ベース購入の予算と自分ルール 一本に50万円以上は出さない

ベース購入自分ルールを考える

 

幾らでも出す!はもうやめた

 

すでに納得いくベースを持っていることも大きいですが、それ以上に抵抗が生まれてしまった考え方、

 

「良い物だったら幾らでも出す!」

 

これは本当、自分の中になくなってきた実感があります。

 

たとえ欲望の限りを尽くして300万円のベースをオーダーしたとしても、それがどこまで良いものになるかは分からない。

真に満足できるか他に何も欲しくならないかは限りなく微妙。

 

良い楽器になるどころか変な方向に張り切りすぎたり、肝心の実用性がいまいちになってしまう可能性もあります。

超絶厳選に厳選を重ねたとしても狙い通りになるのかどうか、理想を実現できるのかは正直怪しい。

 

散々色々やった結果、

 

「普通のジャズベかプレベで良かった・・」

 

こうなるのも不思議じゃないから怖い。

 

ベース本体にこれから何百万円、一千万円なんて出すぐらいだったら、もっと音楽を楽しめる方に投資したくなるのが今の心境。

 

・夢があるかと思いきや実はもうそこに大した夢なんて存在しない

・自分のつまらない欲望だけを満たして終わりじゃ何か悲しい

・いくら贅沢にお金を出しても誰かに丸投げじゃ結局は満たされない

 

こんなことを考えるようになった次第。

 

【スポンサーリンク】

 

 

高価な定番は求めない

 

ジャズベ・プレベが良いとは言っても非常に高価なものもある世の中。

50万円ルールを超えてくることも決して珍しくはない印象。

良さげなヴィンテージともなれば100万円以上にもなってきます。

 

定番に落ち着こうとしてそれら高価なものも視野に入れるのかどうか?

 

「定番スタイルなら30万円までにしたい」

 

普通なジャズベ・プレベに50万円は出したくないのが自分の本心。

元々はアンチフェンダー、定番品なんか絶対に使いたくないって名残にもなるのかな?

 

どんなに良くたって50万円は出さない。

それを超えたら何かおかしい。

そんな気持ちになってしまうのが正直なところ。

 

良いものを求めればそれなりに高価になってしまうのは分かります。

良質な木材が入手困難になっている噂も多いこの時代。

様々な困難の中でも誇りとこだわりを持って製作をしているならば、高額になっても納得するしかありません。

 

でもやっぱり、自分としてはそこまで高価な楽器は求めたくない、特にフェンダースタイルであるならば道具的な方向に徹してもいい、化粧も飾りも要らない、そんな見方をしてしまうかなと。

 

・様々な物欲が湧いてしまうからこそコントロールしたい

・高い楽器をバ~ン!と買うのが格好いいなんて流れから逃れたい

・スタンダードな楽器に付加価値は求めないようにしたい

 

この意識は捨てないようにしたいですね。

せっかくの定番スタイルなら必要な部分だけに特化したい。

つまらない選択なのかもしれないけれど悩みは確実に減ります。

 

遠慮なく手を出せるのが一番

 

「どういうベースがおすすめ?」

 

という問いがあったとして自分が思い付くのはまずこれ。

 

『頑丈である事』

 

一方、具体的にそれが何かって実のところはよく分かりません。

高価なものだろうと暴れるネックは暴れますし管理次第だったりもします。

 

「最高のネックを作るには100万円が必要!」なんて言われたとしても、はいそうですかお願いしますとはならないですよね。

 

結局は直るか直らないか、直してくれる人がいるか自分で直すか、楽器がそれに応えてくれるかどうか、それが大事なんじゃないかと考える次第。

 

高価であることが絶対なわけではない。

自分に必要な要素だけを求めるならそもそも異常な高額にはならない。

高価すぎるほどむしろ何かがおかしくなる傾向がある。

そんなことを感じてしまいます。

 

良い音かどうかって話にしてもこれもまた色々微妙なところ。

作り手の意図が介入しすぎた音に仕上がっているのは正直苦手。

好みに合わないならハイスペックも高価もくそもなし。

 

7万円以下で買えるようなベースに40万のやつが圧倒的敗北をしたこともあります。

その7万円君も100万円様にはさすがに負けるかってそんなこともなし。

好みと使いようによっては案外あっさり勝ってしまうかもしれません。

 

100万円の方にもそれだけの価値があるんだろうけど、自分的にはそれはもう扱いきれない逸脱した別物として認識。

 

自分が使うにはどうやったって遠慮が生まれてしまいそうなのが嫌。

その遠慮が不要な方がやっぱりすっきりできて良い。

 

【スポンサーリンク】
 

 

怪物化した理想と物欲からルールが守ってくれる

 

あれこれそれらしく格好付けてますが要はこれ、

 

『金がない』

 

ベース本体にもうそんなかけられないなってのが一番の理由。

そうする意味も感じなくなってしまったのがすごく大きい。

 

だからこそ一定のルールを設けておくと助かります。

「良い物には幾らでも!」で際限なく悩むのはもはや馬鹿馬鹿しい。

決まった中でいかに楽しく豊かな選択ができるかそっちを大切にしたい。

 

50万って時点ですでに十分高価、違和感を覚える人もいるとは思います。

30万だっていらない、もっと少なくても十分と言えるのも分かる話。

 

自分が所有している中では安価な部類に入るジラウドのメビウスJBフレットレスなんかもそんな存在。

 

縁あって10万円台で譲ってもらえることができたこのベース。

これが倍以上の価格のものに負けるかどうかと問われたらまったくそんなことはなし。

シンプルな分だけ素直で強い、一点においてはむしろ超えてしまったりもするから恐ろしい。

 

『過ぎたるは猶及ばざるが如し』

 

皮肉的で悔しくもあるこの言葉。

必ずしもスーパーハイスペックが勝つわけではないのが現実。

 

結局、楽器は人が弾いてなんぼ、それ以上のものにはなれず。

過ぎたるを求めるならば自らを高めるしかない、決してそこからは逃れられない。

お金を出して満足できることには限界があるのだと痛感する次第。

 

それと同時に、エレクトリックベースはそこまでとんでもない投資などせずに楽しむことができる楽器、一生にわたる可能性を掴むこともできる存在なのだと分かるのも素晴らしい。

 

・50万を超えてるベースはもうその時点で候補外

・エフェクターも5万円以上なら完全対象外

・3m1万円以上なんてケーブルは目にも入らない

 

こんな感じで決めておくと気持ち的にかなり変わります。

 

高価な楽器に救いを求めるの一つの道ですが、そもそもの部分、自分自身が真に何を求めているかに触れるのも悪いことではないですよね。

 

そんな自分なりのルールに加え、

 

「上だと思ってた物が実は上でも何でもなかった」

 

言い訳、事実、真理、暗示、洗脳、どう認識しようとまぁ何でもよし。

誰かの言葉を頼りにするのではなく実際に経験して答えを出すのが何より。

 

『良いか悪いか好きか嫌いか必要かは自分で決める』

 

これが一番ではないかと。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com