ベース・楽器超初心者がやるべき事、意識すべき事を簡単に考えてみる

ベース・楽器初心者へのすすめ

 

楽器ってどんな物なのか体に染み込ませる

 

楽器を始める上でまず大事だと思うのがこれ。

 

『慣れる』

 

ここをクリアしないことにはどうにもなりません。

 

基礎練習がどうの道筋がどうの語ることもできます。

でもとりあえずそういう難しいことは置いてしまってもよし。

 

その楽器、道具が体にも脳にも馴染まないことには始まりません。

自転車の乗り方が分からない、バランスの取り方も分からないみたいなもの。

重さ、長さ、厚み、弾力、硬さなど、何も知らず触れずに上手く扱えるわけがない。

 

そういう意味じゃケースに入れて移動するだけでも立派な練習。

隅々まで磨いて触れるだけでもどんな道具か把握するには効果的。

嬉しすぎて楽器抱いて寝るとかもう最高。

とにもかくにもまずはその楽器を体で理解することが大切だと考えます。

 

センス良くすぐにでも馴染んじゃう人も確かにいるとは思います。

でもそれを見て過剰に落ちこんだって無駄。

神童から凡人へよろしくその程度で一生天才やれるかどうかなんて分からない。

ちょっとしたスタートダッシュの差ぐらいで落ちこむ必要なんかなし。

 

『楽器に触れる』

 

この時間をつくって増やして慣れることが先決。

自分自身が楽器に違和感を覚え拒絶してる限りどうにもなりません。

 

【スポンサーリンク】

 

 

すぐ楽器に触れるようにしておく

 

どんな練習をしたらいいか以前の問題、そもそも触ってる時間すらない、その気にもならないんじゃどうにもなりません。

 

わたくしポングの中学時代の話をするならば、部屋掃除なんかまったくせず足の踏み場もない状態が常でしたが、それでもこれだけはって意識していたことがあります。

 

『すぐベースに触れるようにしておく』

 

これが本当に重要。

 

いちいちケースに入れておくとかチューニングを緩めてなんてことはしません。

すぐそのまま音が出せる状態をつくっておくのが当然。

「さあ弾くぞ!」で音を出せるようにしていたのが良かった。

 

たとえばこんなフィクション。

 

ポ「ただいまー!ベース!ベース!」

母「こらポン!このテストの点数は何!」

ポ「え~!後にしてよ~!」

母「許しません!そこに座りなさい!」

ポ「ド〇〇も~ん!」

 

こんな日があったとしましょう。

 

この後、「とほほ・・もうこりごりだよ・・」と部屋に戻ったとして、

 

「あ~もう!いちいちケースから出すの面倒くせぇ!」

「テストの点数がなんだよ!勉強なんかクソだ!」

「今日はもう駄目・・何もやる気にならねぇ・・」

 

と腐って終わるか、

 

「さあベース弾くぞ!」

 

ってすぐ行動できるかで人生意外と変わるかもしれません。

 

楽器練習の何が壁かって、

 

『無理解な妨害が起こる』

 

この威力の凄まじさに戦慄すること。

 

叱られる原因があるとかなら反省すれば済むかもしれませんが、まったく別の要因、それも超どうでもいいこと、緊急事態でもなんでもないことで邪魔されるのはめっちゃくちゃムカつきます。

 

たとえ相手側に道理があるとしても理屈じゃ済まないのが人間。

気持ち燃え上がってる時間と楽しみに干渉してきたら戦争事。

超絶頭に血がのぼるか冷めるかどちらにしても厄介。

 

強い心を持っている自信も自覚もないなら覚悟しておくべき。

 

『気持ちなんてすぐ折れる萎える消える』

 

ほんの一瞬、その気がなくなるだけで致命傷になる可能性がある。

ゆえに楽器にはすぐ触れるようにしておいた方が良い。

もっと言うなら本番を決めておき、強制的にでも練習の必要性をつくるもよし。

 

嫌なことがあったとしてその反動でより熱中できるか?

それとも楽器に触れることにすら辿り着けずフェードアウトしていくか?

 

これ、割と真面目に重要な問題だと考えます。

 

楽器は弾かなきゃ音が出ない

 

楽器に触れていることが日常。

妨害にもめげず取り組むことができればそれだけでも立派。

 

後はもう単純。

 

『音を出す』

 

自分で自分の楽器を弾いて音を出すべし。

 

今の世の中、ものすごい量の情報が溢れています。

それを漁りまくるのも誰かに習うのも確かに有効。

近道も探せば存在するのだとは思います。

 

一方、どんなに有益な情報があろうが、世界にも通用するお師匠様を見つけようが、しょせんは他人様の話。

教材に目を通すのも音楽を聴きまくるのもいいけど、そこで終わっちゃったら楽器を持ってる意味がない。

 

自分自身が楽器に慣れ親しみ楽しんでいかなければ演奏できるようにはならず。

慣れる段階にすらなく才能云々に悩み出すのは滑稽としか言い様なし。

 

「どう練習したらいいんだろう・・これが正しいのかな?それともこっち?両方間違ってたらどうしよう・・何をどうしたらいいか分からない・・」

 

こんな苦悩の時間を増やしたって無駄。

 

言いたいのはこれ。

 

「音を出せ」

 

どうせ悩むなら楽器弾いて音を出しながら試行錯誤していくべき。

とにかく楽器に触りまくってそれを弾く生き物になった方が良い。

 

その試行錯誤の上、

 

「なんで弾けないんだろう?」

「こんなに弾きづらいんだろう?」

「もっと良い楽器なら違うのか?」

 

こんな疑問が湧いたならしめたもの。

それは素晴らしい成長とステップ。

上手く進めれば劇的に上達していくことだって可能。

 

それこそこれぐらいに考えるのも有り。

 

「俺が演奏できないのはどう考えても楽器が悪い!」

 

実際問題、楽器屋が弾きやすいようにちゃんと調整してくれるかは微妙なのが現実。

 

「こういうもんなんだ・・」なんて思考停止して諦めるぐらいなら、自分を攻めずに道具のせいにするのも面白い。

世の中に対して疑問を持ち、解決方法に向き合うぐらいの元気があった方が素晴らしい。

 

何かを知るにも疑問を持つにもまずはスタートすること。

それがないことにも上達もクソもありません。

どんな道具なのか物体なのか何も分からず始まらず終わってしまいます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

買って触って音を出せ

 

今回のまとめはこんな感じ。

 

1.まず楽器を買え

2.まず楽器にさわれ

3.まず音を出せ

 

「1.について触れてないやんけ!」ってツッコミがありそうですが、やりたい音楽も弾きたい楽器も予算も違うのにあれやこれとは言えません。

 

それでもあえて何か述べるなら、

 

「買いたいもん買え!」

 

これでいいじゃないかと。

 

それどころか買ってもらっちゃうもよし。

誰かを頼って甘えまくって頂いちゃうもよし。

始めることが先決。そこから続けられてなんぼ。

 

上手くなるのなんて何年先でも問題なし。

その先に辿り着けないのが一番の問題と致命傷。

非日常だった楽器演奏を日常にしてしまうことが重要。

 

腕組みして偉そうに語ってくるオッサンとか無視。

お前に才能なんかないだのママの言うこと聞いても退屈。

楽器弾く資格がどうの考えるだけアホくさくて笑えるだけ。 

 

 楽器でも音楽でも何でもほんとこれ。

 

『遊んだもん勝ち』

『楽しんだもん勝ち』

 

好きなことやりたいことがあるって素晴らしい。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com