良いタッチで弾きたいスパイラルサドル なんだかんだ好きなベースのブリッジ

スパイラルブリッジ

 

f:id:bakibakibass:20190610215839j:plain

 

名前だけ聞くと必殺技みたいで凄そうなこいつ。

実際はごく普通、超基本、超スタンダードなのがスパイラルタイプ。

フェンダー、プレベ・ジャズベと来たらまずはこれでしょって定番。

 

細かい機能が欲しい場合、あまりに簡素すぎて不満が出る可能性もあるのかもしれませんが、自分としてはブリッジにそんな多くのものは求めないので4弦だったらこれで十分ですね。

 

不自然なまでに凝ろうとしているブリッジで痛い目に遭ったことがある為、そんなものを選ぶぐらいだったらこっちの方が遥かに良い。

 

とにかくシンプル、なんの飾りっけもないのが好き。

駒を交換してみようとかそんな気も起きません。

 

凝ったやつは失敗してきたブリッジ

 

ブリッジの音質やキャラクターとか自分にはよく分からない為、その点についてはあまり語ることがありません。

 

重量のあるゴツいものと比較した場合、よく言われているのは木材の特性がよく出る、ボディが素直に鳴るなんて評価をされている印象。

 

ただまぁやっぱり、そこまで劇的な変化があるのかどうかは個人的には疑問が湧くかなと。

 

「このブリッジ密着感が凄いんですよ!」

「サドルもしっかりロックして振動を逃がさない構造です!」

 

なんておすすめされたものを使ったことがありますが、これ、実際は最悪もいいところでした。

 

パーツが多く調整が面倒ってだけでも嫌、駒自体が分厚すぎるのもよろしくない、弦が不自然な乗り方をするなど、自分の大嫌いなタイプだった次第。

 

弦間が可変するタイプやら、土台が異様に分厚いものやら、色々あったけれど結局は普通がいい、そっちの方が余程に機能的だったのが皮肉。

 

その点、バダスなんかはゴツいけど意外とシンプルで良いですね。

土台が長めに作ってあるから駒までの余裕もあります。

長く支持され続けている理由も確かに分かるなと。

 

後は単純な話、見た目が良い。

質実剛健、ドッシリって感じ。

【スポンサーリンク】
 

 

驚愕の横弾きタッチの痕跡

 

ガチッ!とハマる溝があるわけではないスパイラルのブリッジ。

これが仇になってか酷い有り様になっているものを見たことがあります。

 

具体的に言うならば、『4弦と3弦の間が狭くなっていて3弦と2弦の間が広くなっている』ってな感じ。

 

これがどういうことかと申しますと、

 

『乱暴に弾きすぎて3弦が4弦側にずれてしまった』

 

こんな状態だったわけですね。

 

スパイラルタイプの欠点と言えばそれも確かだとは思いますが、それにしたってタッチが乱暴すぎないか、いくら何でも強く弾きすぎじゃないか、そんな疑問が湧いてしまった次第。

 

ここで考えたいのは縦振動のタッチについて。

 

ボディにより効率的に圧力を加える方法、PUの反応も良くなる弾き方、綺麗に弦を振動させる意識をすれば、そこまでブリッジが気になることはないと実感。

 

一方、弦が暴れるのが気になる、ブリッジで何かロスをしているような気がするならば、実はタッチの方に問題を抱えているかもしれない。

 

とにかく超ハードに弾きたいなんて場合、スパイラルでは頼りない面があるのも間違いはなさそうですが、そんなわけでもないのにやたらブリッジが気になるようなら、まずはタッチを見直してみるのがおすすめ。

 

ブリッジ交換による劇的な音質改善を期待するよりも遥かに価値的、一生使えるサウンド要素になってくれるからこそタッチトレーニングは面白い。

 

一周回ってスパイラルのブリッジが好きになる可能性もあります。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com