FENDER アメプロのベース 友人が本当にUSAのプレベを買った話

フェンダー アメリカンプロフェッショナル ベース

 

動かずにはいられない素晴らしさよ

 

※参照記事

FENDER USAのプレベを欲しがってる友人の話

 

以前に話したことがあるこいつ。

まさか本当に買ってしまうとは思いませんでした。

 

ベーシストなら分かるけど本業は完全にギター。

ギタリストなのに18万ぐらいのベースを買ってしまう心意気。

もちろん金に余裕なんてあるわけもなし。

 

正直、痺れましたね。

 

「さすが行動型!」

 

思い切りと勢いが素晴らしい。

心から拍手したい気分です。

 

やっぱり何か良いフェンダーのプレベ

 

いや本当、自分もフェンダーUSAのプレベを弾くのとかめっちゃくちゃ久しぶり。

と言うか所有したことは一回もない為、逆にレアな体験ってぐらいかもしれません。

 

今回、最も強く感じたことはこれ。

 

『いいなプレベ!』

 

やっぱりフェンダーには何か来るものがあるって納得させられた次第。

パッシブとプレベの魅力についても再確認した気分ですね。

 

友人と音出ししていて思わず出てしまった言葉、

 

「ベース欲しけりゃとりあえずプレベだよな!」

 

「だってこいつに飽きたってしょーがねーじゃん!」

 

自分で言ってて何だか笑ってしまいました。

 

ベースったらプレベ。

これほど分かりやすい存在はない。

プレベ弾いてて気持ち良ければもうそれでいい。

わざわざ小細工する必要はありません。

弾けば弾くほどそれだけ応えてもくれる楽器。

 

もう少し異なる方向性、多様性などを求めてジャズベに行くのも素晴らしい道なのは確か。

一方、とにかくベース弾きたい、ベースらしい音を鳴らしたいってことであれば、まずはストレートにプレベ、それが一番分かりやすい。

 

納得するプレベが手に入ったならガンガン弾き込むべき。

ベースそのものに飽きない限りずっと使える楽器。

自分自身が上手くなってもっともっと楽しんでいくのが正解で幸せ。

 

「飽きてどうすんの?」

「俺がベースだよ?」

「ベースって俺の事だよ?」

 

プレベからこんな声が聞こえてきたような気がします。

否定しようのない気持ちよさ、その魅力に唸らされました。

 

Fender American Professional PB

 

プレベらしさにやられた一方で予想外だったのは、

 

『意外なほど親切丁寧』

 

今時のUSAは違うってことですかね?

無骨&ぶっきらぼうってイメージとは印象がかなり異なりました。

 

ペグも小型化&軽量化されているのか露骨なヘッド落ちなどはなし。

ボディが重すぎるなんてこともなく立って弾いてても楽。

気の利かないごんぶとネックかと思いきやスリムな感すらあり。

初めて触ったのにすんなり弾けるナイスな心地よさ。

 

逆に言えば、めっちゃくちゃな暴れが欲しいとか、特定のポジションの強烈な主張などを求める場合、ちょっと物足りない可能性はあるかもしれません。

 

「あれ?USAこんな弾きやすいの?」

「かなり現代的な仕上がりじゃね?」

「妙にバランス良いなおい!」

 

こう言われると逆にピンと来ない、違和感を覚える人がいても不思議ではなさそうです。

 

でも本当、個人的にはこれが結構な好印象。

体格に自信のない人間でもストレスなく弾けるフェンダー。

それだけでも意義を感じます。

 

ヴィンテージのコピー、クローンだけを求めるのではなし。

基本をわきまえた上で改良すべきところに目を向けようとしているのは明らか。

過去の再現ばかりではなくちゃんと前を向いているのだと感心させられました。

 

でもやっぱりフェンダーはフェンダー

 

絶賛の様相から一転、実のところはそんな超精密な印象があるわけではなし。

やはり、量産品な部分を感じさせる箇所があるのも確か。

ハンドメイドの温もりがどうの職人技が云々、そういう点に期待するものではないかなと。

 

ただ、逆にそれが美味しいポイントになる気もするのが楽器の面白さ。

 

何でもカッチコチに固めてしまうと逃げ場がないと言うか、空気感がなくなると申しますか、平坦でつまらない楽器になっちゃう気がするのが不思議。

 

そのあたりの魅力を求めて、

 

「やっぱりUSA!」

 

ってなる人がいるのは分かる話。

プレベなら尚更ってノリがありますよね。

 

誤解を承知で言うならば、べつに超素晴らしい音がする楽器ではありませんでした。

高級感があるわけでもなし、パーフェクトなバランスに仕上がってるわけでもなし。

 

じゃあ何がいいかって?

 

「なんかいい!」

 

これなんですよね。

 

弾いてて単純に楽しいのが魅力。

使ってなんぼ、ガツン!と音を出してこその直球具合が気持ちいい。

 

プレベ欲しくなっちゃいましたねほんと。

ネックを外さなくてもトラスロッドの調整ができるらしいのも地味に嬉しい話。

 

FENDER American Professional Precision Bass

FENDER American Professional Precision Bass

 

何でも好きにしていい感が素敵 

 

ピック、スラップ、指弾き、なんでもこいや。

ゴリゴリでもバキバキでもソフトでも何をどうしようがOK。

 

『プレベの音』

 

これで納得できるから素晴らしい。

 

そんなレベルすら超えて、

 

「俺がベースだよ?」

「ベースって俺だよ?」

 

やっぱりこう言われてる気がしちゃって面白い。

飽きるわけがない、飽きてどうすんのって感じ。

 

ここで一点加えるならば、使ったアンプが強力なのも見逃せないポイント。

完全に自画自賛になってしまいますが、

 

プリアンプ:JIRAUD JFDT-HA

パワーアンプ:ART SLA-2

スピーカー:BAGEND S15X-D

 

ま~、凄い音が出ます。

パッシブ楽器ってこんな気持ちいいのか、楽しいのかってワクワクさせられます。

やろうと思えば今ならさらに凄いシステムが世の中に存在するのも恐ろしい。

 

で、最後にもう一つ言うことがあるとすれば、

 

「アンチフェンダー」

 

この立場だったわたくしはどこへ行ったのやら。

フェンダーはもちろん、ジャズベ・プレベにもやらっれぱなし。

敗北させられてばかりだと逆に清々しくすらある次第。

 

『良い物は良い』

 

素直に認めた方が人生楽しくなりそうです。

 

あれこれ悩むならまずはフェンダー。

プレベかジャズベ、シンプルなパッシブ。

知らずに嫌うより実際に弾くべし。

そして強烈なカウンターをもらうのが実に良い。

 

「バンドの中で抜けない・・」

「どうも混ざらない・・」

「なんか全然存在感がない・・」

「太い音が出せない・・」

 

こんなことに苦悩してるんだったら尚更ですね。

一回はフェンダーのベースに手を出してみることをおすすめします。

 

是非ともでっかい音で鳴らすべし。

 

FENDER American Professional Precision Bass

FENDER American Professional Precision Bass

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com