ハーフラウンドベース弦 KEN SMITH COMPRESSOR

KEN SMITH COMPRESSOR ハーフラウンド

 

ラウンド弦とフラット弦について

 

今日では完全なるスタンダードになっているラウンドワウンド。

ちょっとマニアックになりつつも根強い人気があるフラットワウンド。

 

ものすごく簡単に言うと、

 

「前者はジャリジャリ」

「後者はツルツル」

 

こう認識しておけば良いんじゃないかと。

 

・煌びやかなサウンド、金属的なアタックや倍音を得るなら前者。

・ドッシリしたボトム、落ち着いた音色なら後者。

 

大まかにこう分けておくと、とりあえず分かりやすいはず。

 

イメージ的にもうちょい具体的にするのであれば、

 

「ウッドベース、コントラバスな感じを狙いたいならフラットワウンド」

 

こんな風に考えてみるのも有りですね。

 

まさに中間 ハーフラウンド セミフラットワウンド

 

「ラウンド弦のシャリシャリ感がどうも・・」

「フラットワウンドはちょっと落ち着きすぎて・・」

 

こんな希望に応えてなのかどうかはともかく、実在している不思議な弦。

それがハーフラウンド、またはセミフラット弦と呼ぶべきでしょうか。

 

「おぉ!いつもより滑らかだ!」

「あれ?思ったよりギザギザ?」

 

人によってこんな違いが生まれそうなのがこの弦の面白さ。

 

自分の感覚で言うならば後者に近いかな?

特に新品時は想像以上に明るい音が出る印象ですね。

甘く滑らかなサウンドを期待すると、思っているより元気に感じる可能性が高い。

 

一方、ラウンド弦の弾力やしなりとは異なる感触と感覚で鳴るのが、ハーフ弦のまたユニークなところ。

 

ゲージはいつもより細いはずが、いざ弾いてみると張りが強く硬く感じられたり、ボトムの出方も一味違ったり、かなりの弾き応えがあります。

 

中途半端の一言で簡単に片付けるにはもったいない魅力があるのもこの弦ならでは。

ぴったりハマった場合、これが最強に合ってしまう可能性もありますね。

 

たとえばこんな悩みがある人。

 

「コーティングしないフレットレスが好き」

「フラット弦よりラウンド弦で鳴らしたい」

「でも指板が削れるのがちょっと・・・」

 

「ちょっと弾きこんだぐらいの弦の方が好き」

「でも張りがすぐボヨンボヨンになっちゃうのは・・」

「コーティング弦もなんか苦手なんだよなぁ・・」

 

まずは試してみるのをおすすめします。

エレアコベースなんかにも威力を発揮するかもしれません。

 

久々のケンスミスのハーフ弦

 

先日、OPBへと改造したジャズベース。

弦をどうしようかと考えた末、まずはスミスのハーフ弦を試してみることにしました。

 

この弦の何がいいって、

 

『お手頃価格』

 

まずはこれが魅力。

 

割としゃれにならない値段のものが多いのがフラットワウンド。

 

本当はそっちが張りたかったのも正直な話なんだけど、微妙に方向性を決めかねている中でドカン!と奮発してしまう勇気はちょっとなかった次第。

 

最初の印象は前述の通り、思った以上にラウンド弦に近い感覚を覚えましたが、こなれてくるとやっぱり違いが出てきますね。

 

触った感覚も滑らかになっていくし、シャリシャリ感が落ち着いてくると良い感じにボトム豊かなサウンドに変化する印象。

 

一方で、「ボフン・・」と露骨に音がなまってしまうようなフラットワウンドとは異なり、張りのあるアタックとサスティーンが得られるのが面白い。

 

個人的には、もっとくたびれてきた方が好みになりそうですが、その存在の独特さを気長に楽しんでいくのも悪くないかなと考えているところ。

 

ちなみにですが、メリットでもデメリットでもあると感じるポイントがこれ。

 

『34~35インチ兼用』

 

ありがたい配慮である一方、通常のスケールにはちと長いかなと思うのも本音。

 

何がまずいかって、4弦を巻く際に太い部分まで巻き付けるようにしないといけないケースがあること。

 

裏通しとかなら問題ないのかもしれないけど、普通のスケールに普通に張るにはちょっと不便があるかなと。

 

『完全34インチ用』なんてのがあるようだったら、そっちを使いたいのが正直な話。

そのあたりが個人的にちょっと惜しいポイントですね。

 

KEN SMITH COMPRESSOR MEDIUM LIGHT

KEN SMITH COMPRESSOR MEDIUM LIGHT

 

痒いところに手が届いたら最高

 

繰り返すようですが、 中途半端な弦でもあるハーフワウンド。

ラウンドかフラットか、特化した方向性を狙うのであれば、 微妙な結果に終わる可能性も高い。

 

 一方、

 

「なんか合う弦が見つからない・・」

「どれも何か極端なんだよなぁ・・」

「定番って言っても俺にはいまいちだし・・」

 

なんてモヤモヤに苦しんでいるようであれば、その中途半端さが功を奏して、救世主になるかもしれません。

 

このあたり、6弦ベースに対する可能性も眠っていると思いますよね。

 

煌びやかなサウンドとプレイだけではなく、もっと落ち着いた音色、腰の据わったボトムも追求したいなんて場合、この弦ならではの良さが光る部分も沢山あるはず。

 

「これだ!」

 

と来てしまうものがあったなら、唯一無二の存在になってもおかしくありません。

 

KEN SMITH COMPRESSOR MEDIUM LIGHT 6-Strings

KEN SMITH COMPRESSOR MEDIUM LIGHT 6-Strings

 

あまり知られてない種類の弦であろうハーフラウンド。

人によって評価もバラバラになりそうな難しさがあるのも確か。

 

だからこそ、実際に試して判断するのが一番ですね。

 

「これを探してた!」って話なら何より。

「駄目!これ嫌い!」でも仕方ない。

 

どんな評価をしてもその気持ちが分かるという、ある意味、レビュー泣かせとも言えそう、無責任に構えるしかないこの弦。 

 

いつもの弦とちょっと違う世界を開いてみるのにおすすめ。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】