ジャズベースの改造・OPB化 よりシンプルにタッチを鍛える為に

ジャズベをOPBにしてみる

 

f:id:bakibakibass:20181124212050j:plain

 

予告通り、ジャズベにOPBのPUをのせてみました。

 

と言っても、それについて触れたのは数か月も前のこと。

タッチを鍛えるためにより分かりやすい楽器が欲しくなり、ようやく実現した次第。

 

安くは済みましたが、やっぱり、ちょっと手間はかかりましたね。

なんのひねりもなく彫刻刀で削っていくという、これが地味に辛い。

 

お世辞にも綺麗な仕上がりとは言えない、まさに素人作業。

小学生の工作そのまんまって感じです。

 

f:id:bakibakibass:20181124212944j:plain

 

しかしまぁ、こんな酷いことが許されてしまうのも楽器の面白さ。

エレクトリックベースの愉快なところ。

 

ほとんど使ってなかった楽器が目的を持って生まれ変わるという、その素晴らしさも実感できます。

 

元々、自分で塗装を剥がしてオイルフィニッシュにしてある為、加工が楽な面もありましたし、こうして遠慮なくやりたい放題できる一本を持っておくのも悪くない。

 

値段の問題ではなくわくわくしてしまいます。

 

タッチを鍛える為に特化

 

器用さも実用性も求めず、あえて1PUにしてしまいました。

リアPUの穴は以前に作ったフィンガーランプで隠しています。

 

2つのボリュームも通さず、残したのはトーンだけ。

それもたぶん、常に絞りっぱなしにしておくと思います。

 

一体、何が目的なのか?

 

タイトルにもある通り、

 

『タッチを鍛える為』

 

これが全て。

 

理屈的なことを言えば、ここまで機能を絞る必要はないし、楽器として不完全にもなってしまうような状態にしたって意味はありません。

 

どう考えても非効率極まりない。

精神論、根性論的な領域に踏み込んでいるのも否定できません。

 

ただ、悔しいかな、そうやって鍛えられる面があるのも事実なんですよね。

 

まったくの無根拠かと言えばそうではなく、必要な部分をより凝縮、分かりやすく浮かび上がらせたとも見れますし、実はこれが最も効率的であるかもしれない部分も否定はできない。

 

これについては本当、実際に弾かないことには伝わらないんじゃないかと。

 

自分の手で音をつくる、鍛えあげていくという、それが一番分かりやすいのがシンプルなパッシブベースであり、特にOPBはその傾向が顕著。

 

実際にはこれはOPBではありませんが、シングルコイルの1PUでそのまんま音が出るだけという、この感覚は十分味わえます。

 

フィジカル面を鍛える意味でも、脱力を目指す意味でも、ガテン系でタフなベースを一本持っておくのはおすすめ。

 

色々鍛えられます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

最強にシビアなのはジラウドのOPB その出会いが原点

 

今回、ジャズベを超シンプルな方向にまとめることができたのは満足な一方、理想的とまでの結果にはならなかったのも正直な話。

 

タッチに対する超シビアな反応、その鍛錬の分かりやすさと楽しさを追及する意味では、期待通りとは言えない印象が強い。

 

やはりこのあたり、ジラウドのOPBが最強だなと。

PUの問題も大きそうだけど、楽器本体の壁も痛感しますね。

 

頑丈なネックでボディがよく鳴ってくれるという、その恩恵は計り知れません。

当たり前のことのようだけど、それだけに差が出てしまうんでしょうね。

 

ジラウドにある個体の場合、10年どころではなく弾きこまれていることもありますし、あのタッチへの反応は格別、ちょっとやそっとでは真似のできない鳴りっぷりと魅力を感じます。

 

と、比較ばかりしていると悲しくなってしまうのですが、練習専用、タッチを鍛えるためだけにあるベースを手に入れるのは本当に久しぶりなので、心躍るものがあるのは事実。

 

セッティングや使い方云々の問題ではなく、問答無用で一つのことしかできないベースを持っておくと絶対違うんですよね。

 

このブログでもけっこう記事にしてきましたが、パッシブは自然と鍛えられます。

特にガテン系パッシブベースは理屈抜きにトレーニングできるから良い。

 

ジラウドのOPBとの出会いと衝撃、そのトラウマったらありませんでした。

それを知っているからこその今回の改造。

 

やっぱOPBっていいんですよ。

タッチコントロールがめっちゃくちゃ楽しい。

 

自分の音が貧弱であることの悩み、使う楽器の調整、軟弱な姿勢に悩んでいるのであれば、OPBで鍛えときゃ自然と自信を持てるようになります。

 

練習の成果と積み重ねを分かりやすく実感できるのがOPB。

まさにパッシブベースの極致、タッチを鍛えるにもってこいの存在ですね。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】