ベースと良いリズム、グルーブについてシンプルに簡単に考えてみる

ベースとグルーブ

 

 

まずは実験動画を

 

内容は8分音符をただ刻んでいるだけ。

演奏としては面白くも何ともありませんが、意識してほしいのはこれ。

 

『どれが手拍子しやすいか?

 

「どれも良くない!グルーブしてない!」という駄目出しをするのではなく、手拍子の難易度の点を明確にしてみてほしいところ。

 

実験の順番は以下の通り。

 

①軽いタッチでリズムもバラバラ

②軽いタッチで安定を意識

③強いタッチと色々バラバラ

④落ち着いてベースらしく

 

www.youtube.com

 

軽いタッチでリズムもバラバラ

 

「こ、こんな感じで合わせればいいの?」

 

みたいな声と思考が伝わってきそうな①。

実に初心者っぽいかその段階ですらない。

まだ何も把握できていない感が出てるかなと。

 

8分音符と言っても、それがどんなものか掴めていない。

音符の長さはもちろん、テンポから何から「なんとなく」で済ます演奏。

 

音はハッキリしないし、頭の位置も分かりにくい。

まだ人に何かを伝えるどころの話ではない状態。

 

当然、手拍子もやりづらいったらありません。

 

②軽いタッチで安定を意識

 

「これじゃいかん!」

 

ということでリズムを意識、しっかり合わせるようにした②。

①の演奏とは安定感が比較になりません。

 

ただ、義務的と言うか、他人事と言うか、面白くはないですよね。

 

フレーズは間違わないし、テンポに従って安定はしている。

徹底して裏方に回るつもりなら、正しい姿勢でもあるのかもしれません。

 

しかし、それが本当に好きなのか、格好良いのかどうかはまた別問題。

手拍子しやすいかどうかも実は微妙だと感じます。

 

・この貧弱な音のままで満足してしまうのか?

・間違えなければそれでいいのか?

 

こんな課題や悩みが出てくるところ。

 

【スポンサーリンク】

 

 

③強いタッチと色々バラバラ

 

「もう貧弱は嫌だ!」 

「綺麗に弾くなんてつまらない!」

「もっと太く大きい音を!」

 

なんて意識したと仮定して極端目に弾いた感じが③。

言うまでもなく、粒もリズムも安定していません。

 

「いくらなんでもそれはないというぐらいに色々バラバラなようですが、意外とこれ、フィクションだとは言いきれないところがあります。

 

例えばの話、ライブでこんなことになったとしましょう。

 

「今日は気合入れていくぜ!」

「やべ!走りすぎ!」

「うわ!今度はもたってるわ!」

「げ!力みすぎた!もう疲れてる!」

「力抜こう・・ってうわ!音小さ!」

「もっと力入れないと!」

「うげ!また走っちまった!」

「もっとゆったり・・って音弱わ!」

【以下ループ】

 

さすがに大袈裟って話ですが、迷いが様々生じている場合、無理な帳尻合わせが発生することになりがち。

 

確かに、太く大きな音が出ているポイントはあるけれど、こうまでデコボコになってしまうと、それも邪魔くさいだけですよね。

 

周りの音もリズムもくそもなく、自分の出音とノリにだけ集中。

勝手に迷って自滅してバンドも巻き込んでいくという、ある意味、一番タチが悪いかもしれないケース。

 

「グルーブしてるつもりなのは本人だけ」

 

これはきつい。

心当たりがあるだけに胸が痛くなります。

 

④落ち着いてベースらしく

 

「ベースらしく」と言うのも抽象的か独善的な押し付けのようではありますが、とりあえずこれが一番どっしりタイプのサウンドで分かりやすいんじゃないかと。

 

「手拍子のしやすさ」の意味でも、特に難しく考えることなく叩けるでしょう。

やってること自体は②とあまり変わりない一方、印象が随分と異なります。

 

過剰なぐらい遠慮して無理に合わせようとか、出音もそっちのけで安定重視となると、楽器ってやっぱり全然面白くないものになってしまう。

 

おどおど軽く弱く弾くのと、やりたいことがハッキリしている演奏では、後者の方が絶対に説得力がある。

 

「これが正解!実にベースらしい!」なんて良いものでも何でもなく、ただ単に刻んでいるだけなのも確かな④。

 

それでも①~③までとは明らかに異なっている意識があるとすれば、

 

「1、2、3、4を伝える」

 

これですね。

 

要するに『ワン・ツー・スリー・フォー』

それを分かりやすく伝える意志を持たせたのは④。

 

ゆえに手拍子が一番しやすくなるのも④のはず。

 

【スポンサーリンク】
 

 

奥が深く難しいのがグルーブ でもまずは単純に考えてみる

 

「それなら機械だっていいじゃないか!」

「一番正確で分かりやすいぞ!」

 

なんてツッコミも入りそうな今回の話。

実際問題、1234が分かりやすいってだけでグルーブはしないでしょう。

 

とことん追求するのであれば、言葉で説明するのが無理なのはもちろん、努力云々でどうにかなる次元ではないとも言えそうです。

 

絶対の正解なんてものもない。

 

ただ、いきなりそんな難しい領域や哲学的な部分に悩んだりするよりも、やるべきことはあるんじゃないかと考える次第。

 

リズムが相手に伝わらない、伝えられない、簡単な手拍子に繋げることすら困難、体を動かすどころではない状態。

 

それでグルーブの奥義だの真髄云々に苦しむのは、ちょっと違うような?

 

楽器の選択にしてもタッチやピッキングにしてもそうですが、発音が曖昧、音はぼやけて抜けてこない、出音のタイミングもアタックも不明瞭など、これだけでも条件的に不利になってしまう。

 

それに加え、エフェクターで加工したり潰したり、一生懸命に音が遅く遠くなるようにするとなると、悪化の一途をたどるだけになる可能性大。

 

優れたドラムがいれば、それに合わせてのっかるだけでも、十分なグルーブが生まれることはありえます。

 

それが最適解になる場合だってあるだろうけど、ちと寂しくなっちゃうものは感じますよね。

 

自分の好きなベースとしては、

 

「まずは1234をしっかり伝えられるようにする」

 

これができた方が良いのは確実。

 

「どれだけ正確か?」という話ともまた違う、

 

『1、2、3、4を伝える力』

 

それを自分で生み出す意志と実践とでも言いますか、それが自然なものとして身に付くだけでも、条件としてかなり有利になるはず。

 

目を疑うような見事な技巧を持っていたとしても、1234を相手に伝えることすらできないのは、グルーブの面を考えるとあまりよろしくありません。

 

現実問題、あの動画の①か③のような感じで叩くドラムがいたら、やりにくいとしか言い様がない。

 

「機械的になるのは違う!つまらない!」と上を目指すのであれば、もっとサウンドにオリジナリティを持たせたり、鍛えて叩き上げて説得力を出すなど、やるべきこともやれることも沢山ありますよね。

 

それこそ、ご機嫌に踊りながら弾いたり、めっちゃくちゃ格好良い姿で弾いていれば、視覚的な意味でもグルーブを叩き出すことができる。

 

動画の④は特に個性などはありません。

理想でもお手本でもないのも確かです。

 

一方、あれこれ悩むより、やってることは分かりやすい。

良い仲間や凄腕のプレイヤーに恵まれれば、あんな程度のことでも十分楽しめる可能性だってある。

 

一生と言ってよいほどに悩みそうなグルーブ。

答えがまったく分からず苦しむことも珍しくない大事な要素。

 

だからこそいっぺん、超シンプルに簡単に楽に考えてみるのも有りではないかと。

 

「裏を意識するよりまずド頭をしっかり出す」

 

「リズムを相手に楽しく分かりやすく伝える」

 

「良い音をガツンと出して納得させる」

 

これぐらいの意識でも良い方向に変えられるかもしれないグルーブ。

簡単にまとめてみると案外、やるべきことは分かりやすかったりして?

 

変拍子だろうがなんだろうが、1がなければ2もない。

2がなければ3もくそもない。

まずはそれをしっかり伝えられることが大切。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】