ベースの指弾きのコツ・2フィンガーの基礎について簡単に考える

ベースと指弾き・2フィンガー

 

指先だけ動かそうとするのではなく付け根から動かす

 

手をパーにした状態から試してみると分かりやすい。

指先の方、第一関節だけ曲げようとするのは実に困難。

第二関節から先だけを動かすのも意外と難しい。

練習が足りないもクソもなくそもそもが厳しいと考えた方が早い。

 

第三関節と言うのも堅苦しいので、

 

『拳の付近』

『指の付け根』

 

このあたりを意識して動かしてみるのがおすすめ。

 

水泳で言えばクロールなんかイメージしやすいかもしれません。

あれを指先だけでやろうとか肘をカッチカチに曲げてやるってのは無理。

やっぱり肩や背中、言ってみれば全身、より大きな箇所を動かそうとするはず。

 

これはベースでも同じ。

体の末端、指先の方だけでなんとかしようとするのはあまりに辛い。

 

指の長さや太さなどを気にして悩むより、上手に体を使ってあげた方が上達は早い。

それだけ楽しくもなるし、変な怪我も防げます。

 

指をピン!と伸ばしっぱなしにするより自然に構えるのがコツ。

グーとパーを強めに繰り返した後、「ふわっ・・」と脱力してみると楽な状態が感覚的に分かりやすくなるはず。

 

力を抜きたいからこそより強い部分を意識、積極的に使用することを推奨します。

 

弦に触れてから力を加える

 

ありがちなのが強く弾こうと振りかぶって弾くこと。

指を弦から遠く離して勢いよくぶつけようとする弾き方。

 

それも一つの方法ではありますが、いまいち太い音が出せない、思ったような演奏にならないなど、違和感や悩みを抱えているなら問題のある方法として認識した方がよい。

 

何が一番まずいってこれ、

 

『弦が鳴ってない』

 

指が弦にぶつかる音ばかりが大きいのは打楽器に近いまた別の表現方法。

 

どんなに思いっきり振りかぶろうが、凄い勢いを付けようとしても、肝心の弦が鳴ってない、満足に触れることすらできていないのでは意味がありません。

 

ホームラン打ってるつもりがカス当たりのファウル。

剛速球サーブのつもりが前にすら飛ばない。

必殺シュートのつもりがボールを蹴ることすらできていない。

こんな状態は一刻も早くあらためた方が良い。

 

いきなり格好つけようとせず、まずは指が弦に触れている状態から鳴らしてみる。

そこからどうやって指を動かすか弦を振動させるかやってみる。

 

気持ち込めるもよし。

魂入れるもよし。

音楽に命かけるもよし。

 

でもこれだけは忘れない方が良い。

 

『弦を鳴らして音が出なければ意味がない』

 

弦が動いてない、鳴ってない、振動してない、言い方も考え方は色々だけど同じこと。

良い音を出したいなら良い音が出るように弦を鳴らすべき。

 

自慢のエフェクターやアンプを持っているなら、なおさら弦振動について意識した方が良い。

大元を改善、向上させることによってさらに良い音が出せるようになります。

 

【スポンサーリンク】

 

 

弦をいつまでも引っ張らない

 

「指が早く動かない・・」

「スムーズに弾けない・・」

「どう動かしたらいいか分からない・・」

 

ありがちではないかと思うこんな悩み。

 

そこに一つ提案をするとしたら、

 

『弦の抵抗を減らす』

 

これが非常に有効だと考えます。

 

たとえばこの動画。

 

最初は弦を真横に引っぱって苦労して鳴らしています。

でも残念ながら良い結果は得られません。

一方、弦を軽く押し込むように「スッ」と指を通した方が太く大きな音が出ています。

最後に変な鳴らし方をしていますがこれは無視していただけたら幸い。

 

www.youtube.com

 

弦にべったり触れずとも必死に鳴らそうとしなくてもしっかり音が出せるようになる為、この方法は速弾きをするにも効果大。

 

2フィンガーだけではなく3フィンガーにも有効、何にでも応用が利きます。

 

www.youtube.com

 

身体能力の差による絶対的な速度の差があるのは事実だと思います。

どうしようもない壁、生まれ持っての違いがあるのも現実。

いわゆる才能、先天的な資質が存在することも否定はできない。

 

一方、足を前に出してないのに速く走れないと悩む、靴底に接着剤を付けているような状態で苦しんでいるなど、それで才能を嘆いたり苦悩し続けるのは疑問。

 

弦は真四角などではなく丸みがあります。

指が弦に触れる場所や角度を意識してみると面白い。

 

弦は弾力豊かで思ったより簡単にしならせることもできます。

過剰なまでに指がひっかかってないか張りついてないかチェックしてみるのもおすすめ。

 

自分から真っ向強い抵抗を生みながら「指が動かない・・」と嘆くのはやめるべき。

もっと楽にかつ充実した弦振動を得る方法を意識すると演奏は絶対に変わります。

 

三つの意識で音もリズムも速さも全部変わる

 

今回の簡単なまとめ。

 

①指は付け根の方から動かす

②弦に触れてから力を加えて鳴らす

③弦の過剰な抵抗を受けないようにする

 

この三つを意識して鍛えれば演奏が別物になると言っても過言ではありません。

 

・力が強い箇所、楽に動いてもくれる部分を使う。

指先だけで頑張るより負担が減るのは確実。

太く力強い音も楽に出しやすくなります。

 

・必死に空間を押したり掴もうとするより弦を鳴らす。

弦に確実に触れて鳴らしてあげた方が音質も音を出すタイミングも向上。

宙ぶらりんでふわふわ安定してないより力も気持ちもしっかり伝わります。

 

・弦をいつまでも引っぱってないようにする

スムーズに速く動かすにもリズムを良くするにも効果的。

自分の意思とタイミングで音が出しやすくなります。

 

と、分けて考えているようですが、良い影響があるのは全部同じ。

バラバラに考えるより、まとめて実践しちゃった方が良い。

 

まずは一日10分でもよし。

意識してゆっくり確実に取り組んでおくと絶対違います。

機材頼みではなく自分の力で音を出そうとする意志が生まれるはず。

 

【スポンサーリンク】
 

 

演奏は指先だけでするものにあらず

 

最後にもうちょっと加えるとしたら、ストラップを付けて立って弾くことを常日頃からやっておくのも推奨したいところ。

 

その際、ネックと地面と平行・水平に構えるのではなく、ネック側を少し立てるようにするのがおすすめ。

 

人差し指と中指の長さが違うと悩む人もいるかと思いますが、楽器の角度を変えれば自然と弦の角度も変わることになる為、人差し指と中指の長さを無理に揃えようしなくても斜めのラインを合わせることができます。

 

他にも注意するとすれば、首を過剰にかたむける、片方の肩を異常に上げる下げる、頭・首・顎を前に突き出す、猫背で背中が突っ張ってるなど色々ありますが、語っていくとキリがないのではここでは割愛。

 

一概には言えないのも確かだけれど、そうやって自分なりに試行錯誤していくことこそが重要、大きな鏡や動画撮影を必須にするのも効果絶大。

 

断言できるのはこれ、

 

『指先だけで何とかするのは無理』

 

指を動かす以前の問題も意識すべき。

 

そこにあえて意地悪く加えるのであれば、

 

『肉厚な指先にする』

 

やっぱり良い指をつくることが大切だと声を大にしたいところ。

むしろここが一番重要とすら言えるかもしれません。

 

様々な方法論、良い音を出すための技が存在するであろう一方、演奏するための指ができてないんじゃ本末転倒。

天性の素質があっても練習不足ですぐ水ぶくれができる、痛くて演奏できないなんてことでは役に立たない。

 

指弾き、2フィンガーのコツは何か?

 

『良い指を作って上手に使って弦を鳴らす』

 

急がば回れ。

地道な積み重ねこそが力になり身にもなります。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com


www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com