「このベースにジラウドの回路を使えば無敵だぜ!」が通用しなかった話

ジラウドの回路と残酷な現実

 

f:id:bakibakibass:20180214220351j:plain

 

散々迷って悩んで辿り着いたのはジラウドのベース

 

以前は6弦ベースがメインだった自分。

 

5弦と併用もしてたりはしましたが、「俺は6弦弾きだ!」みたいなプライドっぽいものを持っていたのは間違いありません。

 

『ポング=6弦』

 

これを一つのキャラのようにしようと思っていたのが本当の話。

 

実際、バンドに予備用の4弦を持っていったりすると「似合わねぇ!」とツッコまれたり、それぐらい6弦の方が堂に入ってた自覚もあります。

 

しかしある問題に直面。

体調を崩すぐらいのストレスにも発展。

6弦を弾き続けるほどに高い壁にぶつかることになりました。

 

『ジラウドのベースが一番良い音がする』

 

この苦悩ったらなかったですね。

 

自分にとって理想のベースを作ってるジラウドが6弦を作っていない事実。

どんな6弦を弾こうが「やっぱ音はジラウドだよなぁ・・」となってしまう悲しさ。

 

一番欲しいのに買うべき対象がない。

ある種の地獄と言っても過言じゃありません。

 

ストレスによって精神面はぐちゃぐちゃ、救急車で運ばれるぐらい体調を崩したり、あれやこれやと悩み苦しみ続けた結果、

 

「もういい!素直にジラウド弾こう!」

 

決意して6弦をやめることに。

 

6弦であることが大前提なのではなく、まず音的に納得できなければ弾きたくない。

多弦を弾くこと自体をステータスにするのは何かが違う。

結果、今のメインベースであるブラッククラウド5弦に腰を据えました。

 

分岐点、事件とも言える出来事だった次第。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ジラウドの本体を買ったのは通い始めてから10年後

 

ジラウドのラックプリアンプJFDT-HA。

外付けのプリアンプSlapper、Mobius等も所有していた自分。

他社製のベースにこれらを通すのも当然としてやっていました。

 

中にはジラウドのバッファを取り付けたものもありましたし、外付けではなく内蔵をして使用していた経験もあります。

 

今回のタイトルの流れで言うならば、

 

「このベースにジラウドの回路で最強だ!」

 

このノリでジラウド製品を愛用していた時期も結構長くあった次第。

 

そして辿り着いた結論はやっぱりこれ。

 

「ジラウドのベースが一番良い音してる・・」

 

どうにもなりませんでしたね。

何をどうしたってジラウドベースの方が圧倒的。

まったく勝ち目なんかない。

 

6弦がメインだった為、ジラウドベース自体を手に入れるのが実はかなり遅かった自分。

どちらかと言えば、回路の方でお世話になっていたと白状しても過言ではないかもしれません。

 

欲しいジラウドベース、お得な中古、どれだけ見逃してきたか分かりません。

6弦へのこだわりがとにかく強かったのが仇になり、意外とジラウドとは疎遠な部分も多かったのが正直な話。

 

だからこそ余計に思うわけです。

 

「回路だけじゃない!」

 

ジラウドはそんな甘い存在ではなかった、自分の認識が間違っていた。

エレクトリックベースと言えどやはり、肝は生楽器としての部分にある。

遠回りしまくったゆえ、これでもかと思い知るに至りました。

 

同じ回路なのに起こる圧倒的な敗北

 

「エレクトリックベース=電気が全て!」とは行かなかったのが自分の経験。

これに関してはこのブログで多く触れていることでもあります。

 

・大元のエネルギーが貧弱ではどうにもならない

・増幅しようにも無いものは加工できない

・弦楽器なんだから弦が鳴ってないと意味がない

 

簡単にまとめるとこんな感じですかね。

0を何とかしようって必死になるよりまずは1を手に入れろと。

 

その意味ではジラウドのベースは1どころか10、100の情報量を持っているとも言えそうですし、だからこそブーストするにもカットするにも分かりやすく結果も得られます。

 

一方、0にも等しいような楽器の場合、いくら素晴らしい回路でブーストしようがなんだろうが、望んだ変化は起きず。

それどころかアンバランスな部分が強調されたり、欠点の方が浮き彫りになる可能性もあるから難しい。

 

「ジラウドフルチューンで究極だぜ!」となるはずが元々の異常な生音の悪さ、鈍重さに気付く結果で終わったなど、そんな事例もあるから怖い。

 

自分も経験していることだからこれは本当に分かりますね。

「このベースにジラウドの回路で最強!」と満足した後、ジラウドそのものを弾くと絶望します。

 

「何これ・・勝負にならないんだけど・・・」

 

同じ回路を使用しているはずがまったくの別物。

そもそものクオリティが全然違う恐ろしさ。

 

100万円のベースにのせれば世界最強かってこれが全然違うから面白い。

変に捻らずむしろスタンダードな方が勝ったりもするのだから奥が深い。

その定番にしても高級ランクのものだからと言ってまったく油断はできず。

 

パッシブで素の勝負であってもジラウドの前にあっけなく散るかもしれません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

電気楽器である前に生の弦楽器

 

そもそもが違う・・・

じゃあその『そもそもの部分』って何なのか?

それはやっぱりこれしか考えられません。

 

『生音』

 

このレベルの差なのだと確信する次第。

 

もっと言うならばこれですかね。

 

『ボディ鳴り』

 

以前の自分ではまったく理解できなかった感覚と領域。

 

「エレクトリックなんだから生音なんか関係ない!」

「ソリッドボディで鳴りにこだわるとか無駄!」

「マグネットPUは弦振動しか拾わない!」

 

こういうのぜ~んぶ通用しませんでした。

それで酷い目に遭ってきました。

 

ジラウドの設計で生音に対するこだわりをあらわす具体例を挙げるのであれば、

 

『ディープジョイント』

 

不評な面も多いだろうこの方式をなぜ取るのか?

その意味を考えると色々深いものがあります。

と言うか身をもって実感させられました。

 

電気的な面ばかりにとらわれていては分からないことが沢山あります。

または逆に考えるのであれば、電気的に増幅するからこそやるべきことがあると考えられます。

 

生音の部分と電気的な部分とこれだけ追求している存在はジラウドをおいて他に知りません。

そりゃ自分ごときの浅い拘りだのプライドなんかが通用するはずもないと納得。

 

弾きこむほどに楽器が成長していくのも大きな魅力。

タッチが良くなるほど、自分が上手くなるほど、それだけ音も正直に良くなっていきます。

 

超絶飽き性、同じベースを二年と弾き続けたことがない自分。

それが10年弾き続けてるんだから歴史的大事。

 

ジラウド良いベース奥の深い楽器。

エージングしてなんぼ弾き続けて味わいつくしてなんぼ。

電気の部分と生の部分と両方存分に楽しめます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com