Jiraud Black Cloud 5 Fretless (5) アクティブバランサー内蔵・2トーンネオパッシブ仕様

ジラウド ブラッククラウド 5弦フレットレス (5)

 

 

バッファ内蔵バランサー

 

ジラウドオリジナルの高性能バッファ【アクセラレータ】

それを二基内蔵しているのが【アクティブバランサー】

 

フロントPUとリアPU、それぞれ最短でローインピーダンス化。

2つのPUの信号を劣化なく自在にミックス、出力できる凄いやつ。

 

そのままクリアに出力するのも良いけれど、美味しいのはそれだけではなし。

 

『ネオパッシブ』

 

実にジラウドならではの仕様。

シンプルかつユニーク、実用的に使うことができます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ハイファイだけじゃなし 甘く美味しいネオパッシブ

 

「PUの信号を劣化なく出力する」

 

レンジを広くするにも音抜けを良くするにも非常に有効、合理的なこの答え。

このあたりの処理が滅茶苦茶なために苦労を強いられる楽器もあると感じます。

 

一方、クリアなほど良いのかと言うと、そうとは限らないのが音の世界。

上から下まで煌びやかに全部出ていれば理想的なのか?

それをよしと思わない人が多くいたとしても何も不思議ではありません。

 

特にフレットレスにおいてはその傾向が強くなる面があるでしょう。

フレッテッドとの差別化の意味でも甘いサウンドとニュアンスが欲しくなるもの。

 

そこで美味しいのがジラウドのネオパッシブ。

バッファに通す前にパッシブトーンを挟むことができるのが大きな特徴。

 

クリアなサウンドで行くもよし。

あえて甘くするもよし。

ハイファイもローファイもスイッチで簡単に切り替え可能。

 

いずれを選択してもバッファを通すことにはなる為、出力は安定化されているのが大きな強み。

入力インピーダンスの低いアンプに遭遇したとしても、安心して鳴らすことができます。

 

プリアンプは通していない。

だからこそパッシブらしさを活かすことができる。

 

パッシブはいいけど不安要素も多い。

だからこそバッファを通して全部届けられるようにする。

 

ネーミングといい、ちょっとややこしい面もあるこのネオパッシブ。

その実、目的は非常に明確、分かりやすく美味しい仕様だと実感させられます。

 

ネオパッシブ実験動画

 

バキバキスラップサウンド

 

『PUの信号を最短でローインピーダンス化』

 

この効果を分かりやすく絶大に感じるのは、プリアンプを通してEQを使用した際。

EQの効きがそれはそれは凄いことになる為、積極的な音づくりをするに大活躍してくれます。

 

特に強烈な効果があるのはジラウドのプリアンプ【JFDT-C】

そのスラップモードのすさまじさったらありません。

数年張りっぱなしの弦でもバッキバキにすることだって可能。

音だけ聴くとフレットレスとは思えないようなサウンドにすらなります。

 

www.youtube.com

 

甘いもバキバキも自由自在

 

上記のスラップセッティングとネオパッシブの組み合わせで面白いのは、パッシブトーンを入れれば一瞬で音を甘くすることができるということ。

 

パッシブトーンをあらかじめ絞っておく効果は実に強力。

 

プリアンプよりもバッファよりも以前、完全パッシブの段階で甘くハイカットしている為、バキバキセッティングも形無し。

 

問答無用で音を甘くすることが可能。

 

いかにもフレットレスなサウンド、フレッテッド顔負けのサウンド、スイッチとセッティング次第で簡単に切り替えることができます。

 

www.youtube.com

 

2トーンによるサウンドバリエーション

 

通常、パッシブトーンは1個だけ通っていることが常識。

 

初期のジャズベは2トーンだったようですが、扱いづらく不評だったのか、かなり早い段階で1トーンに変更されています。

 

音抜け、音痩せの問題もあったのかもしれませんし、いずれにせよ、2トーンという仕様はほとんど馴染みないものではないかと想像。

 

そこで活躍するのがアクティブバランサー。

冒頭でも語った通り、劣化なく2PUをミックスできる凄いやつ。

これを活かすことでユニークな音づくりとセッティングが可能になります。

 

バランサーをセンターに固定したままの状態で片方のトーンを絞ってみるとこれが楽しい。

 

たとえば、フロントPUのトーンをオールカットしてリアのトーンは全開。

このセッティングにしてみるとリアのキャラを強く出しつつ、そこにフロントの甘さと太さが残るという感じの音に。

 

逆にフロントのトーンを全開、リアをオールカットの場合、あまり聴いたことのない新種のサウンドになる感じで面白い。

 

バランサーを使わずともトーンの操作でキャラクターを変えることが可能。

これも2トーンネオパッシブならではの大きな魅力の一つ。

プリアンプなしでも実に幅広い音づくりを可能にしてくれます。

 

www.youtube.com

 

パッシブトーンのON\OFF、ツマミの調整だけでもかなりのサウンドバリエーションを実現できますが、ここにアクティブバランサーの絶妙なミックスが加わることになりますから、本当に恐ろしいほど自由に音づくりが可能です。

 

自分自身、まだまだ分かってないことがあり、いまだに発見があったりします。

 

【スポンサーリンク】
 

 

どんな好みでもどう使っても美味しいネオパッシブ

 

上記の動画と解説から想像するに、

 

「あまり幅広いとかえって混乱する」

 

こんな違和感や抵抗を覚える人もいるのではないかと思います。

 

実際、フル活用するには結構な修練が必要になると感じるところ。

仕組みもバリエーションも理解しておかなければ、どうセッティングしていいか迷うことになりそう。

 

一見は魅力的な言葉

 

『何でも出来る』

 

その自由度に呑みこまれる可能性もあるから怖い。

 

でも自分が考えるにネオパッシブの何がいいかって、

 

『欲張らずに済む』

 

基本はここにあることだと感じます。

 

前述したバキバキサウンドにしても、極端にブーストしているからああなっているのであって、素の音そのものについては意外なほど地味であるのが事実。

 

『ネオパッシブ』の名の通り、プリアンプは搭載していない為、楽器本体でEQをブーストすることはできません。

 

あの音は外部で激変させた結果であり、それにしっかり応えてくれることが素晴らしいわけですね。

 

インピーダンスの処理がぐちゃぐちゃ、どうやっても大した変化が起きない、固定された一つの音しか出せないのとはまったく異なります。

 

一方、複雑な要素がいらないのであれば、バッシブさながらにそのまま出せば何も問題なし。

どうやって音づくりするか悩むのが嫌いだったら、タッチだけで勝負すればよし。

 

要するに、

 

『何もしない自由』

 

これを選べるのもネオパッシブの魅力なのだと自分は認識しています。

 

最初から自由が存在しないのとはまったく異なる、選択を許される素晴らしさ。

それを可能にしてくれる意味は本当に大きいものだと実感する次第。

 

単にシンプルなだけという世界とは異なる羽ばたきも見せられるネオパッシブ。

地味にも派手にもどう使っても美味しい凄い仕様です。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com