不要・不毛・無駄な楽器物欲を抑える方法、思考と習慣を考える

物欲のコントロール

 

わざとなぐらいに物欲を高まらせていたりするここ最近。

 

何度か話していますが、4弦欲が暴走気味になりつつある自分。

せっかくなんだから絶対に外さない一本、欲望の詰まった楽器にしようとたくらんでいます。

 

一方、不要な物欲まで高まるのを良しとしないのも本音。

隣の芝生は何とやらもよろしくありません。

あれも欲しいこれも欲しいはいかんぞと戒めたい。

 

そこで今回、物欲を抑える方向の話をしたくなった次第。

ちょっと冷静にリセットをしたくなりました。

 

 

物欲を制御する為に

 

【情報を遮断 見なければいい 聞かなきゃいい

  

嫌でも情報が流れてくるこの時代。

楽器を弾いててSNSもやっているならば当然見るであろう光景。

 

「My New Gear !!」

f:id:bakibakibass:20180317034823j:plain


これの威力って半端じゃないですよね。

それが好みの楽器じゃなかったとしても心動いてしまうものがあります。

 

「一生物!」

「念願叶った!」

「自分へのご褒美!」

 

こういう言葉は実に危険極まりない。

 

その喜びの大きさが伝わってくるほど、

 

「俺も!!」

 

なんて気分になってきてしまいます。

 

TVCM、雑誌、SNS、日常生活。

ありとあらゆるところで物欲を刺激されるのが世の常。

 

正直、その全てを遮断するのは困難極まりない、ほぼ不可能だとも思うのも本音。

情報を断ち切るには相当な覚悟が必要だと感じるところ。

 

しかし、そうと諦めてしまっては今後も同じ道を辿るだけになる可能性がある。

下手すれば一生、消費の渦に巻き込まれたまま抜け出せなくなってしまう。

 

ちょっと極端なようですが、

 

・楽器販売サイトを一切見ない

・オークションサイトを一切見ない

・テレビも雑誌も動画も一切見ない

 

こうするだけでも物欲はかなり変わってくるんじゃないかと。

 

「物欲を根絶したい!」というレベルまで行くとなると、

 

ネットをやめる!

 

こんな選択肢も必要になってくるでしょう。

 

良くも悪くも情報が溢れていて簡単に手にも入ってしまう時代。

 

「嫌なら見るな!」ではなく、

 

好きだから見ない

 

あえてこう判断することも大事かもしれません。

甘く楽しく購買意欲を刺激されるのは非常に怖い。

 

中途半端な『好き』を集めて一杯一杯になってしまうのも考えもの。

肝心の部分が薄く粗末になってしまうのは悲劇でもあります。

 

【スポンサーリンク】

 

 

【世間に無関心になる 負の情報を遮断する

 

いきなり何じゃそりゃって話。

でも本当、これは凄く重要なことだと考えます。

 

世の中、クソみたいなニュースばかり。

不祥事、犯罪、政治不信など、目にしない日、耳にしない日などありません。

情報を意図的に歪めて流すなんてのも当然のごとく。

 

誰かが公開謝罪してるなんてのも日常茶飯事。 

炎上ってやつがどこかで起きているのも常。

顔も声もまったく知らない誰かの怒りに同調してる人も大勢いる様子。

 

こっちが興味なかろうが問答無用。

嫌でも情報が流れてくるから厄介。

 

これの何が問題かって、

 

『一方的にストレスを植え付けられる』

 

負の感情を蓄積させられていくから恐ろしい。

 

人間、嫌なことがあると忘れたくなります。

ぱ~っと遊んで晴れやかな気分になりたくなります。

あれも欲しいこれも欲しいとなっちゃいます。

 

リアルで嫌な思いをしてネットの世界でも不快になる。

加えて自分から負の世界に飛び込んでいくのはあまりに不毛。

想像以上に深刻な問題だと考えるところ。

 

これじゃお金使いたくなっちゃうのも無理はない。

いつも誰かに欲望をコントロールされ続けることにもなりかねない。

絶対と言っていいレベルで物欲からは解放されないだろうなと。

 

人生、嫌なことも大変なことも付きものだからこそ思い直してみるべき。

 

・ストレスばかりが満ちていないか?

・ストレス収集装置&拡散装置になっていないか?

・ストレス自体がもはや娯楽になっていないか?

 

その解放の術が買い物、物欲発散というのはある種の地獄絵図。

 

事情もよく分からず変に正義感を刺激されたり、遊びのように処刑を求めたり、それは何かが狂っていると感じるところ。

 

「無関心」と言うと言葉が悪いようですが、負の渦に巻き込まれるぐらいだったら切り捨てた方がマシなものは沢山存在するはず。

 

負の情報を遮断

 

欲望を刺激されないためには大事ですね。

 

前述したネット断ち、楽器販売サイトを見ないようにするのとも繋がりますが、変なブックマークを削除するだけでも絶対違います。

 

真面目な話、決まったサイトを見ることを生活習慣とか反射レベルで刷り込んでしまうと、考えるより先にクリックしちゃってたりするから怖い。

 

特に理由がないが何となく気になる、ついつい見てしまうそんな状態。

ブックマークを消しても検索して見てしまうようなら重症。

 

人をどうしたら不快にできるか?

欲望を刺激できるか?

負の感情を支配コントロールできるか?

そんな方向に特化した人間と場には近寄らない方がよい。

 

あまりにお手軽に見れて障害もないからこそ切り離すのが難しい。

魅力的で面白いだけにめちゃくちゃタチが悪い。

そこに魅入られてしまっているのは実に危険な兆候だと考えます。

 

【好きなもの・嫌いなものをはっきりさせる

 

自分の嫌いなベースをはっきりさせるのであれば、

 

・24フレット以上

・木材を貼り合わせすぎ

・ジョイントが貧弱

・PUもプリも癖が強すぎる

・レスポンスが鈍重

 

こういう感じにまとめられます。

 

幸か不幸か、かなりの数のベースが購入条件から外れる為、楽器販売サイトを見ても誰かが何かを買っても、物欲を刺激されにくい面がありますね。

 

「ハイエンドだ~!すっげぇ!みたいな気持ちも湧かずに見流すことができます。

 

一方、好きなベースは何か?

 

・タッチコントロールが楽しい

・レスポンスが高速

・弾いたそのままが出る

・ボディがよく鳴る

・弾けば弾くほど音が良くなる

 

こういう感じ。

 

これの何が良いって、音色やキャラクターを楽器の方に依存しなくても済むこと。

 

「自分で何とかせぇや」

 

こう丸投げされるのが面白い。

要するに自分が上手くなるしかないと。

 

この方向性で考えていくと魅力的に映るのは頑丈なフェンダー系。

ジャズベとプレベが基本、シンプルな方が良い。

色はサンバーストかオイル仕上げが好き。

 

そこにさらに独自のノウハウを詰め込んであるベースということで自分にとってベストだったのがジラウドだった次第。

 

他に真似できるところもないので目移りせずに済みます。

フェンダーシェイプも作ってるから無理に他を見る必要もありません。

独自性の強い個人工房なだけに偏屈なオタクマインドも満足させられます。

 

「ジラウドが一番良かった!」と自分の中で結論が出ているので楽ですね。

 

まぁ、そのジラウドの中だけでもさらなる物欲を刺激されてしまう問題はありますが、それでもやはり、数えきれないぐらいの数の会社のベースを把握するよりはブレずに一本道で済みます。

 

色々と曖昧なまま『何か』を求め続けるというのは結構辛い。

この『何か』の正体が謎なままだと満足感も一時的なもので終わったりして苦しい。

 

自己分析と言うと哲学的だったり難しく感じてしまいますが、

 

「かっけえぇ!」

「だっせぇえ!」

 

ぐらいでもいいから、好き・嫌い・苦手をはっきりさせておくのはおすすめ。

 

「ジャンル選ばずオールラウンドで便利なのがいい」みたいな選び方をすると尖がったやつが欲しくなったり、個性的なものに行きたくなったりするので、意外と物欲は抑えられないかもしれません。

 

好きな要素が詰まりまくってて自信もあるなら迷わず手を出せば良し。

逆に超嫌いなものにあえて行ってみるのも面白い。

複数の使い分けをするのなら自分の中にあるものをすっきりさせておくと色々早い。

欲しいものがはっきりすれば中途半端なものは必要なくなるはず。

 

『己を知る』

 

大事ですね。

 

【スポンサーリンク】
 

 

他人様より自分の事を知るべき

 

もう少しで600記事になるこのブログ。

 

更新三年目にも突入した身として感じるのは、

 

「俺が楽しめるブログで良かった!」

 

ということ。

 

どういうこっちゃと申しますと、 自分が一番楽しんでる身、自分が自分のブログのファンな為、人の反応がなくても続けられるということが凄く良かったと実感しています。

 

なんて言えばいいんでしょうね?

 

「新しい機材買ったよ~!」

「いいねが沢山付いた!やった!」

「反応あると楽しいなぁ~!」

 

こうならず好きにやっていけるのが良いのかなと。

よその誰かの反応欲しさに物欲を向ける、その怖さってある気がするんですよね。

 

それが必ずしも悪いってことじゃないし、むしろ重要なエネルギー源、モチベーションにもなる部分なんだろうけど、でもやっぱり、変な方向に行っちゃうと色々削られていくようになると感じます。

 

ブログ記事を沢山書いてきた自分。

その間、手に入れた機材も当然あり。

自分で書いて自分で物欲を刺激したのも否定できません。

 

ただ、他人を気にせず自分の本当に欲しいもの、必要な機能を判断するという、そこをブログを書き続けることによってだいぶ助けられたように思います。

 

「もっと良い物が欲しい!」となる気持ちは分かりますが、言葉は悪いけどそれって『いいカモ』になるんじゃないかって気もしちゃいますよね。

 

求める要素を冷静に判断、目的のために必要な道具を揃える。

的確に実行できるようになると、無駄な出費はかなり抑えられることを実感。

 

よく分からない謎なブランドの製品を入手することに快感を覚えたり、そういった部分に個性を見い出そうとするのは個人的にはあまり好ましくない。

 

見栄がまったくないってのも寂しいかもしれないけど、人様の反応や優越感ばかりを気にしていくのは不毛に見えてしまうところ。

 

また、人様の素晴らしさを自らに求めるのは厳しいことだと自覚するのも大事だと痛感。

 

素晴らしいサウンドとプレイと出会うとついつい「俺も!」となってしまいますが、それによって肝心な部分が薄まり高められなくなってしまうのは問題。

 

なかなか難しいですが、

 

『自分に出来る事と必要な道具を理解する』

 

これを何とかして掴むべき。

 

後は、

 

『今使っている道具の限界を見極める』

 

これも凄く大切だと考えます。

 

工夫が先行せず道具の方ばかりに目が行ってしまうようだとやはり、物欲と消費の渦からは抜け出せなそうで怖い。

 

どうしてもこう、堅苦しく面倒な話になっちゃいますが、そこで「何も考えたくない!」となってしまうのもストレス蓄積の傾向、発散を渇望する状態なのかと思わなくもなかったり。

 

・負を生み出すものの正体を知りなるべく距離を置く

・負の感情が蓄積しないように生活習慣を変える

・負の情報を流しこまれるより自ら楽しい情報を発信する

 

こうして言葉にしてみるだけでも認識が変わります。

 

と、こんなことをじっくり考えられるのもブログの良いところ。

もっと言えば、本音に向き合う日記や記録帳があるのも良いんじゃないかと。

物欲はあって当然、だからこそ本当に必要なものを理解することが大事。

 

安易に中古に飛びつくのはやめる。

半端でおかしな買い物はしないようにする 

一時の気分を満たすためではなく人生の役に立つ存在を見極める。

 

つまらない欲望を上手くコントロールして大きな喜びの方を得たいですね。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com