Sire (サイアー) Marcus Millerの現在のベース 初心者への決定打なるか?

SireとMarcus Miller

 

 

マーカス・ミラーの愛機と言ったらあのベース

 

77年のフェンダージャズベースを改造したあれ。

一生あの楽器を弾いていくんだろうと思ってた人も恐らく多いんじゃないかと。

 

ところが近年、別の会社に鞍替えしていたと知ってびっくり。

ジャズベということが共通してはいますが、だからこそ信じられないものがあります。

 

ジャズベなんてこの世界にいくらでも存在するであろう中、それを選んだ事実。 

一体、どんな楽器なんだと気にならないわけがありません。

 

言葉は悪いようですが、あのマーカスがあのジャズベを捨てたとか、過去の誰に言っても信じないものがあるんじゃないかと。

 

実際、自分でこう話していて違和感が半端じゃありません。

大げさではなく、衝撃的なニュースであると言っても過言ではないでしょう。

 

Sireの衝撃

 

まだ実際に弾いていませんが、いや、調べてみて衝撃を受けました。

まさかまさか、そんなことが有り得るのかと驚愕。

 

何が凄いって、

 

『 6万円 』

 

・・・は?って感じです。

 

廉価版と上位機種とあるのかと思いきや、どうやらそうではない。

全てのモデルが同じ値段ということはないけれど、基本的にどれも10万円以内で収まる様子。

 

どうやら完全にコストパフォーマンスで勝負する会社みたいですね。

 

どこかの個人工房製とか、そういうものを使い始めたのかと勝手に思ってましたが、色々な意味で覆されてこれまた仰天。

 

「最高の職人との出会い!」

「マーカスが認めた最強の一本!」

 

なんてイメージの方向性とはかなり異なりそうな現実。

困惑とわくわくを感じてしまいます。

 

 Sire V7 4ST Alder Black

Sire V7 4ST Alder Black

 

安物の不安をブッ飛ばした楽器を思い出す

 

どんなに良さそうな点を並べても値段を見ると正直、不安しか感じないのが本音。

と言うか良い点を並べるほど、不安が強くなるものかもしれません。

 

ただ、ここで面白いことを思い出しました。

よく考えてみたら、その手の偏見をブッ飛ばしまくった楽器について、このブログでよく触れていたなと。

 

『古いフェンダージャパンのジャズベ』

 

30年ぐらい前の定価で7万円ぐらいだったのかな?

それでも30~40万クラスの楽器をけちらしてくれた凄いやつがいました。

 

こいつには本当に参りましたね。

まさに質実剛健、使える道具、楽器そのもの。

成金趣味とか木工のハッタリなんか通用しない逸品です。

 

フェンダージャパンがこの個体と同等以上の楽器を今でも作っていたとしても、恐らく同じ価格設定で出すことはできないだろうと想像。

 

まだ実際に弾いてないので何とも言えないところではありますが、あれと同じようなものが出てきたのだとしたら、実はそこまで驚くことでもないのかなと納得してしまうものはあるかもしれません。

 

『ジャパンヴィンテージ』なんて評される楽器があるように、それに並ぶものが誕生したということなら、金額の問題で偏見を持つのは意味がないと認識をあらためさせられそうです。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

Sire V7

 

Sireの看板モデルになりそうなのがこのV7。

スペックについて簡単に分析していってみたい次第。

 

実にスタンダードな木材

 

・ボディはアルダーかアッシュ

・ネックはメイプル

・指板はローズウッドかメイプル

 

このあたりは本当、スタンダードなジャズベースのそれという感じですね。

 

アルダーについては『北アメリカアルダー』という点を強調。

アッシュは『高級スワンプアッシュのトーンウッド』とこれまた強気な印象。

 

ネックも『頑丈なハードメイプル』なんてうたっていたり、定番材の使用、直球勝負だからこそ自信ありげな様子が興味深い。

 

本体がしっかりしているほど安心なことはありません。

奇をてらわずタフにバリバリ使えることに期待したいところ。

 

サーキットはかなり欲張りスタイル

 

本体は実にシンプルな一方、サーキットの方に関しては手が込んでますね。

電池二個使用の18V駆動という点からも意気込みがありそうです。

 

スタックポットの分の数えるとツマミは全部で7個ということになるのが凄い。

並べてみると以下の構成になる模様。

 

・ボリューム&トーン

・バランサー

・トレブル

・ミドル&フリケンシー

・ベース

 

これだけでもかなりの多機能と言えますが、加えてアクティブ/パッシブの切り替えスイッチも搭載。

 

要は「至れり尽くせり」ってやつですね。

シンプルに見えて多機能バリバリな仕上がり。

 

個人的にはインピーダンスの問題がどうなってるのかと気になる点はありますし、多機能云々よりそもそものクオリティ、根本的なレスポンスと解像度がどうなのかとそこに関心がいくところ。

 

でもまぁ、そこが気に入らなかったから全部とっぱらって完全パッシブにしちゃえばいいわけですし、問題なければそのまま便利に使えそうです。

 

それこそ、以前のマーカス仕様みたいな感じにするのもファンだったら有りではないかと。

 

PUはアルニコV

 

これは個人的にはかなり嬉しいポイントですね。

パンチと食いつきの良さを求めるならやっぱりアルニコ。

 

もっと欲を言うならば、昔ながらのエナメル線の使用にも期待したいところですが、『米国製マグネットワイヤー』というだけでこの点については不明。

 

まぁ、マーカスが使うのににキレの悪い特性にするとは思えないし、音にうるさい人間もターゲットにしているはずですから、レンジがめちゃくちゃ狭いなんてこともないと想像。

 

ガッツのあるフェンダー仕様であればもうそれで十分ですよね。

これも奇をてらわず直球勝負あることに期待。

 

裏通しも可能なブリッジ

 

マーカスと言えばバダス。

絶対的というぐらいブリッジはあれのイメージ。

 

ところがSireについては、かなりシンプル寄りみたいですね。

駒は肉厚に見えるけど、物自体はいたって普通な印象。

 

裏通しも選択できるようになるので、こだわりたい人にとって嬉しいポイントになるかもしれません。

 

低音弦だけ裏通しにしたいとか、ダウンチューニングしたいとか、選択肢が増えるのは面白いポイントではないかと。

 

70年代JBのPU位置モデルも有り

 

V7の基本は60年代JBのPU位置のようですが、【V7 Vintage】というモデルではリアPUの位置が70年代仕様になる模様。

 

リアPUがブリッジ寄りになるこの仕様。

こだわりのある人にとっては重要なポイントを言えそうです。

 

ブリッジはヴィンテージの名のごとく、スパイラルタイプ。

肉厚ではなく、本当にスタンダードなスタイル。

 

個人的な印象としては、こっちこそバダスみたいなゴツイやつが良い気がしますし、黒いブロックインレイより白の方が良いと思ったりなんかもしちゃいますが、そのあたりはまぁ、好みの問題でしょうか。

 

いずれにせよ、こういった選択肢があるのも嬉しいポイントですね。

 

Sire V7 Vintage 4ST S.Ash Natural

Sire V7 Vintage 4ST S.Ash Natural

 

 5弦モデルも存在

 

驚くべきことに5弦ベースまであると来ました。

 

しかも値段がお手頃なのも同様。

見た目の安っぽさなども皆無な印象。

 

もしかしたら、Sireの中で個人的に一番気になるのはこれかもしれませんね。

 

何が面白いって、

 

『20フレット』

 

大体の場合、21フレットか24フレットに増やしちゃうものですが、いたってスタンダードな20フレット仕様。

 

僅かな差に思えそうですが、スラップにうるさい人の場合、これは結構な重要ポイントなんじゃないかと。

 

ガツン!と来る多弦ってなかなか出会えなかったりするものですから、この価格帯で仕上がりも問題なく良いようだったら、超お買い得な選択肢になる可能性がありそうです。

 

完全ノーマークだったけど、これ面白いですね~。

 

Sire V7 5ST Alder Tobacco Sunburst

Sire V7 5ST Alder Tobacco Sunburst

 

期待するのは直球勝負 初心者へおすすめできる楽器である事

 

操作性といい、サーキットには独特の癖があるだろうと予想しますが、そこは前述の通り、変えようと思えばいくらでも変更可能でしょう。

 

基本のツボを押さえた良いジャズベースであれば、いくらでも何にでも応用が利きますし、そのあたりの直球勝負に自信があるからこその売り込みなのではないかとも思います。

 

そのままバリバリ使えまくる仕上がりであれば、これは本当、楽器の選択に迷ってる初心者に凄くありがたい存在になりそうですよね、

 

何気に付属のケースがけっこう良さそうなのも好印象。

 

自分がメインで使うにはさすがに今更感がありますし、抵抗があるのが正直な話である一方、ついつい高い方に目が行ってしまいがち、手頃なものに偏見を持ってしまいがちなのは良くない点だと考えさせられます。

 

どうしてもこう、

 

「最低10万円ぐらい出せ!」

 

「30万出して本気で弾け!」

 

「50万出すのも当たり前!」

 

みたいなこと言っちゃいそうですもんね。

 

それが正しい選択、将来的には良い決断になるとしても、なかなかそう思いきれるものではないし、ましてや初心者だったら尚更というもの。

 

また、自分みたいに表面的なスペックにばかりこだわって失敗してきた人間としては、それと同じような道をたどっている人がいるとしたら、そこを何とかしたいと思ったもします。

 

こだわって高級な楽器を選んだつもりがバンドじゃ使いものにならなかったとか、この現実に打ちのめされると色々と価値観も認識も変わっていきます。

 

やっぱり、10万以下の楽器に負けるってショックですからね。

 

Sireがそれに応えてくれるものかどうかはまだ未知数ですが、手頃で良い楽器を届けたいという想いが会社とマーカスにあるのであれば、それは素直に期待をしたいところ。

 

まぁ、売り文句を信じきっちゃうのはピュアすぎるってもんですが、実際問題、ビジネスだろうがなんだろうが、6万円前後でしっかり使える楽器があるなら、こんな美味しい話はありません。

 

1万円台とかじゃさすがに不安って人も多いはずですし、本物感のある充実感を得られそうな意味でも、絶妙な値段設定であると感じます。

 

あまりに予想外な存在でしたが、Sire、是非とも弾いてみたいベースですね。

どうせならプレイヤーにとことん甘い無慈悲なまでの価格破壊に期待!

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com