ポング・自分の動画を振り返る (1) スラップと速弾き

ポングの動画

 

年の瀬って感じですかね?

何となくYoutubeの方に上げた動画をまとめてみたくなったのが今回。

簡単な解説でも付けて、ちょっと記事にしていこうかなと。

 

 

スラップ

 

【ブログ用初投稿動画

 

ブログに投稿するテストの意味で撮った動画。

記念すべき一発目ってやつですね。

 

プリスルー状態からのジラウドJFDT-CをON+スラップモード。

音が割れ気味なのが不満ですが、それはもうしゃーないかって半分諦めてます。

もうちょっと良い音質と音量で録れたら良いんですけどね。

 

www.youtube.com

 

【アンペグでスラップ

 

お次はアンペグのミニスタックでスラップした動画。

 

練習用、ベーアンの音を思い出す意味で実は持ってるアンペグ。

正直言って、自分の好みとは対極にあります。

 

それでもジラウドベース、それもJFDT-Cがあるとかなり救われますね。

単なるドンシャリ製造機みたいなものとは次元が異なります。

 

これがレンジの狭いパッシブベース、PUにも癖があるもので鳴らしたら、細かいことはまったくやる気が起きません。

 

www.youtube.com

 

【動画使用記事】

ジラウドはアンプを選ぶのか? インピーダンスの認識のすすめ

 

【サムピングの研究

 

これだけ見ても何のこっちゃ分からない動画。

 

・打音を鳴らした後に実音が出てくるのか?

・振り抜き型と垂直型の弦振動があるとも言えるのか?

・条件を満たせば親指に限らずともいいんじゃないか?

 

色々とテーマがあるつもりですが、実際に話すとどれぐらいの時間になるものなのか?

そんなことを考えると、自分は書く方が好きな人間なんだろうと納得してしまったり。

 

それか、目の前で実際にアンプを鳴らして説明しないと気が済まないタイプと言えそうです。

正直、動画にすると差があんまり出なくて嫌だってのはずっとありますね。

 

www.youtube.com

 

【動画使用記事】

スラップベース サムピングの研究 コツを考える

 

【フレットレス+スラップモード

 

年単位で張りっぱなしの弦に加え、フレットレスでもこんなスラップサウンドが出せるという、ジラウドJFDT-Cの凄さを分かりやすく伝えたくて撮った動画。

 

「驚異的な高速レスポンス!」

「超絶ワイドレンジ!」

 

なんてことを言葉にしてもいまいち伝わらないですよね。

 

実際の出音の凄さの1割も伝わらないだろうというのも本音ですが、それでも音的な情報が皆無なのとそうでないのとでは絶対違う。

 

その点やはり、動画があるのは良いものだと納得してしまいます。

 

www.youtube.com

 

【動画使用記事】

ベース弦と張り替え 目安、頻度、交換時期に悩むより大切なこと 

 

速弾き系

 

【ブログ開始以前の限界速度

 

ブログを始める直前に撮った動画。

あることをきっかけに2フィンガーが速くなったと記録する意味で撮りました。

 

しかし今見ると「え?これが限界だったの?」と思っちゃうから面白い。

ライトに弾いてフィンガーランプまで使ってこれだったのかと自分でビックリ。

 

左手も今じゃこうは使わないだろうなと。

 

www.youtube.com

 

【速度向上

 

上記の動画を撮っている時では分からなかったことに気付けたのは、間違いなくブログを続けてきた影響。

 

フルピッキングというわけではありませんが、あることを意識したら速度に明らかな変化を確認できました。

 

その実験結果がこの動画。

試して間もないので色々バラつきはあるけれど、間違いなく速度は向上しました。

 

www.youtube.com

 

【動画使用記事】

ベースと左手 (9) 指のスタート地点の意識 前回の内容を試してみる

 

【縦振動のタッチの意識と速弾き

 

否定したくて何だか頑張ってそうな人もいる縦振動のタッチ。

 

弾き方で音が変わるという実にシンプル、真っ当な話なんですが、その感覚がまったく分からないのか、知らないのか、オカルトだの宗教だの言ってしまうから恐ろしい。

 

それはともかく、速く弾いていてもタッチの意識で音は確実に変わります。

 

カス当たりみたいな弾き方をするのと、弦を押しこむ意識、一音をしっかり鳴らす意識とをするのとでは、粒立ちも立ち上がりも別物に変化。

 

見た目にはあまり変わらないようでも、実際に音が変わっているのは歴然。

機械の仕業でも魔法でもなんでもなく、タッチコントロールは本当に重要。

 

www.youtube.com

 

【動画使用記事】

縦振動のタッチの研究 (6) 速弾きの効率化と影響

 

【握力を使わないフィンガリング

 

賛否両論あるジラウドのディープジョイント。

 

豊かなボディ鳴り、デッドポイントの発生抑止に大きな効果がある一方、慣れていない人にとっては明らかな違和感の原因にもなりそうな仕様。

 

これをクリアしようと思ったら、親指を握らないで弾けるようにするのが一番早い。

 

楽器を自分の方に引きつける方法、指と手だけでなんとかしようとする運指をやめれば、ディープジョイントでも特に気にせず弾けるようになります。

 

それができるようになれば、速弾きの方にも大きな効果を期待できるから二度美味しい。

 

動画の中ではちと大げさに弾いてますが、ネックを握らずとも弾けるようになる意味は想像以上に大きい為、習得を迷わずおすすめします。

 

www.youtube.com

 

【動画使用記事】

ジラウドのディープジョイントに慣れてみよう 

 

ブログも動画も積み重ね

 

全部やっていくと思った以上の長さになりそうなので、続きはまた別記事にしていきたい次第。

 

1分ある方が珍しいという、完全にブログの補足扱いである自分の動画。 

 

それでも続けていくと結構な量になるものだと、ここで初めて気付かされました。

 

100再生いかない動画も多いんですが、それでも全部の累計再生数を見てみたら30.000回ぐらい見られていたらしいという、いやほんと、軽く衝撃です。

 

現在、このブログの記事数は500を超え、600も見えてきているところ。

一日一記事のペースはやめてしまったけれど、どんどんストックされていく事実に変わりはありません。

 

積み重ねを実感できるというのは本当に面白いですね。

短く手抜きであったとしても、存在しているのとないのでは当然、話はまったくの別。

 

自分で言うのも何ですが、色々と勉強になります。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com