何でPJのベースが欲しくなったのかを考える

PJ物欲を考える

f:id:bakibakibass:20190623214306j:plain

アンチから一転、超気になる存在に

 

「俺がPJ使うとか有り得ない!」

 

ぐらいに考えてたのが一変したのはジラウドがとんでもないPJを作ったから。

先日も触れましたがPJの改良に踏み込んだ素晴らしいベースの登場で状況が変わりました。

 

www.pompombass.com

 

一方、実際にはまだ所有していないジラウドのPJ。

どんなに凄いとは言っても自分の中での必要性は感じなかったのが正直な話。

試奏して感動して唸っても食指が動くことはありませんでした。

 

それが大きく動きつつあるように感じるのがここ最近。

 

「俺、PJじゃね?」

 

まさに理想的なんじゃないかと妄想までする始末。

 

なぜPJが欲しくなったのか?

なぜ急にそんな興味を惹かれるようになったのか?

今回はそのあたりについて触れていってみたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

4弦が欲しくなった

 

一時の物欲かと思いきや、ず~っと消えてくれない4弦欲。

 

ハイC5弦がものすごく良い感じだった為、それでもう落ち着くかと考えていたんですが、これはどうやら別口、かなり深刻な欲求だと認識をあらためることに。

 

長年、多弦の方がメイン。

自分の中では4弦は少弦ベースってぐらい。

正直、違和感すらある存在です。

 

だからこそ逆に新鮮。

驚きと感動を覚えるのが面白い。

弾いてて楽に感じるのも大きい。

 

「4弦いいじゃん!」

 

以前では絶対に思わなかったこの感覚。

多弦弾きであるがゆえに全然知らなかった世界。

 

4弦って楽しいんだなってびっくりしています。

 

www.pompombass.com

 

プレベが欲しくなった

 

プレベの音が欲しくなったどうすればいいか?

 

『プレベを弾けばいい』

 

実に単純明快。

これほど分かりやすい答えはありません。

 

だからこの上なく厄介。

セッティングで誤魔化そうとしても通用せず。

小細工しようとするほど本家に届かないもどかしさが増大。

逆にプレベ欲が爆発するはめになってしまった感じ。

 

「ジャズベでもフロントPU使えばいいじゃん!」

「パッシブトーンとスポンジもイケてるぜ!」

 

なんて流してたのもついに利かなくなってきちゃいましたね。

プレベの音はプレベでしか出せないって確信せざるを得ないなと。

 

これについては友人がプレベを入手したのも大きい。

ひねりなくフェンダーUSAを買ったのにやられました。

 

「お!プレベいいな!」

 

実感しちゃったらどうにもなりません。

プレベ以外で満足する方法はどうやらなさそうです。

 

www.pompombass.com

 

プレベに違う味・新味を加えたい

 

いかにプレベが良いとは言っても元々はアンチフェンダー。

それそのものを使うには抵抗を覚えるのも本音。

 

これまで自分が求めていた方向性。

それとはまったく異なる道に行くのは確かに面白いことかもしれません。

一方、それで色々失敗してきたのも経験済み。

軽い興味、一時の好奇心を満たすだけで終わる可能性もありそうなのが怖い。

 

「My New Gear !!」

「やった!ついに!」

「プレベ買ったぞ~!」

 

「うん、もういいや

 

これ、嫌ですよね。

 

瞬間の物欲だけ満たして終わり。

感情先行で金がなくなるだけ。

いつまで経ってもこれを繰り返すのか?

やっぱり考えてしまいます。

 

大体、あれこれ欲が出てくるのが自分のパターン。

プレベの音一本に絞るのが無理なのは分かりきってること。

 

「ジャコっぽくしたい!」

 

こういうのが無になるわけがありません。

器用に色々持ち替えようとも思わない怠惰さも理解してます。

 

もっと言うなら、

 

「プレベのスラップは何かピンと来ないな・・」

 

こんな風になるのも恐らく確定。

ぜ~ったい何かをしたくなること間違いなし。

 

そこであれ、

 

『リアPU』

 

こいつが側にいてくれたらどれだけ助かることか!

 

劇的な変化を求めるもよし。

ミックスによるバリエーションを増やすもよし。

保険があることで安心してフロントPUに集中するもよし。

 

PJが欲しくなった大きな理由ですね。

どうしても多様性を求めたくもなる性分。

リアPUがあるだけで多くの場面で救われそうです。

 

www.pompombass.com

 

ジャズベは最高 でも疑問を感じる部分もある

 

ある意味、今回のテーマの全否定。

 

「やっぱジャズベでしょ!」

 

PJのミックスはそんなに好きじゃない。

2PU同時に鳴らすなら圧倒的にジャズベの方が好きなのが本音。

 

ただ、それも一つ疑問になってきているのがここ数年のこと。

絶品であるはずのミックストーンに穴があるように感じつつもあるのが正直な話。

どうもピンと来ない印象が強くなってきています。

 

自分のメインの奏法は2フィンガー。

そこでしっくり来るPUは何かと言うと、

 

『Pタイプ』

『リアのJタイプ』

 

これなんですよね。

ジャズベタイプ、JJのミックスに違和感を覚えるようになってしまいました。

 

ジャズベのリアPUを鳴らしたいと言えばフレットレスが特に顕著。

フレットレスの場合、JJミックスはまったくピンと来ません。

楽器本体がどんなに素晴らしくても、JJのミックスをメインにしたいとは思わない。

 

離れた位置にあるPUのミックス。

それが絶妙なポイントに設定してあるのがフェンダージャズベース。

その中でも問答無用で好きなのは60年代仕様。

使えない音はまず出ない。

それぐらいの説得力を感じもします。

 

一方、特化した強さ、より干渉の少ない音を鳴らしたいとなると、ジャズベのちょっと弱い部分も見えてくる気がしてるここ最近。

 

どこか平坦になってしまうような、へこんでしまうような、遠慮があるような、綺麗に整ってしまうような、そんな印象あり。

 

だからこその馴染みやすさ、扱いやすさ、実用性、トータルにおける素晴らしさと言えそうなのも確かですが、そのあたりから離れてみたい希望があるのが今現在。

 

特化かつ多様性もあるのがPJなんじゃないか?

そんな期待に胸を躍らせている次第です。

 

【スポンサーリンク】
 

 

一生困らない超絶かつ普通なプレベが欲しい

 

まだまだ固まってない部分、意味不明なところもありますが、基本的にはパッシブのプレベの良さを前面に押し出し、なおかつより実用的、多様性にも応えられる領域を加えたいところ。

 

と、ここだけ言うと失敗するプレベのパターン。

歴史が証明してきた淘汰される半端な楽器。

どっちつかずで終わる典型例って感じがするのも否めません。

 

「プレベ欲しけりゃプレベ弾け!」

 

このブログで何度も語ってきたであろう言葉。

自分で言ってて失敗してりゃ世話ないわってことになってしまいそうです。

 

ただ、それはそれ、自分が求めているのはフェンダーのプレベそのものではなし。

ダメPJは今でも嫌い、安易なアレンジには手を出さないと誓ってます。

 

頼りにするならやっぱりここ。

 

【JIRAUD】

 

他じゃ実現不可能なことをやってのける素晴らしさ。

自分がベースオーダーするならここしかないだろって存在。

 

いや本当、何だかワクワクするものがあります。

まだな~んにも決まってないけど、すでに背中がザワついています。

 

アンチから一転、今や可能性しか見えないPJ。

4弦欲、プレベ欲、新ベース欲、自己満足、全て満たす一本が欲しい。

一方、長く弾きこむにはもう数は増やしたくないのも本音。

 

 「これしかねぇだろ!」

 

どうせやるなら断言できるやつを実現したいですね。

究極のフレットレスとか考えるのも楽しいけど今はプレベ熱が一番来てます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【以下、関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com