太い音の出し方を考える (20) タッチとフォームを作り直すには覚悟が必要

太い音の出し方を考える (20)

 

新たな発見

 

先日、久しぶりにジラウドを訪問し、タッチのレクチャーを受けてきました。

 

成長と言うべきか?

それとも未熟を思い知っただけか?

いずれにせよ、また新たな発見にわくわくしています。

 

習ったところで以前では分からなかった部分、感覚としても全然認識できてなかったことが分かりつつあるかなと。

 

「なるほどそうか!こうすべきだったのか!」

 

こういう新たな気付き、新鮮さを得ることができる喜び。

またベースを弾くのも練習するのも楽しくなってきますね。

 

上達の道筋が見えると俄然、燃えるものがあります。

 

タッチとフォームの作り直しという奈落

 

燃えるものがある反面、真っ青になるところがあるのも正直な話。

今回の発見については本当、自分の中にある常識を打ち破る必要を感じました。

 

力の入れ方や加減はもちろん、そもそもの指の動かし方も含め、また一からやり直さないといけないかもしれない。

 

以前にも何度かこういうことはあったけど、また重いやつが来たなと沈みます。

 

20年以上ベースを弾いてきたのに、また根本的な部分を直さなきゃならんのかと思うと、かなり複雑なものがありますね。

 

まさかまさかの話なんだけど、でもどうやら事実。

やりたいことを実現するには避けては通れない道。

自然に出せるレベルまでに高めるには長い長い時間が必要。

 

久しぶりに来てしまいそうな全部作り直しの作業。

辛さと楽しさと混じって笑えてきてしまいます。

 

意識してやらなきゃ変わらない

 

www.pompombass.com

 

以前にも話したテーマ。

 

『高めなければ高まらない』

 

現実って本当に残酷。

無意識と惰性だとびっくりするほど成長しないから恐ろしい。

 

「やっていく内に良くなる!」

「叩き上げて鍛えられる!」

「俺のスタイルが出来上がっていく!」

 

こんなことを考え、練習とライブに明け暮れた過去の日々。

 

その結果は、

 

・音が細くてどうしようもない

・やっつけ仕事で演奏をこなすだけ

・安易で楽な方に逃げる

・個性と音色は機材の方に依存

・無理な弾き方で体を壊す

 

こんな散々な有様。

 

才能も何もない弱者だったということですね。

期待通りの方向には全然伸びず、体だけ壊して終わりかけました。

 

「自然に任せてこそ俺という存在が完成するんだ!」

「誰にも習わない!邪魔させない!」

 

なんて実現できたら良かったんですけど、まったく甘くなく撃沈。

 

「太い音を出したい!」

 

願い、考え、積み重ねたからこそ。

惨状と決別すべく動いたから成果を実感できています。

 

このブログの存在もその結果の一つなんでしょうね

 

『都合のいい楽なレベルアップとゲームクリア』

 

こんなものがなかった証明と言えそうです。

迷走とブレまくりの日々。

 

変えたいなら変えよう

 

数十年に及ぶ長いキャリアがあっても、音は細いままというのも決して珍しくはない。

むしろ変なプライドや固定観念が働き、変えられなくなってしまう可能性が高い。

 

志が高くても環境を変えないことには、上手く行かないことも考えられます。

忙しすぎる、生活がかかってる、積み上げたものを壊したくない。

様々なことが重い枷になり、人間というのはなかなか変われないから難しい。

 

しかし、そのままでは本当に大した変化もなく、終わってしまうかもしれません。

 

「俺のスタイル!」というものに心底なんの疑問も感じないか?

誰にも真似できない領域に高めた自信と自覚があるのか?

本当はもっと太い音を出したい、グルーブしたいと悩んでいないか?

 

正直に向き合ってみると、演奏も人生も変わっていくもの。

大げさなようだけど、好きなものを持っている、高められるって幸せなことだと思います。

 

新たな発見と覚悟の必要性にワクワクする快感。

しんどいのも確かだけど、暗く淀んで退屈に病む感じとは違う。

やっぱり楽しい、継続することも苦にならない。

 

『音を太くしたいなら太くなるようにする』

 

マジでこれ。

 

思いっきり精神論ですが、意識も行動も変えれば絶対に変化が起きます。

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】