ベースと木材 アッシュの特性・傾向について考える

ベースとアッシュボディ

 

 

重量のばらつきが激しいイメージ

 

くっそ重いやつ、超絶軽いやつ、何でこんな違うのかとびっくりするのがアッシュ。

 

・スワンプアッシュ

・ホワイトアッシュ

・ライトアッシュ

 

よく目にする耳にするのはこんな呼び方ですが、ライトアッシュとかそのまんますぎて笑えるものすらあるかもしれません。

 

でも確かに、

 

重いか軽いか』

 

これぐらい簡単に分けてしまった方が正解な気もするから面白い。複雑に何々アッシュとか言わず重量で判断、現物を持ってみて実感するのが何より。

 

重さ関係なく感じる傾向は『明るい』

 

どう分類するかはさておき傾向として感じるのは明るいイメージ。「甘い」「粘る」「ゆったり」など言われることは少ない印象。自分的にもそれはほぼ同意するところ。

 

前回触れたアルダーと比較するならば

 

・ドライ

・パンチ

・速い

 

この辺がキーワードになってくるかなと。アッシュに感じる分かりやすいキャラクター、ストレートなサウンド、豪快感など、これってやっぱり凄く良いものだと納得。

 

アルダーと比較した場合、全体的に反応速度にも優れている印象。帯域とそのレスポンスについて考えるならばアルダーより下も上も速い。ワイドレンジな特性を求めるにも向いていると実感。スラップするに人気がある材なのも頷けるところ。

 

ひっこまない力強さ、明るさ、音抜けなど、それを分かりやすく求めるならアッシュ。一般的にもそんな評価と傾向があると思いますし、自分のイメージ的にも同様のものがあります。

 

【スポンサーリンク】

 

 

固定観念・先入観に気を付けたいのもアッシュ

 

アッシュはドンシャリ?

 

よく言われている気がするアッシュのドンシャリ感。中域がない、高域がうるさい、低音が凄く出る等、そんな声が多くあるかなと。実際、自分も苦手な傾向を感じるアッシュがあったりします。

 

想像するにそのドンシャリなイメージを作る原因って、

 

『超重いアッシュ』

 

これにあるんじゃないかと。

 

ヘヴィなアッシュは確かにちょっと独特な印象強いですし、弾き心地の問題だけでなく音も自分は苦手な感あり。同じような印象を抱く人も少なからずいるはず。

 

独断と偏見から極端に言うならば、

 

『弦の方がよく鳴る』

 

ボディを豊かに鳴らすのとはまた別種の音が出来上がる感覚があります。

 

もちろん本当に弦だけが鳴るってことはありません。ラージでヘヴィなベースじゃないと実現できない世界があるのも分かるし、重いアッシュを活かしたサウンドがあるのも間違いなさそう。

 

ただやはり、自然で膨らみのある中域は得意じゃないような、やたら下の方が出てくるような、音がピーキーになるような、帯域によって立ち上がりがアンバランスになるような、そんな傾向が出てくる感は否めず。

 

これに加えて癖のあるプリアンプ、ブーストを主にする音づくりをするとなると、「ドンシャリで扱いにくい」とか「単体で気持ちいいだけ」と言われてしまうのも分かる気がするところ。

 

アッシュ自体を避けてしまうのは疑問

 

重いアッシュに独特の癖があるとしても、

 

『アッシュ=ドンシャリ』

 

このひとくくりにしてしまうのは反対。

 

激重なのも絶妙に軽いのも一緒くたにしてドンシャリと言われるのは違和感全開。その先入観、固定観念が強すぎて「アッシュはバンドじゃ使えない!」みたいなことを言い出しちゃうのはよろしくない。

 

前述した重いアッシュの使い方と先入観に疑問を抱くとすれば、

 

『癖のあるプリアンプ』

 

こいつの存在が厄介だとも思います。これとセットにしてアッシュへのイメージを固めてしまうのはどうなんだろうと。

 

加えて言うならば高出力でレンジの狭いPUなども同様。やたら癖があって高域が綺麗に伸びない。耳に痛いピークが発生。下の方が過剰に持ち上がる。美味しいミドルを削ってしまうなど、電装系が悪さをしている場合も多い印象強し。

 

癖の強いもの同士を組み合わせたらそりゃ癖の強い音が出来上がるのも必然。それが王道みたいなことになってないかと疑問が湧く次第。

 

下が出すぎて上が隠れるからハイをブースト、今度は硬すぎに感じるからローをブースト、弦高を下げてタッチを軽くする、何かまとまらないからコンプを強めにかけるなど、こういう悪循環を起こすと不自然な音になってしまうのは当たり前ですよね。

 

イメージ的には分かりもするけれど、「重いアッシュ=ドンシャリ!」と言いきってしまうのもよろしくはない、結局はセッティングと使い方の問題に委ねられるはず。マーカスミラーや青木智仁さんなどがバンドじゃ弱い人とかそんなわけもありません。

 

重いアッシュは下の方がやたら伸びてくる。上の方にも独特の癖がある。それも一つには傾向として事実なのかもしれないし、それを強調するため活かすためのプリアンプと音作りが面白いのも確か。

 

でも、その印象が強すぎるがゆえに色々と壊れてしまうのは考えもの。アッシュは御法度みたいなことは少なくとも自分は考えません。

 

軽量で良質なアッシュ、丁度いい重さのものを素直に使用した場合、言うほどドンシャリになるようなことはない、ミドルがごっそり削れるようなこともないと実感。

 

フレットレスに使ったって問題なし

 

f:id:bakibakibass:20170218005743j:plain

 

自分が所有するジラウドのメビウスJBはアッシュボディ。重量は4kgちょっとで重すぎず軽すぎず。基本パッシブでバッファだけを通している構成です。

 

それを使用した動画がこちら。柔らかめのタッチでまったり弾いています。これを「ドンシャリ!」と断罪されてしまうのは首を傾げてしまうところ。

 

www.youtube.com

 

ラウンド弦を使用、指板をコーティングしていることもあって明るめの音が出ることは間違いありませんが、「キンキンして使いものにならない!」って判断はありえないでしょう。

 

トーンを絞ればもっとマイルドで甘い音も出ます。フロントPUをメインにしても別物になります。リアPUオンリーにしてもタッチで音は激変。弾き方で鋭くも甘くも自由自在。

 

木材による音の傾向も存在するのだとは思いますが、

 

「アッシュはドンシャリ!」

「アルダーは中域メイン!」

「マホガニーは甘い音!」

 

「アッシュはフレットレスには絶対合わない!」

 

こんな極端な認識をしちゃうのはやっぱり考えもの。「フレットレス=やわらかい音=フラットワウンドじゃないと駄目!」みたいなのもよろしくありません。

 

傾向として捉える分には良いとは思いますが、実際に弾きもせず断定までしてしまう、避けて捨ててしまうみたいなのは疑問。

 

アッシュを使ってパッシブで甘いフレットレスを狙ったってべつにいいし、明るい傾向と言っておいて何だけど「ヘヴィにダークに」なんて狙うのも分かります。

 

身も蓋もない話、

 

「塗り潰したら分からない!」

 

なんて可能性も大なのが面白いし怖い。

 

【スポンサーリンク】
 

 

軽めのアッシュは好きなボディ材

 

軽いアッシュの何が魅力かって、

 

『軽い』

 

そのまんまな話。

だけど間違いない重要な事実。

 

要するに、

 

「重い楽器はしんどい!」

 

音云々の問題より身体的に受け入れたくないものがあります。 もうヘヴィ級の楽器にはこりごり。どんなに音が良くたって扱いたくない。

 

と、そこだけ言ったらどの材だって同じように思えそうですが、ものすごく軽くしてもちゃんと鳴ってくれる、美味しいポイントを有している気がするのがアッシュの面白さ。

 

超絶軽量で高速なアルダーを望むのはなかなか酷な印象。マホガニーに超軽量を望むのはそもそもがだいぶ厳しそう。凄い代用材もあるのかもしれないけどそれが何かは自分は知らず。

 

そうなると必然的にアッシュが第一候補に躍り上がる。変な材で博打するより実績的にも実感的にも優れた材だと納得させられます。

 

アルダーにもう一味欲しい、分かりやすいパンチ、速いレスポンス、ワイドレンジを求めたいなど、そんな希望があるなら軽量なアッシュボディの楽器を試してみるのがおすすめ。

 

「アッシュで正解だった」でもよし。

「結果アッシュだった」でもよし。

「何も知らず知る気もなし」でもよし。

 

妙な先入観を抱かず満足できればそれでOK。

スペックばかり気にして無理に納得するより健全。

 

『無いものねだりするより良いアッシュ』

 

変に装飾せずそのまま使うのが正解感強し。

1ピースで軽いアッシュとか個人的にはよだれが出ます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com