三億円あったらさらに凄いベース機材を揃えるか? 今でも十分すぎて先があまり思いつかない

ほぼ満たされた楽器物欲の先を考える

 

欲しい物もあるけど必要な物はもう持ってる

 

今現在、自分が欲しいと思うものを簡単に並べてみると、

 

■ベース本体(ほぼジラウド)

・超軽量フーリエ

・1ハムブラッククラウド

・パッシブベース

・6弦J-BASS

・フォデラコントラバスギター

 

■アンプ

・Dr.Sim

・D-Mark パワーアンプ

・D-Mark スピーカー

・ちっこい高性能コンボ

 

■エフェクター

・高性能ピッチシフター

・高性能マルチ

 

こんな感じ。

 

この内、今すぐ絶対必要なものは何かを問われると、

 

「いやまぁ特には・・」

 

となってしまう不思議。

 

欲しいものはもうほぼ手に入れてしまっている為、これから無理に増やす必要を感じない気持ちも強かったりします。

 

最近ハマってるピッチシフターに関して言えば、マルチエフェクター任せにしないで専用で欲しいと考えてはいますが、マルチの性能がこれからさらに進化するのであればそれも必要ないっちゃない。

 

冷静になってみると楽器的な物欲はもうほとんど必要のないものなんだと気付くことになりそうな状況。

 

フォデラのコントラとかめっちゃ欲しいと言うよりある意味ネタ。

もしお金があるとしてもそこに何百万も本当に使うかは限りなく微妙。

どう考えても楽器だけを買うに三億円は必要なさそうです。

 

【スポンサーリンク】

 

 

金があったって好みも性格も変わらない

 

自分のお気に入りのマルチエフェクターZOOMのMS60B。

コンパクトエフェクターサイズの凄いやつ。

とにかく全てにおいて扱いが楽で助かります。

 

お金があるからってこれを超本格的なフロアタイプに変更するか?

 

「答えは100%NO!」

 

それは絶対ないと断言できます。

 

「でっかいのやだ!」

「複雑なの嫌い!」

「楽してぇ!」

 

軟弱に幼稚に駄々をこねる自信があります。

 

ベース本体についてもこれから手に入れるものに関してはやはり、ものすごくシンプルな方向、または楽を求める方向でしか考えなさそうかなと。

 

だってま~、やりようないですもんね。

 

自分の好みから言えば、超複雑に木工を駆使したものは苦手。

ツマミを沢山いじるのも嫌だし、色々用意して荷物が増えるのも避けたい。

 

何本も何本も使い分けるのも本当のところはできる気がしません。

一本で済むならその方が絶対に良い。

 

結局これです。

 

『根本的に面倒臭がり』

  

人雇って雑用やらせりゃいいじゃないか?

 

「それが一番めんどくさそうじゃねぇか!」

 

間違いなくツッコミを入れるでしょう。

どうにもなりません。

 

モヤモヤの解消に動くとは思うがそれも戯れか

 

今使っているメインベースと同タイプで33インチにしてみたらどうなのかとか、ヘッドレスだとどんな具合なのか、そういう興味は尽きそうにありません。

 

実験で作ってもらいたいものは沢山あるし、遠慮なく欲望の限り突き進むのは確かに楽しそう。

 

しかしま~、繰り返します通り、すでにほぼ理想の楽器を手に入れてしまっている為、遊びっちゃ遊び、戯れな気がしますよね。

 

10年弾きこんできたこともあり、心身への馴染み具合も相当なもの。

 

そんな中で実験を繰り替えしたところで、真新しい何かを刻み付けられるのだろうかと疑問にもなるところ。

 

ワイドレンジだったりレスポンスの面から見て今のベースを超えるものがあらわれるとは到底思えないし、そもそも必要性をまったく感じません。

 

アンプについては今よりさらに上ってのが欲しくもありますが、それでもやはり、現時点でもほぼ敵なしであることに違いはなし。

 

いやほんと、思いつかないものですね。 

機材的に劇的に変わる何かがあるのか分かりません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

結局、欲しいのは時間と環境か

 

大金の使い道で真っ先に思い付くのは、

 

『夜通し音が出せてひきこもれるスタジオ』

 

やっぱりこれですよね。

超絶良い音で好き放題に音楽を楽しめる環境があるのが何より。

 

その点から見ると自分の好みではない楽器だって揃えてみたくなります。

 

比較しまくってオタクらしくニヤニヤするもよし。

色々な人に弾いてもらって楽しんでもらうもよし。

100本ぐらいのベースに囲まれて抜け出せなくなるもよし。

 

徹底して遊べる環境があったらこんな最高なことはありません。

 

三億どうの具体的な金額はとりあえず置いておいて、大げさな物欲の方向性を考えてみると何か面白いですね。

 

無意味な妄想のようだけれど、楽器が欲しいよりはそれをもっと楽しみ研究できる場所と時間が欲しい、一番に求めるのはそれなのかってのが自分としても非常に興味深い。

 

自分個人が弾く機材にはほぼ満足、無理に浪費する必要性を感じない一方、三億じゃ済まないだろって欲望が実は渦巻いているのが何だかおかしくて仕方ない。

 

仮に超絶頑張って信じがたい成功を掴んだとしてもその先にあるのは、

 

「ひきこもりてぇ!」

「ゲームやろうぜ!」

「ずっと遊んでたい!」

 

こんなんってのが笑ってしまいます。

根本的にどうしようもない駄目オタクであることを実感した次第。

 

ただ、自分個人だけではなく一応は人を楽しませたい気持ちもあるらしい、良いものを隠しちゃうより共有してもっと遊ぼうぜタイプでもあるのかと、これは良い発見だったかもしれません。

 

楽しく良い世の中であった方がいい、これ当たり前ですもんね。

皆が嘆いて悲観して暗くなっていく世界とか、誰がそんなモン望むねんと。

 

そんなこんな、お金があったとして自分が欲しいのは楽しく過ごせる環境と時間だったという、実に分かりやすく人間的な話でございました。

 

見方を変えてみて、

 

「満足できる良い楽器に出会えて良かった!」

 

これを堂々宣言できることを実感できたのも幸せな話。

 

「ポング言うたらこれやろがいッッ!!」

 

いっちょ前にそんな楽器を持ってんだなとニッコリ。

何億出しても見つからないのとは違うんだと安心。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com