ベース・楽器の上達を考える 何もせず休んで遊んでグシャグシャから解放されてみる

休息と楽器の上達

 

 

秘密基地製作中

 

f:id:bakibakibass:20181207230935j:plain

 

意味もなく秘密基地が作りたくなり、ベッドの下を片付け奮闘中。

これから本棚も設置したり、安物中古PCでも物色したり、愉快な遊び場にしていく予定。

 

ゲーム機まで置くと平気で8時間とかやってしまう為、それは戒めるつもりですが、とにかく情けない夢の詰まった空間にしたい次第。

 

それにしてもま~、なんでしょうね?

部屋の中のまたその中にこもりたくなるという、何とも妙な欲求。

いかにも根暗、閉所を求め落ち着く感覚の不思議。

 

しかし、分かる人には分かるであろう、この楽しさとワクワク感。

幼稚でしょ~もない話である一方、隔絶感を必要とする意外と重そうな心理。

 

冷静に考えると、なかなか興味深いところでもあります。

 

孤独は楽しい

 

色々と誤解を招きそうなテーマではありますが、でも本当、時にはぼ~っとリラックスして力を抜くのも大切。

 

と言うか、単純に楽しいですね。

 

情報を仕入れすぎて脳がパンパン、思考ばかりで頭ん中グシャグシャとか、それがずっと続いていってしまうのはあまりよろしくない。

 

時には全てを遮断して独りっきりで楽しむ。

思いっきり休んでスッキリするという、それも決して悪いことではない。

それどころか「いや、なかなかいいもんだぞ」と声にしておきたいところ。

 

他人と関わる量と情報が多いのも良し悪し。

 

その結果、自分という存在が揺れたり希薄になったり、または、希薄にせざるを得ない場面というのが増える気もしたり。

 

「人々との繋がり」って美しい言葉のようだけれど、独善的な楽しみや喜びを抑制するのが正しいみたいなのは、ちょっと違う感じがするかなと。

 

極論、八方美人の他人様優先が行きすぎた結果、

 

・自由に遊べる場も逃げ道もなく消耗していくだけ

・意志も思考力も落ちて何が好きかも分からなくなる

 

こういう状況になったら笑えません。

 

楽器って華やかで派手みたいなイメージがありそうだけど、実際のところはめっちゃくちゃ地道な努力が必要だったり、体力も精神力も必要な世界だったりしますよね。

 

人と関わるのが楽しいとか、バンドをやる喜びやら魅力がどうとか、それだけが全てというのもちょっと疲れるし、惰性的に誰かのために動くのが普通になってしまうのも怖い。

 

「本気で好きなつもりだったけど実は合ってなかった」とか、こういうこともあるから人間って分かりません。

 

いざ独りになった際、ものすごい解放感に満ちたり、自由を感じたり、それで前進もできるようになるなんてことも有り得る世の中。

 

頭をスッキリさせる意味でも、独りきりになって脳を休ませるか、逆にフル回転させてみるか、誰の邪魔もなくそれを行えるのは意味のあること。

 

孤独は必ずしも悪いこっちゃない。

 

【スポンサーリンク】

 

 

人様を気にして休みを捨てるという狂気

 

馬鹿馬鹿しい秘密基地の話から何だか重いテーマが続くようですが、まぁ、やることは単純で簡単です。

 

『休む』

 

疲れたり休む、傷付いたら治す、壊れたら修理する、それだけの話。

 

ところがこれって意外とできないものですよね。

 

「日本人的」と言うのもどうかって話ですが、休息をとることを犯罪扱いのように恐れるか監視するか、取り返しのつかない過ちのごとく捉えている人も多いんじゃないかと。

 

長く世話になってる整体師さんいわく、

 

「日本人は遊ぶのが下手なのが多い」

「壊れてから何とかしようとするから治らない」

「必要ないストレスと不安を抱えすぎ」

 

こう言われると確かに否定しきれないところ。

 

まぁ、そう言う整体師さん(日本人)自身、休みをとらずにパフォーマンスが落ちることがあるという、なんとも悲しい話。

 

しかし現実問題、余裕のある豊かさから遠い自覚を持っている人が多いのは確かなはず。

 

最近でこそ、世の中の流れが変わってきたと感じもしますが、それでもやはり、厳しく休息を取り締まるような雰囲気は依然として残っているんじゃないかと。

 

これまた極端な話をするようですが、

 

「絶対に誰かと一緒にいなくちゃいけない!」

「人との繋がりを断ってはいけない!」

「好き嫌いなく関わらなければいけない!」

 

こんな強迫観念っぽい何かもあるのかもしれませんよね。

 

・静かに休むこともできない

・考えることも落ち着くこともできない

・わがままに遊びに没頭などもってのほか

 

自分みたいなタイプはこれじゃ疲れちゃいますね。

思考力も判断力もどんどん麻痺していきそうです。

 

ゴミを見る必要はないし集める必要もない

 

テレビをほとんど見なくなった自分。

それだけではなく、ネット上にあるニュースとかも気にしなくなりました。

政治についての情報収集なんてのもしていません。

 

冗談抜きにこれ、めっちゃ気分爽快ですよ。

 

全然知らないどっかの誰かの謝罪がどうだの、あいつが怪しい、悪そうだみたいな探偵ごっことか、クソどうでもいいことで自分の時間も心も消耗する意味なんて1mmもなし。

 

そんなことやってるぐらいだったら、ブログでも書いてる方が遥かに建設的で楽しい。

 

もちろん、ベース弾いたっていいし、楽器と音楽に時間使った方が良いなんてのは言うまでもありません。

 

悲劇なんか探さなくたっていくらでも溢れてるし、辛いこと、嫌なこと、それをわざわざ招き入れる必要なんかないでしょう。

 

実際、つい先日、幼馴染でよく遊んだ近所の兄ちゃんが自ら生涯を終えたなんて訃報が入ってきたり、親戚の婆様が体調崩してあっと言う間に亡くなったり、黙ってたって何か起きるもの。

 

ただでさえ悪いことは起こるんだから、人を怒らせる目的、ストレスと不快感を与える目的で情報遊びしてるやつなんか、100%無視で問題なし。

 

それに煽られて正義感燃やして怒りに震えるとか、もうそういうのは心底どうでもいいですね。

時間は有限、自分のやりたいこと、楽しいこと、意味あることに使うべき。

一生接点もないような他人のために無駄に消費するのはやめた方がよい。

 

ただ、そうは言ってもこの情報化社会。

簡単にできそうで意外とできないのが『遮断』という行為。

 

油断すると目でも耳でもお構いなく、どこからでも負の情報とエネルギーが入り込んできようとするから厄介。

 

だからこそ、

 

『静かで落ち着ける楽しい場所』

 

これが想像してる以上に大事になることもあると思うんですよね。 

 

何ともしけた話でもありますが、それぐらい意識して変えないと嫌な情報と負のエネルギーってやつは、人生を侵略してきようとするものだと認識しています。

 

徹底して負の要素を断絶、自分の好きなようにできる空間。

 

「幼稚」「くだらない」の一言では済まされないそんな場所を求めている人、必要になる人も決して少なくはないはず。

 

変な話、携帯電話の束縛感とか通話の問答無用感とか、あれ、自分は嫌いですね。

電源を切って情報を遮断するだけでも、効果ある人には良いんじゃないかと。

 

PC、スマホに意識をがっちがちに縛られてるとか、無意識レベルでの情報操作と洗脳を受けているとか、案外、大げさでもない話かもしれません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

【すっきりさわやか】をつくれる環境を手に入れる

 

「しょ~もない秘密基地を作って遊んでる」という話をしようと考えてたら、なんだか妙に真面目な話になってしまった今回。

 

これも「力み」と言うべきか、「遊びがない」と反省すべきか、なんとも微妙な気分になってしまいましたが、いずれにせよ『休む事も大切』と言いたいのに違いはなし。

 

練習だってなんだって、ただの義務とか惰性になってしまうと、それは辛いだけ。

 

このブログでよく言ってる「一日1mmでも進めればいい」というのは、毎日楽しめること、飽きずにやりたいことを持っているべきという話でもあります。

 

色々と自分を誤魔化して、

 

「俺、練習好きだから!」

「ぜ、絶対そうだから!」

「これやんなきゃ駄目・・なんだよ!」

 

こうなっちゃうのはよろしくない。

 

ひたすら運指練習、スケール練習だけに明け暮れるとか、それも悪いことじゃないけど、特に面白くも楽しくもなく、意味も効果も薄い実感がある中で続けるのは疑問。

 

そこで休みを入れたことで一気に失われてしまうようだったら、それって全然良い練習になってなかった証拠ではないかと。

 

脳が記憶していない、消化するどころか役に立つ情報として扱われていなかったという、そんな悲劇にもなってしまう可能性がある。

 

・単なる嫌なことを続けてるだけだった

・とっとと忘れたい記憶と無駄な情報だった

・体の負担になるだけの強制労働だった

 

せっかくの練習、情報のインプットをこんな結果で終わらせないためにも、せっかくだったら、なるべくフレッシュな状態になれた方が良いでしょう。

 

理想論、綺麗事というものかもしれませんが、「休んだら終わる・・取り戻せない・・」なんて思いこみに縛られて一生を送るとか、そりゃ勘弁って話。

 

一つの理想を挙げるならば、

 

「楽しすぎて休む必要なんかねぇぜ!」

「飯とトイレで休憩時間は十分!」

「これでもう30年以上よ!」

 

こんな超人だったらいいんですけどね。

 

そうでないのであれば休むことは大事。

その質を上げることも環境を整えることにも意味がある。

脳も体も最大限に使えるに越したことはない。

 

『超絶だらける』って逆に難しいけど、問答無用の快適空間があれば、それだけでも違ってくるはず。

 

あまりに快適すぎてスイッチがオフのままになってしまう恐れもありますが、そうなったらなったでだんだんと行動意欲が芽生えてくるか、それかそのままお疲れ様ってのも一つの人生ですね。

 

それも自分に向き合う時間と環境があればこそというもの。

 

安らげる場所も思考する機会も暇もないのでは、壊れて退場しか解放される道がないなんてことにもなりかねません。

 

無理に高い金払って旅をする必要なんかもなし。

物欲へのご褒美を続けても無駄に消費していくだけ。

 

アホらしいようですが秘密基地を完成させるのが楽しみです。

かつてないほどに超絶ぼ~っとしてみたい次第。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】