純パッシブベースと高性能アンプ 軟弱な甘みと温かみではない世界

ジラウドの新しいジャズベースを弾いて

 

先日の試奏でけっこうな衝撃を受けたパッシブジャズベース。

スタンダードな一本、4弦が欲しい意味でも揺れ動くものがあります。

 

ただ、見落としていたかもしれない要素がありました。

 

【JFDT-HA】

 

自分も所有、長く愛用しているこのラックプリアンプ。

これを通すことが前提、当たり前の感覚になっていたなと。

 

その基本特性の素晴らしさと超高速レスポンス。

音の押し出しと気持ちよさは実際に弾かなければ分かりません。

このアンプを知っていると世の中のベーアンには興味がなくなります。

 

逆を言えば、どんなに素晴らしいベースでもアンプが酷いのでは台無し。

 

インピーダンスの問題も深刻。

この壁が立ちはだかるのが電気の世界と現実。

 

インピーダンスのアンマッチングに加え、レスポンスも鈍重、癖のかたまりみたいなアンプを通していては、なかなか本領発揮とはいきません。

 

あれこれ理屈を語るのが野暮なのも分かる一方、せっかくのベースを不利な条件のまま使うのは抵抗があるところ。

 

本当はもっと凄い音が出ているだろうに、むざむざ劣化させるのはどうかとなります。 

ただ単にイメージ的な問題でパッシブベースを使うのではもったいない。

 

特に、せっかくのジラウドだったら、フルディスクリートのプリアンプにもあらためて触れてみるべき。

 

完全パッシブとして正式に発売されるのかどうかは分からないけど、そのポテンシャルを真に活かすのであれば、JFDT-HAやDr.Simのことも絶対知っておいた方が良い。

 

JFDT-HAとDr.Simの魅力

 

ディスクリート云々、高速特性がどうのと色々語ることはできます。

入力インピーダンスの高さなど、それも間違いなく魅力と威力。

 

しかしここではあえて語りません、

それより何よりまず嬉しいのは、

 

「ボリューム上げます」

「はい終わり!」

「セッティング完了!」

 

これ。

 

JFDT-HAはEQのスルーも可能。

Dr.Simにいたっては最初から付いていません。

 

でもそれで十分なんですね。

複雑にあれこれ考える必要がない。

 

それで音が悪いなら楽器か自分に問題がある証拠。

その判断が楽な意味でも高性能アンプは素晴らしい存在。

 

そのままドカン!と出るから分かりやすい。

しょんぼり弾けばしょんぼりそのまま出ます。

望み通り思い通り、プレイヤーが好きなようにすればいい。

 

「高解像度を求めても音楽的じゃない!楽器的じゃない!」なんて言う人もいそうだけど、そういうのは大体、システムの方で音をつくろうとしすぎ。

 

強制的な音づくり、余計なお世話と押し付けは迷惑。

尖がりのない綺麗にまとまった方向性にしてもつまらない。

良い子ちゃんでいるのがベースの魅力って主張は退屈。

基本特性にも音抜けにも難があるんじゃ意味がない。

 

弦を鳴らしてタイムラグなくそのまま出てくる感覚。

指とアンプとスピーカーと直結するようなスピード感とリアルなサウンド。

この実にストレートでド直球勝負なのが気持ちいいわけです。

 

「パッシブは素直で良い!」とか言っているにもかかわらず、複雑なシステムとセッティングを用意する必要があるのはおかしな話。

 

固有の音がつきまとう癖の強いシステムを好き好んで通す感覚もよく分かりません。

 

自慢のパッシブベース。

それせっかく持ってるならシンプルの極みにあるアンプも知るべき。

 

世界が変わります。

 

パッシブサウンド=超絶劣化が前提は抵抗がある

 

パッシブベースに謎な魅力を感じるのも確かな一方、単に劣化しまくった状態を「味わい」とか「自然な音」と評するのは嫌い。

 

電気的に劣化しやすいのは事実なんだろうけど、それを当然として受け入れてしまい、本当のところを知らないのはもったいない。

 

枯れて痩せた音がいいみたいなイメージを持ってるだけじゃ寂しい話。

何の疑いも持たずに劣化させまくって苦労してるんじゃ本末転倒。

 

『パッシブ信仰』

 

こう思われても仕方のない無根拠さと結果ではよろしくない。

 

ちゃんとしたシステムで鳴らせば驚くぐらいレンジも広いパッシブ。

余計なものを通さない高速レスポンスと音抜けが気持ちいいパッシブ。

マイルドなイメージと特性とは対極な元気の良さを持ってるパッシブ。

 

ジラウドさんに行く機会があるような人がいるのであれば是非、JFDT-HAの性能はもちろん、入力インピーダンス切り替えの影響も試してみてほしいところ。

 

インピーダンスのアンマッチングのこの台無し感はなんだ、やたらパッシブを持ち上げる意味ってなんだと確実に気付くでしょう。

 

その上で高性能アンプとパッシブベースの組み合わせの威力を知ると、色々と価値観がブッ壊れるんじゃないかと思います。

 

『ベースアンプなんてただのエフェクター』

 

冗談抜きで自分の中ではベーアンってこんな認識。

癖の強いエフェクター通しながらパッシブは素直だの本来の音だの言っても虚しいだけ。

 

せっかくパッシブにこだわるなら、とことん欲を見ちゃうのも面白い。

全部出してくれるシステムで鳴らせば、いらないものが沢山見えてくる。

 

『シンプルイズベスト』

 

ここから外れて無理にパッシブを使おうとするのは疑問。

言葉の表を崇めるのではなく、自己を凝縮するためのパッシブ道が良いですね。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】