ジャパンヴィンテージのベースとギター 良い物もあるけどおすすめはしない世界

ジャパンヴィンテージを語る

 

 

存在を知ったきっかけは兄貴と親戚のおじさん

 

もう20年以上前のこと。

 

自分がベースを始めたのは兄貴の影響。

プロとしてやっていたこともあり、有用な情報がとにかくありがたかった次第。

 

当時、ギターをやってみたい気持ちもあった為、どこの楽器がおすすめなのかも聞くわけですが、そこで印象的だったのがこれ。

 

「古いグレコは良いぞ!」

 

ジョン・サイクスやゲイリー・ムーアが好きだったこともあり、必然的にレスポールに強い憧れを抱くようになっていた自分。

 

それもあってすすめられられたのがグレコ。

 

面白いことに、古いグレコのレスポール使いの親戚のおじさんが近所にいるんですよね。

若い頃からリアルタイムでずっと愛用していたまさに生き証人。

幸い気さくな人なので、こころよく貸してもらえることができて本当にハッピー。

 

一緒に文化祭もやったバンドのギタリストに弾かせてみたらま~、ブッ飛びましたね。

 

「なんじゃこりゃ!?」

 

「こんな良い音聴いた事ないぞ!?」

 

甘くぶっとくパンチがあって抜けてくるぶったまげなサウンド。

自分と同じく奴もサイクスとゲイリーが好きだった為、ハマらないわけがありません。

 

一瞬で虜になってしまうことに。

 

その時の衝撃と影響から、奴は古いグレコを買うことを決意。

当時の愛読書・Player誌の広告を頼りに東京まで一緒に遠征。

結果、サイクスと同じくブラックビューティーなレスポールを入手。

 

15~16歳の小僧が何本も何本も古いグレコを試奏して最高の一本を求めるという、今考えてもなかなか異様な光景、ネタにできる話ですね。

 

でも本当、奴のあのレスポールも凄く良かった思い出。

当時の中古価格で5万円ぐらいだったかな?

そんな金額であの音が出せたとかまったくもって考えられません。 

 

奴も自分も同様、楽器へのこだわりと出音への意識はグレコのレスポールを知ったことによって鍛えられてきたように感じます。

 

・良いものを知ると憧れと探求心が生まれる

・嫌でも欲が出て求めずにはいられなくなる

・良い道具と鍛錬によってより高みに向かう事ができる

 

完全に振り切れたとんでもないエネルギーになってましたね。

 

アンチフェンダー野郎の悲しき敗北

 

ドリームシアターなどの影響で6弦ベースが欲しくなってしまったこともあり、ジャパンヴィンテージとは疎遠もいいところだったわたくし。

 

そもそもバリバリのアンチフェンダー。

プレベやジャズベなどもってのほかって人間。 

 

ジャパンヴィンテージのレスポールは認めまくっていた一方、ベースの方にはまったくと言っていいほど縁がなかったのが本当の話。

 

完全にアクティブ派だったことも手伝い、「ベースは新しくなくちゃ駄目だろ!」みたいな意識が強かったりもしました。

 

そんな中で登場、アンチな認識と流れを完膚なきまでに粉砕したのが、

 

『古いフェンダージャパンのジャズベース』

 

自分の中ではもはやトラウマとすら言える楽器。

このブログで何度も触れてきましたが、それぐらいこのベースには参りました。

 

兄貴の部屋の片隅でほこりを被っていたこのフェンジャパ。

「ジャンク品同然だろ?絶対良い音なんかしねーだろ?」

そうやって高をくくっていたベース。

ただの興味本位で借りてみた期待値0に等しい存在。

 

それがですね~、

 

「今まで弾いてきた中で一番良い音しとるやんけ!ふざけんな!俺アホじゃねーか!」

 

16~17年ぐらい前の体験。

音楽学校を卒業してすぐの大事件。

 

やれアクティブだ、やれスルーネックだ、やれ5弦だ6弦だ、やれ木材がどうだ、そんなマニア気取って語ってたガキに対する超絶カウンターぶりったらなかった。

 

後に購入した工房系の高級5弦ジャズベースも出音で圧倒してしまった事件があったり、あれこれ楽器探しに悩むことをアホ臭くさせる存在だったこいつ。

 

「古い国産楽器恐るべし!」

 

これ以上ないぐらい刻みつけられた次第。

 

【スポンサーリンク】

 

 

基本はリペア前提 ハズレばかりと思った方が良い

 

絶賛の流れから一転、大体の現実はあまりよろしくないと認識した方が無難。

古い国産レスポールを十本ほど購入、ベースも同じぐらい収集したことがある経験から思うに、

 

『ただの中古』

 

これを頭から外してはいけないと考えます。

 

一時期、古いトーカイのジャズベやプレベに凝って何本か入手しましたが、とてもオリジナルのままでは使う気になりませんでした。

 

極太フラットワウンドを張っても反らないぐらい頑丈な個体もあったり、ボディもシンプルで素直な鳴りを感じられたり、本体は確かに良いんです。

 

気に入ってジェマーソンな仕上げにしたこともあります。

一見すると只者ではないオーラを持っているかもしれません。

 

f:id:bakibakibass:20190201144906j:plain

 

ただし問題は肝心部分のパーツ。

全交換したくなるのも当たり前。

その金額だけでいくらになるのかと閉口。

 

精度の低いペグ、妙な違和感のあるブリッジ、根本的に何かおかしいPUなど、そのまま使うにはチープでよろしくない。

 

フルオリジナルでバリバリ使える個体も中にはあるのかもしれませんが、それを求めるのはあまり現実的ではないでしょう。

 

当時からそんな評価が多かったのか、パーツが交換されまくってるのも常。

それが良い方向に出てるかどうか、その判断も重要なポイントであり一つの博打。

 

また、頑丈なネックだったとは言ったものの、精度が高いかフレットがしっかりしてるかなど、そこは別問題。

 

その頑丈さも言ってみればまぁ、たまたまの当たりだった可能性は高いですし、復活不能なぐらい傷んでいるものがあっても何も不思議ではありません。

 

むしろそれが当然だと考えた方が心構えとしては正しい。

頑丈だったとしても本腰入れた調整が必要だと前提しておくべき。

 

「入手価格は5万円。完璧に仕上げるまでに10万・・・で済めば御の字!」

 

こんなことになるとかなり虚しいですよね。

 

冷静になると冷めるものがあるのもこの世界。

 

自分の出会いと体験を語るのであれば、運が良かったとしか言い様がありません。

前述したギターが買ったグレコのレスポールも購入時点でパーツはほとんど交換されてありました。

 

実用性重視に改造された出物に出会えれば良いけれど、グズグズのままになっているやつは後が大変。

 

実際にお買い得と言えるのかどうか、微妙な点も本当に多いです。 

 

フェンダーはフェンダー ギブソンもギブソン

 

優れたコピー品が欲しいのか?

それとも良い音がする楽器が欲しいのか?

このあたりもなかなか微妙な問題だと思います。

 

個人的には疑問視したいのはこういう幻想。

 

「ヴィンテージだから鳴ってる!」

「木が乾燥して別物になってる!」

「当時の木材と職人は凄すぎる!」

 

「憧れだった最高のフェンダーとギブソンの同等品が超安く買える!」

 

間違ってもこんな期待は抱かない方がいいでしょう。

基本、似た形の別物と認識しておくべきかなと。

 

どんなに良い音が出たとしても古いフェンダーやギブソンそのものではなく、良くも悪くもそれはまた別の楽器。

 

繰り返しますが、

 

『ただの中古』

 

それも粗悪品も多くあるリスキーな市場だと考えた方がいいかなと。

 

判断を狂わせる原因の多くはたぶんこれ。

 

「安い!」

 

手頃な値段で最高の楽器を手に入れたい。

完璧仕上げる楽しみを味わっていきたい。

そんな夢や希望が詰めてしまいたくなる気持ちは本当によく分かります。

 

実際、ものすごい仕上がりのジャパンヴィンテージはありますし、そういうものに出会えたのが自分の少年時代だったとも思います。

 

ただ、それはもうコピーの精度どうの話ではなく、希少性や市場価値云々の点から語るのでもなく、優れた楽器個体そのものとして判断すべきことですよね。

 

そこを色々混同するから話がややこしくなったり、変な幻想が生まれたり、妙な市場が生まれてしまうのかと考えるところ。

 

『ジャパンヴィンテージ』って言葉を当たり前のように使っちゃってますが、本音を言うとあまり口にしたくない、安易に使うべきではないと感じるのも確か。

 

兄貴にしてもおじさんにしてもそんな言葉は口にしたことがありません。

 

「良い楽器が欲しい?」

「これ弾いてみな!」

 

こういうノリですすめてくれたから良かった。

 

言葉は悪いですが、『コピー品』を最高と崇めて価値を釣り上げようとしたり、それって何かひっかかるおかしな話。

 

実際、ジャパンヴィンテージの呼び方、その時代の楽器にものすごい嫌悪を抱いている人に出会ったことがありまして、

 

「誰があんな時代の楽器を良いなんて言い出したんだ!」

「紛い物の無法地帯でどうしようもなかったじゃないか!」

「ろくでもないコピー品が良いわけないだろ!」

 

話を振ったら怒られる事態になってしまって苦笑い。

 

ここで触れているジャパンヴィンテージも主にコピースタイルのもの。

それ出てくる以前のレトロレベルなものについてはほとんど知りません。

どこからどこまでをヴィンテージ扱いするのかも実は曖昧。

 

惚れこむぐらい良い楽器があるのも確かだけど、果たしてそれが金額的な面を無視してでも最高と断言できるのかどうか、理想的な道具として仕上げられるのどうか、よくよく考えてみた方がいいのは間違いありません。

 

「全部で30万かかったけど最高の楽器になったぜ!」

 

なんて一時的にテンション上がった後、

 

「20万の新品の方が遥かに良かったわ・・」

 

「30万出せばめっちゃ良い中古買えてた・・」

 

これじゃ笑えない。

 

【スポンサーリンク】
 

 

沼に沈む恐怖と快感の先にあるのは極上か蜃気楼か

 

フェンダーやギブソンのヴィンテージだって言ってみればやっぱりこれ。

 

『ただの中古』

 

無調整で完璧な個体を探すのは現実的ではないはず。

 

言っちゃ悪いけどヴィンテージって一種の『呪い』な気もしてきますよね。

最高のものがあるから余計にたちが悪いと言うか、それを求めて狂ってしまうのが恐ろしい。

 

しかし変な話、

 

『とんでもなく高いから諦められる』

 

これで助かるってのも事実としてありそうです。

 

60年代前半でしかも完璧に調整されたフェンダーのジャズベを弾いた際、「うぉ!?やべぇこれ!!」って驚愕しましたが、そこはやっぱり100万円クラスのお値段。

 

どんなに良くても弾く前から諦めていたのが正直な話。

興味と後学のための試奏で終えることができました。

 

一方、これがジャパンヴィンテージだと話が大きく変わってきます。

手が出る値段で出てくるもんだから気になっちゃうのが厄介。

 

ついつい求めてしまいます。

 

『掘り出し物』

 

男のロマン。宝探しの感覚。

 

楽器いじりが好きだと全力投球したくもなりますし、それがまた楽しいのなんの。

汚くぼろかったやつがご機嫌によみがえるその快感ったらありません。

 

5万円で買ったものに20万かけるとか、はたから見れば馬鹿馬鹿しいようだけど、それが最適解なのであれば何もおかしいところはないし、なんの間違いもなし。

 

値段の問題で手を入れるかどうかを迷うとか、逆にその方がおかしいって話でもありますよね。

 

そんな思い入れも込めて最高の一本を所有するというのも間違いなく素敵なこと。

他の誰が認めなくても最高の楽器だと愛用し続けていく、実に格好良く素晴らしい姿勢。

 

ただ、ここで思うに、その人個人の気合の入れっぷりを丸ごと

 

『ヴィンテージの手柄』

 

こう変換しちゃったりすると変な方向に行ってしまうように感じるところ。

安易な『ジャパンヴィンテージすげぇ論』みたいなものが生まれてしまうのも抵抗があります。

 

「そこまで手を入れればそりゃ良くなるよね」

 

絶対こういうのもあると思うんですよね。

 

たとえばの話、今現在5~6万円ぐらいで売られている新品楽器をバッキバキに調整しまくったら、それはそれで凄く良いものになる可能性だって当然あるんじゃないかと。

 

手頃なものを最高の状態にまで持っていく驚愕と快感。

安い買い物で凄い音を出す優越感。

古い国産楽器の評価にはそういった加点も絡んでいる気がします。

 

その快感を追い求めるか、古い楽器である点に固執するか、最初から最高のものを求めるか、値段もスペックも気にせず純粋にやっていくか、これはもう本人の好みと意思次第。

 

でも少なくとも、『古い』という部分とそこに過度な幻想を抱くのはやめた方がいい。

 

幻想を抱くのではなく見るべきは現実。

古くも新しくも同じ。 

 

『駄目なもんは駄目』

『合ってなきゃ無意味』

『他人は他人』

 

ジャパンヴィンテージが良いのか悪いのかと問われたら、

 

『好きか嫌いか弾くかどうかは自分で決める』

 

実際に弾いて確かめるしかありません。

 

好きだし興味もあるけど、納得できる使いこんだ楽器を持っている今、ヴィンテージ楽器を求めるのは茨の道すぎて個人的にはノーサンキュー。

 

遊びとしては最高だけど、自分が進むには逆に贅沢で手が出ない道ですね。

安くも済まないしお手軽ともいきません。

 

そこに大金投入するなら新品で好きな楽器を買います。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com