ART SLA1 初めて買ったパワーアンプ 入門・ベースモニター構築におすすめ

ART SLA1 パワーアンプ

f:id:bakibakibass:20190107034731j:plain

 

初めてのパワーアンプ

 

「もうベースアンプは嫌だ!」

「もっと素直なシステムにしたい!」

「クリーンな音でタッチを鍛えたい!」

 

こんな不満と希望が爆発した20代前半。

 

ジラウドの究極のプリアンプ【JFDT-HA】を手に入れていたことも手伝い、ベーアンから解放されたい一心でもありました。

 

実際、このSLA1とJFDT-HAに加え、エピファニのスピーカーを揃えて鳴らした時は感動しましたね。

 

今までのベーアン探しはなんだったのか、これまでの音はゴミだったのか、俺はこれが欲しかったんだと虚無と歓喜が同時に押し寄せてくることに。

 

こうなるともう、ちまたのアクティブ回路とかも使えなくなっちゃいます。

変なものを通さず、パッシブで鳴らした方が遥かに良い。

いかに余計な遠回りになるか、音を濁らせるか、それを思い知りました。

 

ちゃんとしたシステムを揃えた瞬間、タッチとの向き合い方、練習の密度が比較にならないほど向上したのを実感。

 

そしてこれは、ベースアンプへの興味を失った瞬間でもあった次第です。

 

SLA-1の解説の前にD級アンプについて

 

昨今、楽器用アンプの世界を席巻しつつあるD級アンプ。

 

専門的なことは分かりませんが、とりあえず『小さく軽くなる方式』と認識しておけば分かりやすいんじゃないかと。

 

ものすごく便利かつ高性能なものまでありますし、自分も【アコースティックイメージ】のヘッドを所有していたことがあります。

 

多機能、高性能、大出量で重さ2kgという、昔では考えられない存在。

クリーンで癖のないアンプを探すのだったら、これを手に入れておけば安心。 

アコイメとハイファイなスピーカーのシステムがあれば、それだけでも十分。

 

エレクトリック、アコースティック問わずの特性と懐の広さ。

こんな便利で凄いアンプがあるのかと驚かされます。

 

ACOUSTIC IMAGE Clarus Series 4PLUS

ACOUSTIC IMAGE Clarus Series 4PLUS

 

SLA1の魅力

 

アコイメが素晴らしいアンプであるのは間違いない一方、 D級アンプ特有の弱点と申しますか、どうしても特性的に不利になってしまう面があるのは否定できません。

 

音の立ち上がり、レスポンス、歯切れ、押し出しなど、D級アンプはこのへんがちょっとなまっちゃうような印象があるんですよね。

 

それも好みの問題はあるのですが、独特のコンプ感と引っこみのようななものがあるような気がしてしまう為、個人的にはそれがあまり好きになれない点だったりします。

 

そこでSLA1の登場。

 

高さは1Uで重さは6kg。

出力は100W×2のステレオ。

もしくはモノラル260Wで鳴らすことも可能。

 

昨今のアンプと比較したら大きく重い扱いになってしまうかもしれませんが、トランスを積んだパワーアンプとして考えれば、このサイズはなかなか破格なものがあるんじゃないかと。

 

前述のアコイメのプリアンプ部をスルーしてJFDT-HAを鳴らしていたことなんかもありますが、正直、このSLA1を通して鳴らす方が自分は好きでした。

 

アコイメの他にもD級アンプを所有していましたが、それもやはり、音的な部分で比較したらSLA1の方が好みでしたね。

 

小さいながらもトロイダルトランス仕様。

大きすぎない出力、ピーキーすぎることもなく扱いやすかったアンプ。

5万円もしないで入手可能というのも美味しいポイント。

 

ベースアンプからの脱却に一役も二役も買ってくれました。 

 ART SLA1

 ART SLA1

 

現在はSLA2を使用

 

SLA1が扱いやすいアンプである一方、

 

「最大280Wではちょっと心もとない」

「もっと余裕もガッツも欲しい」

「遠慮なく鳴らせるようにしたい」 

 

こんなモヤモヤ感が出てくるのも正直なところ。

 

そこで自分が手に入れたのが同じくARTのパワーアンプ。

 

【SLA2】

 

SLA1の大出力版になります。

 

高さは1Uのまま、重量は9kgに。

出力は倍の200W×2のステレオ仕様。

またはモノラル560Wにすることも可能。

 

実に分かりやすい完全なスケールアップバージョンですね。

SLA1に物足りなさを感じるなら、こっちの方がおすすめ。

 

ただ、奥行きがかなり増すことに加え、重量が増えてしまう点も間違いない為、全ての面においてこちらの方が優れているとは言えない部分もあります。

 

SLA1にはSLA1の良さがあるとも判断できますし、このあたりの目的用途についてはやはり、自分自身で判断していくしかありません。

 

たとえば、多目的なモニター用にSLA1。

ベース専用にSLA2なんて使い分けも有りではないかと。

 ART SLA2

 ART SLA2

 

大穴か本命か? 気になるCLASSIC PRO

 

激安の殿堂クラシックプロ。

 

昔を考えればARTでも十分に価格破壊しているように思えますが、こちらはさらにとんでもない、さすがのブッ飛ばしっぷり。

 

その中でも気になるのは【CP400】というモデル。

 

高さは1Uで重さは6.6kg。

出力は100W×2のステレオ。

もしくはブリッジモノラルで260W。

 

「ってこれSLA1とほぼ同じスペックやんけ!」

とツッコミたく仕様が面白い。

 

意識してか無意識なのかは分かりませんが、いずれにせよ、SLAシリーズと同じくトロイダルトランス仕様でしかも、こちらは2万円ぐらいで買えてしまうってのが恐ろしい。

 

正直、自分も欲しい、試したい。

実に愉快で驚異的な存在であります。 

 CLASSIC PRO CP400

CLASSIC PRO CP400

 

ベースアンプの物欲よさらば

 

この記事上でもそうですし、ブログ上で何度も言っていること。

色々試してきた結果、ベースアンプの異常な癖と鈍重さを受け入れがたくなっている自分。

 

優れたプリアンプを所有しているなら尚更ですね。

この気持ちよさを全力でスポイルするとか、有り得ない選択肢だなと。

 

ベーアンが欲しくなるとしたら、求める要素はとにかく超絶軽量であること。

または、たまに食べたくなるジャンクフードみたいな扱いになりそうです。

 

手軽に鳴らしたいのであれば、ミキサー+パワーアンプ+PAスピーカー or スタジオモニターでも良いと思いますし、こだわるならマイクプリを探してみるのも有り。

 

マイクプリに関しては自分はジラウドのJFDT-HAを所有していますし、それをさらに上回る特性の同社のDr.Simしか候補は見えていません。

 

金銭的なことを考えても今の時代、PAシステムがとんでもない値段で買えちゃいますし、もう本当、ベースアンプはほぼ興味の対象外になっている次第。

 

知らないとなかなか手を出しにくい分野でもありますが、PA用のパワーアンプとスピーカーに手を出してみるのは本当におすすめ。

 

「PAなんて嘘の音だ!本物のベースの音じゃない!」なんて言うんだったら、大音量の会場でお客さんが聴いてる音は何なんだって話になってしまいます。

 

ちなみにですが、自分が所有していたSLA1の前所有者はギタリスト。

ラックのアンプシミュレーター+SLA1の組み合わせ。

それをマーシャルのキャビにブッ込んで爆音出してました。

 

真空管が嫌い、ソリッドな特性が好きがという、そこにPA用パワーアンプが絶妙にマッチしてしまっていたのだから面白い。

 

昨今、オーディオマニアがPAシステムに目を付けたりなんかもしているようですし、自分の持っている音源をあらためて鳴らしてみるのも発見があって楽しいですよ。

 

SLAのサイズと重量が良いのは『手放すにも楽』だというのがありますね。

 

20kgクラスとかそこを軽く超えるようなアンプは扱いが大変。

お買い得品があったと安易に手を出すと大変なことになります。

 

と言うか、なりました・・・・

 

そんなこんな、慣れない分野ではあるかもしれませんが、いざ魅力が分かれば断然こっち派になってしまう可能性を秘めているのは間違いありません。

 

自分のサウンド、タッチを磨き上げていくにも、素晴らしい選択肢になってくれます。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com