ベースに向いてる・向いてない手の大きさ、指の長さ・短さって何だろう?

ベースと手のサイズ

 

考えても無駄

 

結論これですよね。

どんなに恨んだって嘆いたってしゃーない。

変えようがないもんはどうにもならない。

 

自分はこのへん、ミシェル・ペトルチアーニの姿を見て悩むのをやめました。

彼の音楽だけを聴くならば、その身体の想像なんてまったく付かないでしょう。

そんな安っぽい次元のプレイヤー、音楽家ではない。

 

「ハンデがあっても頑張ってるのね!」みたいな安っぽい同情心なんか湧きません。

こんな発想や偏見すら生まれない凄み、芸術性がペトルチアーニには存在している。

 

他にもジャンゴ・ラインハルト、XのTAIJIさん、ブラックサバスのトニー・アイオミなど、致命的とも思われる指のハンディキャップを抱えながらも素晴らしい演奏を実現してる人が現実としています。

 

デフレパードのドラムのリック・アレン。

なんと隻腕、片腕でドラムを叩いています。 

 

彼らに対し才能が違うだのお涙頂戴だの言うのはアホすぎるというもの。

 

五体満足な時点で十分。

できないことがあるなら練習すればいい。

今あるものを使うしかありません。

 

選択肢も限りなく存在する世界。

たった一つの理想、絵空事にだけ執着するのも疑問。

都合のいい究極の肉体に生まれることに期待しても無駄。

 

厳しい現実も無視できない

 

根性論、精神論が先行したようですが、そこで止まるのは嫌いなタイプのわたくし。

現実問題、手が小さいと厳しくなる事というのは存在しています。

 

自分が嘆くことを一つ挙げるならば、好きなコードボイシングを実現するのが非常に困難というのはありますね。

 

たとえば、4弦12F・3弦14F・2弦16F・1弦13Fを押さえたコードプレイ。

非常にお気に入りなんですが、ま~、自分の手じゃきついんですよねこれ。

ちょっと下のフレットでやるとすぐ実現不能になってきてしまいます。

 

ギタリストの場合、アラン・ホールズワースのコピーなんかをしてみると、そのどうにもならなさに苦しむのではないかと想像。

 

ライブ後に握手をしてもらったことがありますが、自分の人生においてあんな巨大な手の持ち主に会った経験は他にありませんでした。

 

握手をするつもりが自分の手がすっぽり隠れてしまう。

大げさではなく、それぐらいの違いだった次第。

 

あの人を完全にコピーしようなんて思ったら、そりゃもうとんでもない大ごとです。

「手の大きさは関係ない!」とか言ってられないですよね。

 

どうしたって苦しい状況、厳しい現実を直視するしかありません。

 

【スポンサーリンク】

 

 

身体で劣るなら技を高め工夫することが大事

 

ホールズワースのコピーに大苦戦したエディ・ヴァン・ヘイレン。

その彼が編み出した奏法がライトハンド、タッピングだったという話。

 

真相はどうあれ、

 

「え・・これ無理じゃね?」

「嘘だろ!?どうやってんの!?」

「うぉ・・マジで分かんねぇ・・」

 

こんな格闘をしたことが容易に想像できます。

 

そこで思いついたのが、

 

「右手も使って押さえちゃえばいいじゃん!」

 

こういうことだったとしたら凄く面白いし、素晴らしい発想ですよね。

 

どうやっても届かない、実現できる気がしない、指が足りなくすら感じる状況の中、新たな選択肢を用いてそれを高めていくという、この崇高さ。

 

まぁ、崇高なんて美談じみたものではなく、ばかばかしいノリ、くだらない実験ぐらいな気分で試した可能性もありますし、その詳細については分かりません。

 

徹底的な合理主義、冷静な判断だったとしても不思議ではない。

 

でも本当、困難に向き合い具体的に解決していくというその姿勢。

これは音楽に限った話ではなく、凄く大切なことだと思います。

 

人生、辛く苦しいことがあるのは当然。

努力は必ず報われるなんてそんな甘く綺麗な話もない。

どうやったって逃れられない現実だって存在する。

 

だからこその自分も道具も含めた合理的判断と必然性。

それを導き出すことが重要になるのだと考える次第。

 

道具の選択も大事

 

どうやっても演奏するのがきついと感じるのであれば、楽器のサイズを小さくしてみるのも有りだし、軽く扱いやすい方向を追及してみるのも良い選択肢。

 

超絶技巧のベースプレイで有名なヴィクター・ウッテンなどにしても、でっかいしんどいベースを使用していたのから一転、フォデラからすすめられた小型シェイプのベースに持ち替え、今に至るという話。

 

同じくフォデラユーザーのリンカーン・ゴーインズ、マシュー・ギャリソンなども同じく、小柄である現実を見てスケールを短くしたベースを愛用。

 

これを逃げと見るか攻めと見るかは人それぞれ。

ですが、結果として『攻め』の方に行っていると自分は感じます。

 

「より良い演奏をする為、毎日快適に演奏する為の楽器を選ぶ」

 

これというのは意外と蔑ろにされがちなことではないかと。

 

「練習あるのみ!」と意気込むのも良いですが、辛いもんは辛い。

それも一つには危険な思考停止、無駄な我慢と努力の押し付けだと思います。

 

前述のコードボイシングではありませんが、物理的に厳しい、現実的じゃない問題が立ちはだかるとなると、根性の問題ではどうにもなりません。

 

自分の場合、そんな積極的にコードを鳴らすようなベースプレイはしませんし、切って捨てても特に問題はないのも事実。

 

一方、ミディアムスケールにしたら実現できるようになることがあるのを確認してみたら、ちょっと考えさせられるものがありました。

 

・楽器を弾く側も作る側も人の体についてもっと向き合うべきなんじゃないか?

・常識や何となくで済まさずもっとやれることがあるんじゃないか?

 

こんな疑問が湧いてくるんですよね。

 

重く大きいベースが良いのは確かかもしれないけど、それを絶対視するのは違う。

自分に向けた試行錯誤が大切だと本当に痛感させられます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

結局、ベース向きの指って何?

 

「分からん!」

 

こう言うしかないなと。

 

馬鹿でかい手が有利とか、小さいからこそ小回りが利くとか、そういうことも言えそうではありますが、それも結局、考えたって無駄ですよね。

 

自分の体ってのは自分のもんでしかないわけです。

他の人の感覚なんてのは分かりません。

やっぱりあるものを使うしかない。

 

長らく1フレット1フィンガーの運指が正しいものだと思っていましたが、それが変わりつつある流れを感じる近年のベース界。

 

3フレット4フィンガーの運指を身に付けた方が合理的という意見も増えているはずですし、手が小さいならば尚更そうだと自分も同意します。

 

一方、馬鹿正直にその掟を守り、かえって合理性を失うのは疑問。

ルールの方を重視し、やりたいことを実現できないのでは本末転倒。

 

一つの方法論を絶対視したって、それが自分に合ってないのでは意味がありません。

尊敬、目標、理想、それが理にかなわずまったく当てはまらない可能性も高い。

 

結論と言うには無責任な投げっぱなしですが、

 

『最高のベース指』

 

こんなもんがあるんかいなと疑問になる次第。

生まれた時点でそれが備わってることに期待するのも意味不明。

 

「ベース弾きてえからベース弾くんだよ!」

 

これでいいじゃないかと。

 

継続は力なり。

弾き続けていれば体もそれ用に変化していきます。

 

そしてそれを使うのは他の誰でもない自分自身。

悲しむより上手く使ってあげた方が幸せというもの。

  

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com