ZOOMの新型ベース用マルチエフェクターを買おうかどうしようか?

ZOOMのベース用マルチ

 

MS60Bでも自分的には新型

 

「去年買ったばっかだよ!?」

 

と言いたくなるマルチエフェクター事情。

 

まぁ、自分が手を出すのが遅かっただけなんですが、それにしても何と申しますか、新型ってやつは出るもんなんですね。

 

MS60Bでも結構感動したのにさらに進化しているのか?

もはや軽く超えてしまうレベルなのか非常に興味が湧くところ。

 

そこで今回、自分が気に入った機能・欲しい機能について、今まで撮った動画なども交えながらちょっと考えていきたいと思います。

 

伏兵ピッチシフター

 

完全ノーマークから一転、えらく気に入ってしまったのがこれ。

 

反応速度など理想を言えばエレハモあたりの単品が欲しいところですが、マルチならではの音づくりができる点もやはり捨てがたい。

 

自分的に「お!これ美味しいな!」って手応えがあったのは、BOSSのボリュームペダルと組み合わせた鳴らし方。

 

1オクターブ上げてアタックを消して弾くと非常に良い感じ。

 

www.youtube.com

 

別でブレンダーを使用して【AKAI UB1 UNIBASS】の真似をしてみるのも面白い。

1オクターブ上を歪ませてさらに5度上も鳴らしてみるとなかなか笑えます。

実用的かどうかはともかくこういうアイデアをすぐ試せるのが良いですね。

 

www.youtube.com

 

ピッコロベースをさらに1オクターブ上げてギターごっこをするのも非常に楽しい。

理屈抜きの気持ち良さ、馬鹿馬鹿しさが最高。

 

www.youtube.com

 

同じくピッコリベースですが、こちらはピッチシフターは使わず空間系のエフェクターのみ。

一個一個揃えていく気がない人間としては実は一番助かる機能、求めたい嬉しいポイントでもあるかもしれません。

 

www.youtube.com

 

新型 ZOOM B1 FOUR

 

新型について自分が調べた中でMS60Bと異なる点を挙げるならばこれ。

 

・ルーパー

・ドラムマシン

・AUX IN

 

よりソロベース向けな使い方もできるマルチエフェクターである印象。

『これ一台で何でも有り感』が強くなった気がしますね。

 

フットスイッチが一つのMS60Bとは異なりB1 FOURは二つ。

エクスプレッションペダル一体型タイプの【B1X FOUR】というモデルがあるのも特徴的。

 

MS60Bのノリがコンパクトエフェクターのそれだったのに対して、こちらは実にマルチエフェクターな作りになっているかなと。

 

個人的な好みから言えば、MS60Bのコンパクトエフェクター感がめっちゃくちゃツボにハマってしまった為、正直に言えば新型の方には見た目的にも少し抵抗があるところ。

 

一方、MS60Bはフットスイッチが1個など、機能を凝縮しすぎて逆に不便、「今時ルーパーないの?」と言いたくなったりするのも確かなので、そのあたりが致命的になる人には相性がよろしくない点がありそうです。

 

「別で用意すればいいじゃないか」って声もありそうですが、そこはま~、せっかくのマルチエフェクター。

 

進化した便利な複合機があるにもかかわらず、足元をあれこれ複雑化していくのはどうなのかと疑問が湧いてしまうところ。

 

前述した通り、

 

『一台で何でもあり』

 

これを欲張りに求めたくなりますよね。

その意味でも今回の新型はやっぱり気になってしまいます。

 

個人的に特に注目したいのはルーパー。

今まで所有したことがないのでこれは是非とも使ってみたい。

変な話、ルーパー専用でも良いかもしれない、そんなことまで考えちゃいますね。

 

そしてさすがはZOOM様。値段も恐ろしく手頃。

MS60Bと両方あっても問題ないだろって誘惑されてしまいます。

 

 ZOOM B1 FOUR ベース用マルチエフェクター

ZOOM B1 FOUR ベース用マルチエフェクター

 

捨てたもんじゃないかどころか超美味しくなったマルチエフェクター

 

MS60Bでほぼ満足しているのも本音。

一台持っておいて損はなし。

あれこれ言うのは野暮だってぐらい気に入ってます。

 

ただ、そうは言っても上があるならそれを望みたいのも確か。

 

いくらピッチシフターが気に入ったとは言え、レスポンスや粒立ちに音程感など、完璧に納得がいってるのか問われればそんなわけはなし。

 

それ単体だけを求めるのであればやはり、専用機が欲しくなってしまいます。

 

一方、様々なエフェクターの複合、同時に瞬時に使いたいとなれば俄然、マルチエフェクターが魅力的に輝いてきます。

 

それをしかも、

 

「安く済ませたい!」

 

ケチに傲慢に欲張れるから素晴らしい。

 

そんなしょーもない欲望に全力で応えてしかも、進化まで続けるZOOMって会社は本当にとんでもない。

 

今の時代ですからその気になれば恐らく、さらに超絶豪華で凄いのも作れるはず。

 

でもそこはBOSSやLINE6あたりにでも任せているのか、またちょっと違う毛色で存在しているのが実に面白い。

 

ZOOMのマルチの何がいいかって、

 

『叩けない』

  

希少価値を求めても全然美味しくない。

遠慮なく遊んで楽しんで使いまくってこそ価値的。

使いこなしてなんぼで文句言うだけ野暮。

 

一万円も出さずこんなに使えちゃうエフェクターがある今の世の中。

 

まさしく、

 

ZOOM脅威のメカニズム

 

わぁいZOOM!ポングZOOM大好き!ってな次第です。

 

 ZOOM  MS-60B ベース用マルチエフェクター

ZOOM MS-60B ベース用マルチエフェクター

 

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com