ベースと上達 指が動かない・速く弾けない・出来ないと思い込むのをやめる

ベースと上達と厄介な思いこみ

 

 

自分を自分で貶めるリミッターは不要

 

一番ありがちでイメージしやすいリミッターと言うと、

 

「才能ない・・」

 

楽器と言ったら真っ先にこの言葉を使いたがる人も多いんじゃないかと。

 

でもこれ、ベースに関して言えばちょっと傾向が異なる印象があるのも正直なところ。

地道な積み重ねが形になりやすい分、その点について深刻に悩む人って実はあまりいないんじゃないかとも思ったり。

 

めちゃくちゃシンプルなフレーズでも十分な説得力、音楽的な必然、そのサウンドを堪能できる為、変に悩むより行動した方が早い。

 

無意識にでもそう考えている、分かってる人が多いということなのかもしれません。

またはベースを選ぶ時点でちょっと変わってるか、忍耐強い傾向なんかがあったりして? 

 

一方、そうは言っても「俺って才能あるわ!」とまではなかなか考えられないものですよね。

特にテクニカルな面について「無理だ・・」となってしまうのは珍しいことではないはず。

 

そこで今回、日常生活からのヒント、認識を変えてみたら上達のきっかけになるのではないか、簡単に諦める必要はないんじゃないか、そんなことについて考えていってみたい次第。

 

よくよく考えてみたらと言うか、意識するでも思考するでもなく実践していたことはないだろうか?

その応用で脳のリミッターを外すことができるんじゃないだろうか探りたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

マウスのダブルクリック

 

「カチカチ!」ってあれ。

 

どう見たって考えたって高速で指を動かしてる凄い技術。

ダブルクリックできてるのにベースじゃ全然動かないなんてわけがない。

 

指で押す動作と瞬時の脱力による元位置への確実な帰還。

実に高度なことをやっちゃってます。

 

ここで「ベースの弦とじゃ全然違うだろ!」ってツッコミたくなったら負け。

それは脳にリミッターがばっちりかかってる、思考に枷をはめてしまっている状態。

 

「応用できないだろうか?」なんてクソ真面目になる必要もなし。

 

「あれ?」

「これ使えね!?」

 

好奇心のままに動いちゃった方が良い。

 

歯磨きのシャカシャカ

 

これも凄い高度なことやってると思いますよね。

角度も自然に変えてるし圧力も自由自在。

無意識、日常レベルで実践してる驚異的な作業。

 

道具を掴んでいる意味では、

 

『ピック弾き』

『弓弾き』

 

このあたりに応用可能かもしれません。

 

歯磨きやってて面白いのは歯ブラシを指先だけで動かしているのではないってこと。

腕、肘、肩、もっと言えば背中の方にもなってくるのかな?

意識してみると結構興味深い動きに思えてくるので毎日気にしてみるのもおすすめ。

 

ピック弾きで言うならピックを掴むことばかりに気を取られていないか、手首だけ動かしてやるものなのかどうか、そんなことを考えていくと良いんじゃないかと。

 

うちわをあおぐ

 

これもピックに使える発想になりそうです。

さらに言うならば、

 

『スラップ』

 

応用できないわけがないって感じ。

 

たとえばもクソもなく軽く親指を立ててうちわをあおいでみると面白い。

イメージするよりやっちゃった方が早い。

 

「脱力できない・・」

「腕がカチコチに固まってしまう」

「手首のスナップが利かない・・」

 

こんな大袈裟に苦悩せず、ひとまず涼んでみるのがおすすめ。

案外、複雑に悩んでたのが馬鹿馬鹿しくもなるかもしれません。

 

じゃんけんと数字表現

 

グー、チョキ、パー。

実は脳と指を瞬時にコントロールしていると考えます。

 

『数字表現』と言うのはちょっとお堅いですがこれはあれ。

指で0~5までをあらわすそのまんまな話。

 

「何名様ですか~?」

「4名お願いしまーす」

 

こういう時に自然に指で4を指すやつ。

あれも無意識に瞬時に指を動かしてますよね。

 

馬鹿馬鹿しい話のようだけど一瞬で判断して指まで動かしているのは事実。

ベースを構えた瞬間にそれが失われてしまうのはもったいない。

すでに出来ていることなのに自分で卑下してリミッターかけて0にしちゃうのは悲しい話。

 

人間、思った以上に器用に指を動かしているもの。

前述のマウスのクリック、キーボードやスマホの操作、それこそゲームだって同じ。

実は凄く技巧的、高速で実践している可能性がある。

 

精神論であるとも同時に事実を見るのも大事。

 

『実はいつも指を速く動かせていた』

 

ベース弾く時だけカッチコチに構える必要はなし。

 

小指を立てたまま生活なんかしない

 

これは逆パターン。

 

楽器やっててしんどく感じること、不自然なことは日常生活においてもきつい可能性が高い、そう発想を変えてみるのもあり。

 

小指がピン!と立っている状態。

これを維持し続けるのは言うまでもなく大変。

楽器を構えてようとそうでなかろうと厳しい。

 

初心者の場合、「小指が上手く使えない・・」なんて左手の悩みを抱えるもの。

そこで「そもそも何で小指にこんな力を込めなきゃいけない状態になってるの?」と考えてみると面白い。

 

小指を立てっぱなしにするのが辛いのと同じく、ずっと強く握りっぱなしにするのも辛い。

 

小指だけを無理に動かそうとしてないか?

缶やペットボトルを潰せるぐらいの気合と勢いでネックを握ろうとしてないか?

そんな疑問を持ったり気付くだけでも絶対違う。

 

このあたり、普段の姿勢を見直したりしても良いヒントになるはず。

やたら猫背、頭・首・顎を前に突き出す癖があるなど、これは楽器云々の問題でなく体によろしくなさそうです。

 

口元がいつも緊張気味、歯軋りするぐらいに力を入れる、眉間にしわを寄せるなど、これでリラックスした演奏ができるかは非常に疑問。

 

ちょっと汚い話、トイレでいきんでるような状態で楽器を弾こうとしているとか、どう考えても無理がありますよね。

 

体に過剰な硬直があれば当然、指だってスムーズには動きません。

普段からカッチコチ+楽器を持つとさらにガッチガチになるのはよろしくない。

 

『真面目に頑張りすぎ』

 

素晴らしいことなんですが、自らを痛めつけるだけ、結果も出ずに卑下するしかなくなるなど、変な方向にこじらすのはやめた方がいい。

 

体も頭も自由に使えた方が楽しいですね。

 

【スポンサーリンク】
 

 

反面教師で思考の枷を外すもよし

 

胡散臭さ全開、意味不明にすら感じるかもしれない今回の話。

でも本当、割と真面目に大切なことだと考えているのは間違いありません。

 

脳のリミッターとか思考の枷って何ぞやって話になりますが、実は案外分かりやすい話なのではないかと思います。

 

たとえばの話、

 

「プロになれるわけないし才能も無いのに楽器なんかやってどうするの?何の意味があるの?」

 

こんなことを言われたことがある人って結構多いんじゃないかと想像。

偏見や先入観バリバリ、理解を示そうともしない発言。

これがまさに脳のリミッター全開状態だと考えてみると話は早い。

 

ここで、

 

「え?何それ?いきなり全否定?」

「楽器全然やった事ないのにそれ言うの?」

「お前もやってみりゃいいじゃん」

「うわ、相手にする価値ないわ・・」

 

なんてなる人はリミッターが解除されている、思考の枷が外れている状態と言えるんじゃないかと。

 

やる前から諦めてどうするのか、それを堂々言っちゃう意味が分からなくて困惑、中には音楽の魅力を伝えようとついつい熱くなってしまう人などもいるはず。

 

しかしいくら話そうとしても否定ありきで会話にならない。

魅力を伝えようとしてもまったく受け入れない。

敷居を下げようと努力して無駄に終わるのもお約束かもしれません。

 

「脳のリミッター」だの「思考の枷」なんて言うから難しくこんがらがっちゃいそうですが、そこにさらに妄想じみた目的を加えるのであれば、

 

『人生を退屈と絶望で満たす脳みそとの決別』

 

これが重要なポイントなんじゃないかと考えます。

やりたいことを持っている、好きな道を好きに歩むことができるのは幸せなのだと胸を張っていい。

 

他にも例えばどこでも見かけるであろうこんな蔑視や中傷。

 

「宗教!」

「オカルト!」

「信者!」

 

このリミッターのかかり具合もなかなかのものだと感じるところ。

 

・理解できないものは排除

・気に入らないものは潰してやる

・俺の方が絶対的に正しく優れている

・もう完璧に出来上がった人生を送っている

 

こんな自信に満ち溢れているのもそれはそれで面白いけれど、ただの世間知らずに勉強不足、好奇心も探求心もないあらわれだったりしたらちょっと痛い。

 

そんな極端な思想を持っている方が余程に排他的かカルト的、否定と拒絶に特化した狂信的な姿勢だと疑問を持った方が良い。

 

と、そんなこと言ってるとお堅いので自分的にツッコむとすれば、

 

「真面目だなぁ!?」

 

なんでそんなシリアスに構えてるのか必死に戦おうとするのか不思議になる次第。

 

何か新しいことに取り組むにしても、

 

「面白そう!」 

「やってみんべ!」

 

これぐらいのノリでいいんじゃないかと思うんですよね。

 

その結果、

 

 「俺にゃ合わねぇわ!」 

 

ぐらいに後腐れなく次に進んで楽しく生きた方が思い詰めなくて良い。

もう一つ言うなら他人様に期待せずともいいから楽になります。

 

どうやっても実現できないことを分析、その結果に折れるのは分かるし納得もできる。

一方、日常レベルで実はやっていることを実現不可能だと諦めるのは違う。

自分自身でかけた強力なリミッター、重い枷に引きずられるのは悲しい。

それで安易に諦めるぐらいだったら、アホな発想でもなんでも力に変えられる方が楽しい。

 

退屈な人の退屈な言葉と呪いに支配されないようにする人生。

せっかく楽器やるなら変なリミッターと枷は外してしまいましょう。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com