ベース弾いてて悩み続けた事 『ひょこひょこしてる』の改善

ひょこひょこしてる・その謎と改善

 

 

今でも記憶に残る言葉

 

音楽学校時代、ベースの先生に言われた印象深い一言。

 

「お前って上手いんだけどさぁ・・」

 

「何かひょこひょこしてんだよな」

 

謎に思われそうなこの表現。

しかしま~、この言葉には本当に衝撃が走りましたね。

 

自分が抱いている違和感、疑問を完璧に指摘しているものだと仰天した次第。

嫌な気分になどまったくならないレベルの弱点を教えてもらったなと。

 

実際、自分のライブ映像とかを見直してみると、

 

「あ・・ひょこひょこしてる・・」

 

確認する度に残念な気分に。

 

何か見てて格好悪い、落ち着きがない、無理してる。

あの時の指摘そのものだと苦悩し続けました。

 

ひょこひょこの正体

 

最近になってようやく分かってきた感があるこの『ひょこひょこ』

 

一体何が悪かったか?

 

・つま先に体重を乗せすぎていた

・かかとが浮きやすくなっていた

 

これが非常に大きかったのだと考えました。

 

「ステップできるように!」

「動きやすいように!」

「もっとライブで存在感を!」

 

こう意識し続けていた結果、皮肉にも重心がふらふらになっていたのだと痛感。

 

極端に言えば、つま先立ちばかりになっている感じ。

そりゃ、必然的に姿勢が斜めにもなってしまう。

要するに、体の使い方が下手だったわけですね。

 

楽器を安定させるどころか、それを弾く本人がふわふわしたままになっているという、なんともお粗末な話。

 

下半身が安定してないのに無理して弾こうとするもんだから、上半身の方をカッチカチに固めてしまっていたんだろうとも振り返る次第。

 

猫背も誘発したり、不自然な筋肉の使い方になったり、実際、それで体を壊しました。

 

もっと言えば、精神的な余裕もないあらわれだったのがよく分かります。

 

・大した実力もないのに粋がってる

・ノッてる感を演出しようとする

・いかにも楽しんでるげに無理してる

・自分のことにだけ集中している

 

そんな嘘臭さが出ていたのが『ひょこひょこ』の正体なんだろうなと。

音楽を楽しむどころではなく、狭い狭い部分しか見えていませんでした。

 

芯も軸も全然なかったと反省。

 

【スポンサーリンク】

 

 

自分に何が出来るか向き合う

 

『小太りで背も低い髭のおっさん』

 

この現実から見るに、華やかに動こうとしたって無駄だと気付いた自分。

 

スター性、カリスマ性、エンタメ性など皆無。

そこで張り切っても高が知れてる、伸びしろもないなと。

 

そう考えた結果、

 

「じゃあドッシリ構えてみるか」

 

そう意識し始めたら結果も評判も良好に。

自分としても明らかにこっちの方が向いているのが分かりました。

 

「体を動かすな!」とか「直立しろ!」ということではなく、不自然な頑張りとか下手くそなノッてるぜ感の演出、意識をやめたわけですね。

 

どんだけ持ってないもので勝負しようとしていたのか、実を結ばない努力を心掛けていたのか、それに気付くのもなかなか複雑なものがあるのも確か。

 

でも本当、人間には向き不向きってやつがあるのだと痛感した次第です。

 

かかとがぴょこぴょこするような体の動かし方は自分にとっては明らかなマイナス。

これは以前、友人のギタリストにベースを教えた時にも伝えたこと。

 

自らもフォームも楽器も安定しないという、その状態が悪い方に出るとベースは多くの意味で弱く軽くなってしまってよろしくない。

 

ちょっとした意識や姿勢でも意外なほど変わってしまうのが演奏。

恥も失敗も遠回りも糧にしていくが吉。

 

一つの教えが正しいとは限らない

 

体を動かしながら楽器を弾くことを意識し始めたのは、また別の先生からダメ出しをされたのが大きなきっかけでした。

 

「お前の演奏は根本的につまらん」

「ステップもできずに何がグルーブだ」

「もっと体動かして弾け」

 

口酸っぱく言われ続けたものです。

 

そして体を動かすことを意識していった結果、演奏の評価も上がりその手応えも実感できた為、疑いなく「こっちの方が良い!」と思うに至ることに。

 

一方で、「ひょこひょこしてる」なんてズバリ直撃のヒットをもらったり、その違和感に気付いてもいたり、この困惑っぷりったらなかったですね。

 

冷静に考えた場合、下手くそなりのステップとか自分に向けるだけの鼓舞とか、そんなものが役に立つはずがない、クオリティが高くなるわけもない。

 

しかし、当時のお子様な自分じゃそんなことには気付けませんでした。

 

「これやった方が絶対良いんだ!」なんて思いこんじゃう、いっ時その場で褒められたことで調子に乗ってしまうという。何とも視野狭く幼稚な話。

 

学校を卒業してもその気分とかノリがしばらく抜けなかったのか、『お勉強的スタイル』みたいなことばっかりやってましたし、そんなんでかっこよくなるわけもないですよね。

 

「絶対的に正しいのはどちらか?」なんて話ではなく、自分で答えを見つけない限り、見つけようとしない限り、前には進めないものだと痛感。

 

メタルで得た大きなヒント

 

自分の中でまた大きな気付きになったのは、メタルバンドのサポートをした際のこと。

 

「どうやったら速い刻みを安定させられるか・・」

「スタミナをロスせずに最後までやり遂げるには・・」

 

メタルバンド初心者だった自分。

こんな苦悩を抱えて思いついたのが、

 

「俺も足広げてみっか」

 

悪ふざけ気分でやった実験。

 

ところがま~、これ、マジでびっくりましたね、

 

「あれ?こっちの方が安定しね?」

「突っ立ってるより楽じゃね?」

「音も太くなってね?強くなってね?」

 

軽い気分から一転、大きなヒントを掴むことに。

 

体力を使わないように直立に近い状態で弾こうとか、それで楽になるわけがない。

直立が安定した姿勢であるかと言うと、それは明らかに違う。

安定させるなら足の踏ん張りが利かなきゃいけない。

 

これは『ひょこひょこ』の改善にも繋がると手応えを得ました。

 

シリアスに悩んだって意外と結果は出ないという皮肉。

人生、何がヒントになるか、きっかけになるか分かりません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

人は人 俺は俺

 

ここでまた面白いのは、体を動かしている方が意外と疲れないってこと。

まったく動かさずにブレずにってのは自分には無理だなと。

 

校長先生のお話みたいなもんですかね?

人間、じっとしてるってのは嫌なもの、かえって苦痛を感じるもの。

 

それだったら適度に動いて遊びを加え、負担を分散した方が楽。

血行の意味でもずっと硬直させているのが良いとは思えません。

 

こう考えていく本当、何がなんだか分からなくなってきますよね。

安定云々はどこへやら、二転三転するようだけど、それも仕方なし。

絶対の正解を一つ求めているのでは解決しそうにありません。

 

行き着く先は、

 

『臨機応変』

 

適材適所に力を発揮することが大事。

 

動く時は動く。動かない時は動かない。

落ち着きも自信もなくオロオロしてるのは最悪。

 

「言われたからやった」で終わらせるのはつまらない。

「これが正しい!」と思いこみ役に立たないんじゃ意味がない。

「楽しいはずだ!」なんて自分を洗脳して誤魔化してもすぐ限界は来る。

 

自分にとって大きな壁だったこの言葉。

 

『ひょこひょこしてる』

 

長らく苦しみましたが、色々噛みしめている気がします。

 

捨てずに向き合って正解でした。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com