PJのベース メリット・デメリット・魅力を考える

PJPUのベースを考える

 

リアPUがあるメリット

 

話を分かりやすくしたい為、ベース本体はプレベ、そこを前提に進めたいと思います。

 

PJの何がメリットってこれは超簡単な話、

 

『リアPUが使える』

 

2PUになればそれだけサウンドバリエーションが増えます。 

「当たり前やんけ!」って話なんですがその当たり前ができないのが1PUのプレベ。

 

シリーズorパラレルの切り替えみたいな方法もあるけれど、違うPUから生まれる音が欲しい、異なるPU位置から出る音を鳴らしたいとなると、配線の問題だけでは解決できません。

 

たとえばわたくしポングの中から言うならば、

 

「ジャコみたいな音にしたい」

「ジェフバーリンみたく弾きたい」

 

こんな場面だったら間違いなくリアPUが欲しい。

 

プレベのPUをパラレルにすればいい、エフェクターやプリアンプで変えればなんて話ではなく、ブリッジ寄りに配置されたPUを鳴らしたい。

 

他にも挙げるとしたら、

 

・重く粘るよりちょっとライトな音にしたい

・分かりやすい中域~中高域を出したい

・粒立ちよく細かく弾きやすい音にしたい

・濁らない和音を出せるようにしたい

・指弾きのソロで美味しい音にしたい

 

こんなノリだったらやっぱりリアPU。

ブリッジ寄りに配置した音の方が確実。

美味しいハーモニクスを鳴らすにもリアPUの方に分を感じます。

 

PJのデメリットって何?

 

デメリット・・

これ、何でしょうね?

 

「プレベらしくない!」

 

なんて声もあることかと思いますが、

 

「だったらフロントPUだけ使えばいいじゃん」

 

と言うのは至極真っ当、反論できない気がします。

プレベだけに限定するのも発展性がなくなってしまうなと。

 

一方、ただの思いこみとか気のせいで切り捨てられないのも事実。

PJとノーマルのプレベは何かが違う、微妙にしっくり来ないのも頷ける不思議。

 

完全に仮定ですが自分が考えるに、

 

①ザグリによって鳴りが変わる

②PUの磁力によって弦振動が変わる

③そもそもヴィンテージのPJはない

 

こんなことが要因なのかと想像。

 

①ザグリによって鳴りが変わる

 

これに関しては生鳴り、ボディ鳴りの変化。

かなり微妙そうな領域ではありますが、まったく同条件にならないのは確実。

その僅かな何かが違いになる可能性はありそうです。

 

極端な話、アコースティック楽器みたいな構造に近付いてしまう、穴が増えることで独特の響きが生まれてしまうのかもしれません。

 

電気楽器なんだから生鳴りなんて関係ない?

PUが同じならプレベの音は他のベースでも出せる?

 

まぁ、そんなわけはないですよね。

 

「プレベの音が欲しいならプレベを弾くしかない」

 

微妙なザグリでも何かが違ってしまう、そんなことが一つ考えられます。

 

②PUの磁力によって弦振動が変わる

 

これもやはりノーマルのプレベと条件が違うのは確実。

 

マグネットPUを弦に極限に近付けた場合、変なうねりが生じたり、サスティーンも減少、おかしな響きになってしまうのが弦振動。

 

それを考えると、リアPUが存在するだけでも何らかの影響が起こるのは必然なのか、違うものになってしまう面がありそうなところ。

 

前述したザグリ+リアPUによる磁力。

意外と条件の異なる楽器になっている可能性も否定はできません。

 

これまた仮定ですが、弦振動が抑制される面があるとしたら、ノーマルのプレベよりもちょっとコンプ感が出る、大人しくなる、ジャズベっぽいキレが出る、音がまとまりやすくなる等、そんな傾向が出るのかもしれません。

 

オープンでふくよか、暴れるサウンドなど、そういった方向性を求めるとPJに違うものを感じてしまうのも分かるような?

 

③そもそもヴィンテージのPJはない

 

PJ云々の前にイメージ通りのプレベであるかってのも大きそう。

 

そもそも楽器として合わない、思った通りのものじゃない、形は同じでも実は別物、そんな部分もあるんじゃないかって感じます。

 

たとえば変な話、

 

「カスタムショップの到達点!」

「マスタービルダー渾身の作!」

「ヴィンテージ完全再現!」

 

「究極のPJ誕生!」

 

「・・ん?えっ?」

 

間違いなく違和感バリバリですよね。

パチモンの類に思えてしまう意味不明さすらあります。

 

まぁ、ちょっと無理矢理な話ではありますが、実は作り手側も弾き手側もイメージが固まっていない部分がある、または固まりすぎている、根本的にプレベにリアの音など求めていないなど、そういった面も大きいのかなと思ったり。

 

これについてはヴィンテージのPJがないって話より、

 

『基準となる物がない』

 

これについて向き合うべきなのかもしれませんよね。

多くの人が求める最高のPJ、普遍、基本になりえるものが存在していない。

たとえ極上ヴィンテージを改造したからと言ってそれが得られるかは不明。

 

ジャズベやプレベには絶対性すら感じるものがある一方、それがPJになるだけで何か崩れてしまう気がする、ピンと来なくなる難しさがあるのかなと。

 

ネックの太さなんかもその一因なのかもしれません。

細いプレベ? 太いジャズベ?

どっちに解釈?どっちに寄ってるのか?

 

「PJと言ったらこれ!」

 

みたいな基準ってやっぱりあまりない気がします。

 

【スポンサーリンク】

 

 

PJのミックストーンの難しさ

 

PJにピンと来ない大きな要因になりそうなのがここ。

異なるPUと異なるPU位置によるミックスの難しさ。

その響きのおかしさ、半端さに首を傾げるのは凄く分かります。

 

問題点を分かりやすく言うと、

 

『1~2弦と3~4弦で音が全然違う』

 

こういうことが起こってしまうのがPJの厄介な点。

美味しいミックスの実現が困難なのが大きな課題だと認識。

 

となると、スペクターやワーウィック、フォデラのヴィクターウッテン仕様など、あのあたりはどうなんだって話になりそうですが、これが実はまた興味深いところ。

 

EMGのようなアクティブ前提の設計になっているのとパッシブそのままでミックスするのでは条件がかなり異なるのだと想像。

 

で、プレベにその路線を求める人はあまりいなそうなのがまた話がこじれる要因なのかと考えてしまう部分があります。

 

アクティブの代名詞であるEMG。

それでしかもPJ、プレベ本体を選ぶ人ってあんまりいない気が個人的にはします。

超渋く弾くためにそこを選ぶなんてのもイメージできません。

 

250kΩのポットを使用、パッシブのまま行くとなると、ミックスするよりはフロントPUとリアPUを完全に切り替えて使ったほうが分かりやすい、ミックストーンは色々難しい面があると感じます。

 

ジラウドが踏み込んだ新たなPJ

 

このブログと来たら話さないわけにはいかないジラウド。

ミックストーンの問題を解消すべく踏み込んだ新次元のPJ。

とにかく半端じゃないベースです。

 

※画像は店頭在庫の物

f:id:bakibakibass:20190623214306j:plain

 

ここで語らなければいけないのは、

 

【アクティブバランサー】

 

オリジナルのバッファを二基搭載したジラウドならではのバランサー。

フロントPUとリアPUに対し個別にバッファを通し、両PUのミックスも実現する贅沢極まりない存在。

 

このバッファの何が凄いって、

 

『3.2MΩ入力』

 

250kΩの十倍どころではありません。

信号を余裕で処理、的確で自在なミックスも実現できるから素晴らしい。

 

異なるタイプのPUであることに加え、異なるPU位置同士にもなってしまうのがPJの難しさ。

ぐっちゃぐちゃなインピーダンスの変動を無視、250k程度のポットで完璧にミックスしようってのは根本的に無理なはず。

 

それを解消したのがアクティブバランサー。

ジラウドが打ち出してきた新たなPJの形。

超絶とんでもない音も出せる4弦の究極仕様。

 

個人的にはバランサーをちょっとフロント寄りにミックスしたセッティングが好み。

普通では実現できないサウンドを叩き出してくれます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

PJはスタンダードか新次元か?

 

 「ジラウドのPJが凄い!」と言った一方でその難しさを感じるのも事実。

 

その理由は何かと考えると、

 

「定番が欲しい」

 

この声に応えるものかどうかは考えてしまう部分もあるのが正直なところ。

 

超シンプルなプレベが欲しい、無難なジャズベが欲しいなど、こういった希望の方が強いのであればPJ仕様は迷いを生む元になってしまう、似たようで別の何かになってしまう、そんな面があるのは否定できないかなと。

 

変に悩むんだったらそのままストレートに定番は定番、まんまな仕様で行くのが正解。

 

自分としても本当に難しいと思うのは、

 

「何でも出来る」

 

これを求めること、手に入れてしまうことですね、

 

あえて多くを求めない潔さ、扱いやすさ、直球の魅力があるのも間違いありません。

使いこなせないと楽器の方に振り回されてしまう、その自由度に歯が立たないなど、そんなことになりがち。

 

一方、だからこそのチャンス、新しい領域、多面性を自在に操れるのであれば本当にやりたい放題、思い通り好き勝手に弾けることを夢見てしまうのも確か。

 

ちょっと妄想してみるならば、

 

「ジャコでもジェマーソンでもOK!」

「ファンクでもロックでもジャズでも問題なし!」

「メタルでもプログレでもどんと来いや!」

「新しくも古くも何が来ようが怖くねぇ!」

 

「これ一本でOK!」

 

こういうのやっぱり憧れますよね。

加えてちょっと打算的なことも言うならば一本で済む方が楽だし経済的。

 

現時点でもそれに応えられるベースは持ってますし、シンプルなジャズベだってプレベだってそういうポテンシャルは備えている楽器だと思います。

 

そこでさらに踏み込む何か、極端な二面性、パワフルにも繊細にも積極的に攻められる先を求めるのであれば、超強力なPJに夢見るものが出てきてしまう。

 

これが2ハムだとちょっと違う方向性、好きなジャズベやプレベ感がなくなってしまうのが痛い。

超定番のようで謎でもあるPJ、そこにまだまだ可能性がありそうです。

 

ものすごく分かりやすく使えるのがPJの魅力でもある一方、作る方としては高度な処理をしなければならない、それをやろうとする人がほとんどいない、弾き手もよく分かってない部分があるなど実に不思議な仕様、難儀な存在と言えます。

 

「PJなんか御法度!」なんて思ってたのが変わりつつあるここ最近。

 

もしかしたら一番とんでもない仕様、自分に合ってる楽器にすることも可能なんじゃないか? そんな期待、ワクワク感を抱いてしまうものがあって妄想も捗る次第。

 

温故知新

 

この究極、理想にある一本が欲しくなってしまいました。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com