気になる国産パッシブジャズベース FENDER MADE IN JAPAN JAZZ BASS

避けては打ちのめされたフェンダーベース

 

フェンジャパの思い出とトラウマ

 

「何度目やねん!」とツッコミが来そうなぐらい語ってきたかもしれないフェンダージャパンのジャズベースの思い出とトラウマ。

 

「周りと同じなんて絶対嫌だ!」

「フェンダーなんか使えるか!」

「もう時代遅れなんだよ!」

 

誇張じゃなくアンチフェンダーに染まっていた自分。

定番なんかに手を出すぐらいならベースやめるってレベル。

パッシブのジャズベなんか絶対使わないと拒絶していました。

 

それがま~、なんともトホホなことに。

散々避けてきたのにいざ触れてみたら、

 

「今まで使ってきたベースの中で一番良い音してるじゃねーか!俺のこだわりと人生は何だったんだよ!」

 

一発でノックアウト。

アンチが裏返って超お気に入りのベースと化すことに。

 

多弦がメイン、トラ目や木目にもこだわったり、ハンドメイドのアクティブジャズベも手に入れるなど軽く100万円以上使ってきた結果、最も受け入れたくない現実に直面。

 

当時の定価7万ぐらい、兄貴からタダでもらったベースの圧勝。

 

これは本当、人生の転機だったと言っても過言じゃない気がしますね。

この話の当時、まだ十代の小僧でしたが心をあらためるには十分すぎる出来事でした。

 

幼稚に捻くれるのは嫌いじゃありません。

偏執的に極めようとするからこそ面白い。

周り気にして安心安全ばかり求めるのはつまらない。

 

でも素直に認めることもどうやら大切。

 

『良い物は良い』

 

人類規模で評価されている楽器には理由があるのだと思い知った次第。

フェンダーのジャズベースって凄いんだと認めざるを得ませんでした。

 

体制が変わっていたFENDER JAPAN

 

非常に複雑な想いがあるフェンダーそしてジャパン。

自分のベース人生を語る上で避けては通れない存在。

最近その体制が変わったことを知り再び興味が湧いています。

 

これまではあくまでもライセンス品なんてことだったり、そのライセンスが失効して【フェンダーミュージック株式会社】が立ち上がっていたとか、色々興味深い話がありました。

 

それに伴ってか、本国USAでマスタービルダーをやっていた【クリス・フレミング】という方が監修をしているらしく、実際、何となく雰囲気が変わったような印象。

 

こう言うのも変ですが、

 

「お!何かフェンダーらしくなってね!?」

 

よりそれっぽい感じに見えるのが面白い。

 

ある意味、自分が所有しているものとは別の楽器と言える部分もありそうですが、いずれにせよ、フェンダージャパンブランドが今もこうして残ってることには意味を感じます。

 

自分のベース人生に色々衝撃をもたらしてくれた存在。

そう簡単になくなってもらっちゃ困ります。

それどころか進化してるならこんな楽しそうな話はありません。

 

MIJ Traditional 70s Jazz Bass

 

自分が使ってたジャズベとほぼ同仕様。

今のフェンジャパで一番気になったのがこれ。

 

アッシュボディとメイプル指板。

ブロックインレイの70年代モデル。

渋い60年代仕様とはまた毛色の異なるベース。

 

自分のジャズベについて言えばPU位置は60年代基準でしたが、現在はちゃんと70年代仕様。

分かりやすく名前を出すのであれば、マーカス・ミラーが好きな人には実に伝わりやすいベースでしょう。

「スラップするならこれだろ!」とこだわる人も多くいるはず。

 

となると、ドンシャリなイメージをしがちではないかと思いますが、その判断を安易にするのは個人的には懐疑的なところ。

 

めっちゃくちゃ重かったりボディが硬すぎて弦しか振動しないなんて個体ならともかく、現実的な重量のパッシブベースでそんな極端なことになるだろうかって疑問が湧きます。

 

実際、アクティブの5弦ジャズベがバンドで最悪な評価だったのに対し、フェンジャパのパッシブアッシュジャズベが絶賛されるなんて経験もありました。

 

余計なものがなく丁度いいところにハマってくれる、単体だと地味だけど心地よく混ざってくれる、そんな好印象と高評価。

 

その経験から見てもやはり、「アッシュ&メイプル指板=ドンシャリ=バンドじゃ使えない」なんてイメージを植え付けてしまうのはよろしくない傾向だと考える次第。

 

その先入観と固定観念で酷い目に遭ってきました。

 

・エフェクターやプリアンプに頼りすぎじゃないか?

・タッチが貧弱すぎないか?または乱暴すぎないか?

・自分が目立つ事ばかり考えてないか?逆に控え目すぎないか?

 

自分自身としっかり向き合ってみる意味でもパッシブのベース、フェンダーのベースには勉強させられるものが多くあります。

 

珍しくもなんともないからこそ逆に気になってしまう。

その今更感に触れてみたくなるのが何とも不思議。

浅くも深くもどっちも行けちゃうから面白い。

 

思い出あり、トラウマあり、転機あり。 

ちょっと触るだけじゃ分からないことも多い。

一本は持っておきたくなるベースですね。

 

FENDER MIJ Traditional '70s Jazz Bass

FENDER MIJ Traditional '70s Jazz Bass

  

パッシブベースが上達のきっかけになる

 

縦振動のタッチの研究、太い音の出し方、 握力に頼らないまたは握力を上手く利用する左手の使い方、速弾きについてなど、様々話しているこのブログ。

 

それもこれもパッシブベースを弾くことによって鍛えられたからこそ、へこまされて落ち込んできたからこそ研究が進み、言葉としてまとめられるようにもなったのだと断言できます。

 

「たかがフェンジャパだろ?」

「そんな良いわけないだろ!」

「いちいち大袈裟なんだよ!」

 

こんなこと考えてめっちゃくちゃ痛い目を見た人間を知っています。

 

それは俺。

 

自分にとってはよりにもよってなフェンダー。

しかもジャパンが良かったとか屈辱以外の何ものでもありません。

退屈だクソだと侮ってた楽器にコテンパンにぶちのめされました。

 

指さして馬鹿にしてたぐらいだったのに圧倒的な敗北。

愚かなのは自分だった下手で使いこなせてないだけだった。

それどころかろくに弾きもせずに「悪い!」と見下していたのだから恥ずかしい。

 

と、この流れからだとフェンダージャパンを絶賛しているようですがそれも実はちょっと違うんじゃないかと思うところがあります。

 

一体どういうことか?

 

『知らなすぎ』

 

これが本当に致命的だったなと。

 

基本形をあまりに知らなさすぎた、にもかかわらず個性を追い求めようと迷走していたという、自分の経験と歩みはまさにそんな感じでしたね。

 

・ろくに知りも使いもしないで嫌う

・見てくれのスペックばかりで良し悪しを決める

・自分の中の狭いイメージと先入観だけで判断する

 

これでベースマニア気取ろうとしていたんだから痛々しい。

 

めちゃくちゃ良いことを期待するのではなく、誰かを何かを打ち負かすことを意識するのでもなく、向き合うべきもの、向き合えるものがある。

 

『この楽器で自分に何が出来るか?』

 

正直に出さないといけないからシンプルなパッシブベースは恐ろしい。

同時にこれほど面白いものもない、魅力的に映るようにもなるから奥が深い。

 

「俺が弾くとクソなのにこいつが弾くと何でこんな良い音するんだ・・」

 

こんな残酷な現実を叩き付けられたことがある人も決して少なくはないはず。

馬鹿にしていたパッシブベースでこれをやられると本気でへこみます。

 

今現在、もっと高級で凄いスペックのベースを弾いている自分。

にもかかわらず、なぜか気になってしまうのがパッシブベース、原点とも言えるフェンダー。

それに加え、自分の思い出とトラウマを合わせて語るならばジャパンのジャズベース。

 

単純な良し悪しでは語れないものがありますね。

 

大嫌い!有り得ない!から転じて、

 

『気になるあいつ』

 

もはやベッタベタのラブコメ。

これだけ心をかき乱された楽器は他にありません。

 

 FENDER MIJ Traditional '70s Jazz Bass Maple Natural

FENDER MIJ Traditional '70s Jazz Bass Maple Natural

 

  

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com


www.pompombass.com

 

www.pompombass.com