ベースと木材 アルダーの特性・傾向について考える

ベースとアルダーボディ

 

 

イメージは『遅い』

 

独断と偏見から言えばこれ。

物凄くレスポンスの良いものと比較するとアルダーは遅い印象強し。

 

下の帯域はゆったり、さらにはもっさりってぐらいな感じ。

上の帯域もかなりマイルドに立ち上がるイメージ。

ゆえに中域が目立つとかよく出るような気がするのかもしれません。

 

一般的に言われるのは、

 

・中域に特徴がある

・枯れた音がする

・音に粘りがある

・癖のない素直な特性

 

こんな評価じゃないかと思いますが個人的にはいまいちピンと来ず。

「枯れてて粘って素直で特徴がある」と言われても何かよく分かりません。

 

それより感覚的に伝わってくるのは音の立ち上がりについて。

全体的に遅めの傾向、上は緩やか、下はさらにゆったり感。

 

高出力のPUを使ったりレンジを無理に広げようとすると何か違うイメージ。

それよりもレンジを絞った方向性、パッシブだったり素直なPU、特にシングルコイルを使いたくなるかなと。

 

ピーキーな特性を求めるよりは絶妙なバランス、ハマり具合を求めたくなる材。

自分的にはそんな風に認識しています。

 

帯域の立ち上がり・スピード、傾向を考える

 

完全に主観バリバリな話の為、意味が分からない面もあるかとは思いますが、感覚的になんとなく伝わるものはあるはず。

 

少なくとも、「アルダーはこういう音!」とか「アルダーはレンジが狭い!」みたいに決め付けるよりは冷静に話を進めていきたいところ。

 

と言いつつ、ここで提案するとしたら、

 

『アルダーは上も下も遅い』

 

前述したこんな認識をしてみるとまた捉え方が変わって面白いんじゃないかと。

 

これまた自分の印象から言うならば、重いアルダーになるほどその傾向が強くなったり、下の方がよりまったりマイルドな立ち上がりになるように感じます。

 

ネックが弱かったり特性が悪い方向に出た場合、立ち上がりと音抜け面ではかなり辛いことになりそう。

安価な楽器にありがちなパターン、全体的に柔らかめで遅い楽器は弾いてて疲れる印象強し。

素直で高速、気持ちよく音が飛んできてくれる特性を望むのであれば対極なイメージ。

 

これでレスポンスの悪いプリアンプ、エフェクターなどで過剰にブーストした日には、「音が抜けてこない・・」と悩む日々を過ごすはめにもなるんじゃないかと想像。

 

一方、超ドッシリ、下の方をメインに重厚に響かせたいのであれば、またちょっと話が変わってきそう。

やっぱり、軽いってだけじゃ実現できない世界があることを痛感するのも正直な話。

しっかりしたネックと重めのアルダーをちゃんと鳴らすことで濃密絶品サウンドの実現も可能になるかもしれません。

 

実際、自分が所有するジラウドのW-BASSはそんな軽くはないアルダーボディ。

ネックについては一度もトラスロッドを触ったことなし。

そこからとんでもない低音を実に伸びやかに響かせてくれます。

 

f:id:bakibakibass:20170228000943j:plain

 

最大15mm厚のエボニー指板を使用していることも大きいとは思いますが、これでスッカスカのボディ材だったら絶対何か違うでしょう。

 

あまりに低音が出すぎて扱いづらい面、素早く細かい音符を弾くには難しい印象を受けるのも本音。

だからと言ってこのサウンドを安易に捨ててしまうのはあまりにもったいない。

 

「アルダー=駄目!」みたいに断罪してしまうよりは、合う傾向、合わない傾向、その立ち上がり方やレスポンスを意識してみると、よくある先入観の先に行ける手応えがあってまた楽しい。

 

弾き込まれた良いアルダーはまた別物だったり、それを知る機会を偏見で逃してしまうより興味を持っておいた方が人生にワクワク感が増えて良いんじゃないかと。

 

【スポンサーリンク】

 

 

軽くて詰まった奴が欲しい

 

何となく感じる傾向、60年代フェンダーのアルダーはちょっと違う、まったりゆったりとは言えない特性を実感させられたりします。

 

経年変化や乾燥等については疑問も多く何ともかんとも。

塗装が絶妙?木の質が今とはまったく異なる?

このあたりについてもよく分かりません。

 

言えるとしたら、

 

「当たりは凄い!」

 

良いヴィンテージのフェンダーにはびっくりさせられることがあります。

 

こんなに素直に気持ちよく音が前に出てくるのか?

ブーストする必要がない鳴り方をするものなのか?

混ざりの良さそうな丁度いいレンジ感、絶妙さがやばいぞと驚き。

 

今回のテーマからこれ言っちゃうのもどうかって話ですが、ああなるともうアルダーの特性がどうのとか語れなくなってきてしまうなと。

 

自分の好みから言えばアルダーは苦手。

特に重いものは合わない、避けたいぐらいに認識。

素早い音の立ち上がりを求めるなら使いたくない材。

 

一方、良いヴィンテージフェンダーみたいな絶妙な心地よさがあるならば、アルダーは相当好きになってしまいそうだから面白い。

 

じめっ・・と湿っぽく粘るのとは対極、もっさり抜けないのとは全然違う印象、枯れてスカスカどころか塊のように音が前に出てくるのが凄い。

 

その理想に近くなるんじゃないかってイメージするのが硬質かつ軽量なアルダー。

塗装もカッチコチに硬く分厚く固めるのではなくなるべく薄め。

想像任せな感も否めませんが、重くどんよりしたアルダーとそうでないものがある気がします。

 

これについては本当、PUがどうとか電気的な面に注目するだけでは済みそうにありません。

ボディ材だけに注目して判断するのも危険なのは承知ですが、それぐらい何か別物感を持つ存在があったりもするから不思議。

 

実際に弾いて判断するのが一番

 

よく知ってる定番、知らない方がおかしいぐらいの存在。

その実、分からないことも多いのがアルダーの面白さ。 

パッシブの魅力に気付くほど、良いアルダーが欲しくなるのがまた不思議。

 

軽くて柔らかい感じのアッシュが欲しいのは、実は良いアルダーを求めているのと同じような感覚なのか?

変に小細工せず良いアルダーを長く弾き込んでいくのが最強なのか?

 

考えられること妄想できることが色々あって楽しい世界。

苦手と認識しつつKOされることもあるのがアルダーの深さ。

 

少なくとも過剰な先入観や偏見を持ってしまうのはおすすめせず。

傾向として認識、話半分に捉えておくぐらいで良いんじゃないかと思います。

 

「最高なベースに出会ったけどアルダーだったからやめた・・」

 

こんな選択はしたくないですよね。

 

楽器業界・木工事情に精通している、オーダーメイドで失敗は許されない等、そんなことならともかく、まったく弾きもせずに断固拒絶まで行くのはやはりよろしくないでしょう。

 

【スポンサーリンク】
 

 

アルダーは長い目で見ていきたいボディ材

 

最後に自分が好きなアルダーの楽器と使い方を挙げるとしたら、

 

『60年代前半のジャズベースをフレットレスにして指板をコーティングしてリアPUオンリーで弾く』

 

これが問答無用で最高。

とても手が出ない値段でしたが凄い楽器でした。

 

「ジャコじゃねーか!」

 

ってまさにその通り。

ジャコなフレットレス大好き人間です。

 

アルダーアレルギーもどこへやら。

アンチヴィンテージ、アンチフェンダー敗れたり。

一回体験して忘れられない楽器になってしまいました。

 

アルダーに全然魅力を感じないとか、元気なくもっさり抜けないイメージを持っているような場合、良さげなヴィンテージを弾いてみるのはおすすめ。

 

それがめちゃくちゃ良かったとして手が出ないとしても、またそこを基準に新しい楽器を探していくのも面白い。

 

ものすご~く曖昧な話ですがアルダーについては本当、使い続けてなんぼ、長い目で見た判断が必要に感じる面多し。

 

「何だかんだ辿り着いたのは育てたアルダー」

 

こんなことがあっても決して不思議ではなさそうです。

 

木材選びに悩むようなことがあるならば、軽量で鳴りっぷりの良さそうなアルダーボディのベースを探してみると良いかもしれません。

 

上の帯域が煌びやかに目立つことが良いとは限りません。

ものすごく低い帯域が出てくるのが必ずしも良いとは言えないもの。 

あれこれ凝ったりやりすぎ感のあるスペックを求めるのが虚しくなる可能性あり。

 

「何か丁度いい」

 

その絶妙なハマり具合が良いアルダーの魅力かなと。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com