Jiraud Black Cloud 5 Fretless (8) 共通仕様は持ち替えも扱いも楽

ジラウド ブラッククラウド 5弦フレットレス (8)

 

ブラッククラウドの5弦は三本所有

 

JJ仕様のメインベース。

f:id:bakibakibass:20170207225230j:plain

 

1ハムバッカー仕様。

f:id:bakibakibass:20180706231455j:plain

 

そしてこのフレットレス。

f:id:bakibakibass:20170210164117j:plain

 

PUや木材の違いはあれどシェイプは同じ。

重量に大差もなくネックの握りもほぼ同様。

ゴトーのペグとヒップショップのブリッジも共通。

 

これ、本当に楽なんですよね。

いちいち感覚を切り替える必要がないのは助かります。

 

以前とは異なり今は一本の楽器を弾きこみたいスタイルになっている自分。

これだけ共通項があると持ち替えの違和感がなくて実にありがたい。

 

なんなら弦の使いまわしが可能なのも美味しいポイント。

ヒップショットは穴に通すタイプではないので外すのも簡単。

「こいつには合わなかったけどこっちならどうだ?」なんて実験も楽々。

 

三本所有しながらも一本をより深く追及できる感覚があって面白い。

 

「フレットレス=特殊特別」である必要はなし

 

フレットレスベースが好きな一方、感覚的にまったくの別物が欲しいのかと言うと、それはちょっと違うかなとも感じる自分。

 

フレットレス=ジャズとか、マイルド・ソフトみたいなイメージに固執したくないのもありますし、音の立ち上がりから何から露骨に異なってしまうようだと困るタイプです。

 

完全なる別物を使用、気分も感覚もまるっきり変えたいと望むのも分かるんですが、性格が災いしてか、この方向を行くとすぐ飽きちゃうのがまずい。

 

その出音に心底惚れこんでいるジラウドのW-BASSクラスなら話は別になるけれど、ちょっと良いぐらいでは長く所有するにはかなり厳しい。

 

シェイプもセットアップも出音もニュアンスも全てが異なるフレットレスだと正直、自分が持つには向いてないだろうと痛感する次第。

 

・いちいち感覚を切り替えるのは面倒

・立ち上がりがあまりに遅いのは致命的

・スラップでも何でも好きなように弾きたい

 

こう考えていくとメインのベースと大差ない方が絶対に相性が良い。

無理にアコースティックな仕様にする必要もなければ、完全別シェイプを求める理由もなし。

 

要するにジラウドのJ-BASS、ブラッククラウドでいいじゃないかと。

変化を許容するにしてもジャズベース、フェンダースタイルまでかもしれません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

「高級特別=最高に良い=合う」とは限らない楽器の奥深さ

 

これについてはブラッククラウドですら例外ではなく、音的な好みだけで言うならば、ジラウドのメビウスJBのフレットレスの方が好きだったりするのが面白い。

 

「良いジャズベのフレットレスが欲しい!」と望むのであれば、間違いなくこっちの方が希望通りに応えてくれます。

 

f:id:bakibakibass:20170218005743j:plain

 

一方、メインベースから比較した場合、ローBがないことはもちろん、かなり軽い音質に感じたり、楽器自体も華奢に思えたり、どうにも違和感があるのも正直な話。 

 

この楽器単体で考えた場合、「最高に好きな音がする一本!」と断言することができるけど、相性的に完璧に当てはまるかどうかは何ともかんとも。

 

4弦なこともあり、弾いててものすごく楽に感じるのですが、それがメインの方への違和感を生んでしまう原因にもなりかねなかったり、このあたりの皮肉と言うか不協和音と言うか、実に不思議なものを感じます。

 

「共通項が多いと新鮮味がなくて嫌だ!」となる人がいるのも分かりますし、実際、これだけ同シェイプの楽器を持ってるのはどうなんだろうと思う面があるのも確か。

 

ただ、前述した通り、変に凝ったり別物にしすぎると、自分の場合はすぐ飽きてしまい手放すのがパターンだった次第。

 

これは本当、好みと性格としか言い様がないですよね。

何が合うのか、どんな道を行くのがベストなのか、その人じゃないと分からない。

と言うか、そのひと本人だったとしても分かってない可能性も高いのが恐らく現実。

 

他社のオーダメイドで何本か作ってもらったこともあったり、試奏も相当な数やってきましたが、今のこのブラッククラウド三本の安定不動っぷりったらありません。

 

改造欲が湧くことはあっても本体を手放すことには意味を見い出せないのが凄い。

これだけ馴染んでフィットする楽器はなかったですね。

 

アトロポス、ラキシス、クローソーと三姉妹揃ってるって感じです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com