ベースとブリッジ 扱いやすいおすすめはHIP SHOT B style

HIP SHOT B style ベースとブリッジ

 

ブリッジにほぼ興味なし

 

いきなりこれを言うのもどうかと思いますが、ブリッジ変更による音質の向上などにはほとんど期待していないわたくし。

 

正直申しまして、

 

「サスティーンが凄く良くなった!」

「アタック感が全然違う!」

「低音が凄い!レンジも広がった!」

 

こんなことが本当にあるのかと半信半疑。

 

弦を固定する部分、振動を受け止め伝える意味では、最重要パーツとも言える可能性はあると思います。

 

一方、そんな異常なまでの差が生まれるのかどうかはちょっと眉唾物。

厳密には違うと言うのは分かりますが、過剰な効果を期待するものではないかなと考えています。

 

明確に嫌いなブリッジはある

 

音に対する期待はしない一方、機能的な不備や、扱いの手間を感じるブリッジは苦手。

 

あれこれとパーツが多いものは駄目ですね。

ロック機能がどうとか凝ってるやつも避けたいところ。

調整が面倒な割に望んだセットアップができないのは最悪。

 

実際、ローBを張るのに苦戦するブリッジがありましたが、あれには参りました。

 

やたらとゴツかったり、パーツも複雑で凝った仕様。

土台も駒も肉厚でいかにも頼れるブリッジ。

 

それが仇になり、低音弦を通すのも駒に乗せるのも窮屈になる皮肉。

ボールエンドから駒までの距離が近くなってしまう痛手。

 

低音弦、特にローBはそう簡単にカーブしてくれる弦ではありません。

見てそのまま分かるめっちゃくちゃ太い弦。

それを張るのにスペースが足りない、余裕が全然ないという悲劇。

 

真っ直ぐ張れなかったり、駒に対して浮いちゃう感じは要注意。

音に締まりが出るどころかピッチも響きもおかしくなる。

ボヨンボヨンのサウンドになってしまうという、あれは本当に勘弁。

 

「とりあえずゴツくしときゃいいんだろ?」

「多機能で凄いものを作ろう!」

 

こういう方向にあるブリッジには手を出さないと決意してます。

それだったらフェンダーの普通のスパイラルタイプで十分。

 

そっちの方がよほどに機能的でストレスもない。

 

HIP SHOT B style

 

愛用のベース3本全てに付いているのがヒップショットのBスタイル。

 

このブリッジの何が良いか?

 

・軽い

・安い

・シンプル

・弦交換が楽

 

実に分かりやすいメリットがナイス。

 

まぁ、こだわって付けたというより、最初からこれだったのが本当の話なんですが、その扱いやすさには素晴らしいものを感じます。

 

弦を穴に通すのではなく、ボールエンド付近を引っかけるタイプ。

ペグに巻かれてねじれた部分を通さなくて済む為、弦交換が楽。

 

これの何が良いかって、使い終わった弦の保管が容易になるということ。

色々と実験する人間なので、こういう弦をストックしておくと何かと助かります。

 

「弦を外すのにまた穴を通すのが面倒・・」

 

「だから切る!」

 

なんてことにならず、弦を緩めればスッとすぐ外せるのが良い。

 

トラスロッドを調整するのにネックをいちいち外さないといけないタイプのベースにもありがたい特徴でしょう。

 

硬ったいフラットワウンドとか、ペグ側の巻かれてる部分をブリッジの小さい穴から外すのは大変。

太い弦になるほど、面倒くさくてやってられないことになります。

 

その点、このヒップショットのBスタイルは扱いがとにかく楽。

 

アルミ製で軽いというのも良いですし、ブリッジの音質どうとか神経質に依存せず済ますにも価値ある存在ではないかと。

 

 HIP SHOT 4 String B style Bass Bridge Aluminum Chrome

HIP SHOT 4 String B style Bass Bridge Aluminum Chrome

 

ちなみにですが、ブラス製も存在するんだそうな。

調べて初めて知りました。

 

ベースなんだから気持ち的にもうちょっと重くしたい。

ドッシリ感がほしいなんて場合、こっちの方が好みに的確に合いそうですね。

 

 HIP SHOT 4 String B style Bass Bridge 0.750 Brass Black

HIP SHOT 4 String B style Bass Bridge 0.750 Brass Black

 

ブリッジで苦労はしたくない 

 

音的な好みは特に考えてないのは冒頭でも話した通り。

それより、シンプルで機能的なものを求めたいところ。

 

バダスなどの評価が高いのもそういった面から来るものだと想像。

 

見た目が格好良いというのも大きそうですが、前後の長さがあって低音弦も余裕で張れるなどのメリットも絶対にあるはず。

 

現在は入手困難になっている様子なのが残念ですが、クローンタイプのものはあるみたいですね。

 

見た目に憧れがある意味でも、ちょっと気になってしまいます。

 

 ALLPARTS BB-3351-010 Grooved Omega Bass Bridge Chrome

ALLPARTS BB-3351-010 Grooved Omega Bass Bridge Chrome

 

しかしまぁ、ブリッジ交換はそう単純な作業でもないと思うので、その点がちょっと残念、面倒で嫌なところ。

 

パーツ交換をするのはいいけれど、元々の穴位置とは違う構造の場合、そのまま簡単に取り付けられるとはいきません。

 

スタンダードなフェンダータイプと互換性を持たせ、取り付け穴が同位置にあるものは一見は良さそう。

 

ただ、これはこれで実は問題があるように感じます。

そのままの取り付けで何がよろしくないか?

 

『駒位置が後ろの方になってしまう』

 

バダスタイプなんかは特にそうですね。

 

せっかく余裕を持って張れる構造なのに、フェンダーの穴位置そのままだとちょっと勿体ないことになってしまう印象。

 

実際、自分が所有するジラウドベースの場合、駒がなるべく前に来るようなブリッジの取り付け位置になっています。

 

こだわりのある人なら、このあたりを研究してみるのも面白いかと。

 

身も蓋もない話ですが一番良いのはやっぱり、

 

『最初から良い』

 

こういうベースを手に入れるに限りますね。

 

交換する必要を感じない、 機能も取り付け位置も何も問題ないという、それが何よりだと強く思います。

 

もっと言うならば、ブリッジなんかに影響を受けないタッチであるのが良い。

ちゃんと自分の手でしっかり音をつくれるという、その方が理想。

 

そういう意味でも、でしゃばらないブリッジの方が好き。

あれこれ何でも出来ますよ!ってより、普通に弦を張れてそのまま音が出てくれる方がいい。

 

「当たり前の話だろ!」とツッコミが入りそうですが、それができないブリッジがあったらから嫌なわけです。

 

皮肉な話ですが、音を求めると失敗する確立が上がる気がするのがベースのブリッジ。

一方、シンプルな機能性を求めるほど、問題点は減っていくように考える次第。

 

『凝らない方が良い』

 

色々な意味でこれを痛感します。

 

【ブログカテゴリー】