多くの印象。

このかった~いボディ材を使用するのも自分の苦手な方向性。

 

多くの場合、ヘッドからボディエンドまで強固なメイプルを使用することになるであろうスルーネック。

メイプルどころかさらに硬質、より重厚な木材を使用することも珍しくはない。

 

つまりはそれがそのままボディ材になる。

そこから生まれる音になるのがスルーネック。

 

ボディセンターが硬質になるのが宿命、それが好きになれない場合、どうにもならなくなってしまう仕様なんじゃないかと考えます。

 

そもそも高度な木工技術が必要になるのはもちろん、異なる材を絶妙に組み合わせていくのな困難な面が多々あるのではないかと想像。

 

一見は豪華そうな多重構造にしても、それだけ接着剤が増えてしまうことは否定できないように思えますし、それが本当に豪華と言えるのかも疑問。

  

木材の性質を恐ろしいレベルで把握、トータルをしっかりコントロールできなければ良い楽器を作ることは不可能なんじゃないかって印象。

 

目的なく硬いのも柔らかいのもごっちゃごちゃ、お互いをスポイル、ミュートしまくりで利点なし、弦が鳴るだけ、それをPUとプリで誤魔化すなんてのは辛い。

 

このあたりやはり、長年の支持を得ている工房のものは異なると感じます。

一味も二味も違うことをやっている説得力が音にあるかなと。

 

一方、それが好きかどうかと問われると、個人的には限りなく微妙。

ほぼ100%と言ってもいいぐらい、苦手な傾向の楽器になる印象強し。

スルーネックは根本的に合わない方向性にある仕様だと痛感。

 

当然、フニャフニャなネックにするわけにもいかないし、それじゃもう本末転倒ですよね。

頑丈で強力になるほど好みからは遠ざかっていく皮肉、悲しい運命。

 

重量とバランスを考慮してか、厚みを減らすのも好きではない方向性。

今の自分、先の自分を想像してみても、スルーネックとはもう縁がない。

憧れることもなくなった仕様、進んで手に入れることはまずなさそうです。

 

【スポンサーリンク】

 

 

スルーネックの利点の疑問

 

「サスティーンに優れている!」

「ハイポジションが弾きやすい!」

「均一感が素晴らしい!」

 

なんて言われることが多そうですが、ボルトオンだってその点に優れた楽器は沢山あるこの時代。

そこがスルーネックならではのオリジナリティと言われるとちょっと弱いかなと。

 

硬く重いボディ材がセンターに来る方が好き、それならではのサウンドがあるのは間違いなさそう。

しかし、それも言ってしまえばボルトオンだってできること、スルーネックの特権なのかは分かりません。

 

変な話、スルーネックのジャズベやプレベ、フェンダースタイルで作られたものがほとんど存在していない以上、実は基準も判断もいまいち微妙なんじゃないかって気がするのも本音。

 

そりゃその時点でフェンダースタイルじゃない、形だけ同じでも別物だろって話なんですが、だからこそ何が利点なのか本当はよく分からない、謎な部分があるように感じます。

 

そもそもの設計が全然違う、使用する材も別物、PUもパーツもまったく異なるなど、これで大もとの部分について語るってのはなかなかの無理筋。

 

極論か意外と真理か、

 

「スペクター最高!」

「ケンスミス最高!」

「トバイアス最高!」

「フォデラ最高!」

 

こういった称賛イコール、

 

『スルーネックの手柄』

 

みたいになっちゃってる感もあるような?

 

でもそれってその工房、その楽器の評価が素晴らしいのであって、「スルーネックだから凄い!」とするのはちょっと疑問が湧きますよね。

 

安価な量産も当たり前にされているこの時代。

『スルーネック=高級』も成り立たず。

それ自体をありがたがるのはもう古い感が否めず。

 

ボルトオンでは実現困難なシェイプと心地よさには惹かれる

 

頭で考えると個人的には全然惹かれないスルーネック。

一方、見た目、感覚的な面から言うと、

 

「うひょ!すっげぇ~!」

 

テンション上がったりするのも本音。

ハイエンドな処理を見ると恍惚とするものすらあります。

 

まぁ、実はセットネックだったりすることもあるかもしれないし、本当にスルーネックの特権と断言できるかどうかは微妙でもありますが、いずれにせよ、こればかりはボルトオンではなかなか真似できない世界なのは間違いなさそうです。

 

実に分かりやすい話、

 

『美しい』

 

スルーネックの芸術性に惹かれるのは凄く分かります。

楽器の裏側に理屈抜きの興奮を覚えさせられるって何だかとんでもない。

 

真面目な話、ボルトオンでは実現できないシェイプがあるならば、それは当然、ボルトオンでは実現できない音が生まれる理由にもなるはず。

 

音的な利点について懐疑的になってしまう面も多いけれど、異常なまでのこだわりを持って作られた楽器にはそりゃ何かあるだろって思うのも確か。

 

それイコール、スルーネックと繋げるのはどうかって話をしたばかりで何ですが、「徹底的に追いこんで仕上げたスルーネックはやっぱり何か違うよね!」と圧倒され惹かれてしまうのは必然な気もします。

 

ネックに触った瞬間、

 

「うおっ!?」

 

と声が出るような楽器って本当にあるから驚き。

 

その魅力にやられてしまうのが凄いスルーネックの楽器。

もはや芸術品、人間の限界、その技術と想いに自然と魅せられるのかもしれません。

 

またはそんな大げさな見方ではなく単純な話、

 

「手への当たりが柔らかい方がいい」

 

これを求めてスルーネックを好むのも理に適った選択。

ジョイント部分にガツっ!と当たるのではなく超スムーズの追求。

ハイポジションでの演奏性をとことん求めるなら実に真っ当だと納得。

 

フェンダーから離れた世界は魅力か違和感か

 

独断、思いこみ、非常に曖昧、何となくの話ですが、

 

『琴的・ピアノ的』

 

スルーネックに感じる鳴り方、傾向として自分はそんな印象を覚えたりします。

 

どう評したらいいのか微妙。

スルーネックならではと断定もできません。 

スケールの違いと感覚を混同している可能性もあり。

科学的にどうの言い出したら自分では証明不能。

 

しかしま~、何でしょう?

 

独特の一体感がある響き、済んだ音色など、スルーネックならではの何かってのはやっぱりある気がします。

いわゆるフェンダー的な方向性ではなくまた独自の文化と言いますか、タッピングなんかをするには顕著な違いがあるのかもしれません。

 

一方、フェンダー系の楽器が好きな自分の場合、明らかに違和感を覚えてしまうのも事実。

特に立ち上がり、レスポンスの違和感、これをクリアーするのは厳しいとすら思ったり。

 

硬質で分厚いセンター材になる必然。

演奏性を確保するために過剰に削られたネック・ボディ。

高出力のハムバッカー+癖のあるプリアンプ。

こういった組み合わせはほぼ100%の確立で苦手。

 

 何が嫌かって、

 

『遅い』

 

これが自分の感覚として致命的。

 

「グゥゥウオオ~ン!」 って後鳴りするように音を伸ばしたいなら良いのかもしれませんが、素早い立ち上がり、分かりやすいピークやアタックを望むなら方向性が完全に対極な印象。

 

鳴り方についての考え方は色々ありそうですが、いずれにせよ、スルーネックのベースのその大体、自分の好みとは合わないものという感覚が強いのは確か。

 

逆を言えば、せっかくのスルーネックで無理にフェンダー系に近付ける必要もないように感じる次第。 

そのバランスを絶妙に取ってるのがフォデラあたりなのかもしれませんが、ちと高価すぎる、それだけで自分には縁なしと認識。

 

アンソニージャクソンのコントラバスギター。

あれとか興味はあるけれど最低でも200万?300万?

どうにもならないしどうにかする気も起きず。

実のところスルーネックなのかどうか構造もよく知らなかったり。

 

と、あれこれ考えていくとまぁ、

 

「ボルトオンが楽でいいや」

 

ってなってきちゃいます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

楽器オタクこじらせ損をしないように

 

理屈抜きの憧れを語るならば、中学時代に焦がれまくったスペクターなんかが欲しくなったりもしますが、あれも普通にボルトオンタイプがあったり、そっちの方が自分的には良いかって気がしてしまうところ。

 

ケンスミスにだってボルトオンはあったりしますし、まぁほんと、どちらがどうのとあまり深く考えないのも正解だとは思います。

 

「このベース好き!」 

「決めた!これ買う!」

「え、するーねっく?」

 

「何それ興味ない。良い音出りゃいいじゃん」

 

これでいいですよね。

 

「スルーネックだから良い音するに決まってる!」なんて思いこんだり、人の評判ばかり当てにして自分で判断しないよりも遥かに音楽的、実に欲望に正直、純粋。

 

あれこれ考えるのが面倒なら頑丈そうなジャズベかプレベがあればそれでもういいってのも一つには真理。

一方、とことん追求した結果、スルーネックが必須だったというのも素晴らしい発見と結論。

 

よろしくないのはスペックだけを優先、思い描く理想、目的用途にまったく合わない選択をしてしまっていること、それを全然判断できないこと。

 

こんなブログをやっている通り、まちがいなくオタクなわたくし。

それが仇になって損をしたこと、理に適ってないことをやっていた事態、数知れず。

 

『スルーネック』

 

この言葉自体に強い憧れ、幻想を抱くものまであったらそれはちょっと怖い傾向。

演奏性ばかり気にする前に基礎が出来てるかどうか、フォームや力の入れ方を見直すのも大事。

 

浅く楽ばかりを求めるにはあまりおすすめできないスルーネック。

ベースを弾く上での自問自答、疑問や葛藤があるようなら、シンプルなフェンダーに触れてみるのがおすすめ。

 

ちょっと重い話になってしまいますがスルーネックに求めたいのって、

 

『結論』

 

なんとなくこれって気がします。

 

苦手な傾向、疑問な要素があるのなら固執すべきではない、まだ他も見てみる段階、仕様として絶対視しない方がいいかなと。

 

「スルーネック最高!」

「ネジ止めとかちゃちぃよな!」

「周りと同じとかクソくらえ!」

 

からの、

 

「フェンダーには勝てなかったよ・・・」

 

これを経験した身としては痛いほど考えてしまうものがある次第。

スルーネックで人生救われたとか開けたとかそんなことは無いのが現実でした。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【以下、関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com