ニワカが語る ウッドベース・コントラバスのPU その選び方について

ニワカのウッド・コントラバス談義 

 

 

ウッドベースとPU

 

すでにアップライトベース類は全て手放しているわたくし。

その手放した理由の一つがPUの選択の難しさ。

 

ま~、あれです。

 

「金がかかる」

「手間がかかる」

「時間がかかる」

 

これに耐えられませんでした。

 

「あれが良い!これが良い!」

「これは嫌い!あれは合わない!」

「良いけど使いにくい・・」

「嫌いだけど使いやすい・・」

 

オタクなだけに、こういう繰り返しになるのが目に見えたわけですね。

こりゃ~本格的に凝ったら、PUだけでも何十万と使うことになりそうだなと。

 

一時期、ヤマハのサイレントベースに手を出したこともあるのですが、結局、同じ悩みを抱えるはめになって逃げられなそうだと判断。

 

やはりどうにも、

 

「もっとこうしたい!」

 

この欲が出てきてしまうものですね。

 

アップライトの世界、その果てしなさに青くなり、サイレントベースの方も手放すことにしてしまいました。

 

エレクトリックベースの方に専念することを決めた次第。

 

まぁ、そんな挫折者の身で語るのも何ですが、どんなPUがあるものなのか、どんな選択をするべきだったのか、あらためてちょっと考えてみたいと思います。

 

挫折はした一方、それなりに楽しんではいたのも確か。

せっかくだから記事にしておこうかなと。

 

UNDERWOOD

 

自分が某工房でコントラバスを購入した際、

 

「まずはこれ」

 

とおすすめされて同時購入、取り付けてもらったPU。

 

「アンプを鳴らしたウッドベースの音ってこういうものんだよね」という、そんなイメージの音が出るPUという印象でした。

 

CDなどで聴こえてくるPU付きのウッドベースサウンド、エレクトクリック感が強調された特性かなと。

 

つまりはですね、

 

『苦手』

 

自分的にはそんな好きではないPU。

 

ゴリゴリ上等、ジャギジャギ成分も丸出しみたいな、そんな感じ?

かと言って凄いローが出るわけでもなく、ハイが綺麗なこともなし。

 

正直、もうちょっとナチュラルな方向性を希望したくなるPUでした。

 

ただその分、非常に扱いやすいPUでもあるとは思います。

マイルドな成分ばかりだとどうしても弱くなっちゃいますからね。

 

アタックも音程感もないと実際には使えないという、そのあたりを考えるとやはり、このPUにも多くのメリットがあることを実感できるはず。

 

良くも悪くもエレクトリックな面が強くなるタイプと言えそうです。

 

しかしこのアンダーウッド。

さすがに古いと言うべきなのかか?

 

最近はもう「定番」って扱いじゃなくなってきたんでしょうかね?

 

今でも売ってるのか、生産しているのかは不明。

 

FISHMAN BP100

 

取り付けが超簡単。

入手も扱いも手軽な意味でもまさに定番品。

 

一方、定番でありながらも、賛否両論まっぷたつになりそうなのがこのPU。

 

弦の間近、駒に挟むタイプである為でしょうかね?

ゴリンゴリン、シャリシャリな特性という印象、

 

それゆえか、これ単体で使うのではなく、もっと胴鳴りを拾ってくれるPU、マイルドな方向性のPUとミックスして鳴らす人も多いのではないかと。

 

簡単に言うと、分かりやすいアタック感や音抜け成分をBP100に担当させ、充実した低音やふくよさかは他のPUに任せようという方法。

 

実際、ランドスケープのEUBなどは、マグネットPU+BP100という組み合わせがデフォだったり、そういう使い方が一般的にもなってきているイメージ。

 

単体であれこれ四苦八苦するより、極端なぐらいに分けちゃった方が分かりやすく音づくりできるようになるってことですね。

 

いずれにせよ、積極的に音づくりした方が威力を発揮するタイプじゃないかと感じます。

 

「アンプ直!」

「タッチだけで!」

「ナチュラルに!」

 

なんて言ってないで、

 

「いや、電気通しちゃえば違う楽器だよ」

 

そうやって割り切っちゃうのも一つの正解なんでしょうね。

 

FISHMAN  BP-100

FISHMAN BP-100

 

DAVID GAGE THE REALIST

 

駒の真下に取り付けるという、なかなか大胆なPU。

 

胴にも触れることになる為か、アンダーウッドやフィッシュマンのBP100とは異なり、こちらはナチュラルな方向で評判の良い定番PU。

 

「いかにもピエゾ臭い音から解放されたい!」

「せっかくのウッドなのにシャリシャリゴリゴリは嫌だ!」

 

そんな希望を持つ人にとって非常にありがたい存在でしょう。

 

弓でも弾きたいなんて場合、最悪な結果になるであろうPUもある中、このリアリストは別格な存在にもなるかもしれません。

 

一方、分かりやすい音抜けやアタック感を求める場合、このPU単体だとちょっと弱い感があるのも否定できなそうなところ。

 

大音量下や大所帯のバンドでリアリスト一発というのは、ちょっと厳しそうな感じ。

 

その為、前述のBP100と組み合わせて使うなんてことも珍しくないはず。

 

その場その場の目的用途に合わせやすくなる意味でも、複数のPUを組み合わせるのが定番という気もするのがアップライトベースの世界。

 

PU選びについても欠点ばかりを見るより、

 

『選択肢の一つ』 

 

こう捉えていた方が正解のようにも感じる次第。

 

その意味でも、定番になるまでに至ったリアリストのPUは、実用性十分と言えるのではないかと。

 

REALIST  WBASS-PU

REALIST WBASS-PU

 

ちなみにですが、木製タイプなんてのもあるみたいですね。

自分は見たことありませんが、『木』というだけで何だか良い気がしてしまうのが性。

 

実際、金属のプレートが楽器に直に当たるのとでは違うんじゃないかと想像します。

生鳴り的な意味でこちらの方が合う人がいても不思議ではなさそう。

 

REALIST  WBASS-PU WOODTYPE

REALIST WBASS-PU WOODTYPE

 

SCHERTLERなど他

 

自分が使ってみた感じで一番「おっ!?」となったのは、

 

『SCHERTLER DYN-B』

 

粘土みたいなやつで取り付けるタイプのPU。

と言うかマイクの一種なのかな?

 

構造の詳細は知りませんが、胴鳴り感が一番よく出てくれた印象。

ピエゾ的なそれではありませんでした。

 

ただ、このPU。

 

『高い』

 

これが最大のネック。

 

現在、生産しているのかどうかも不明。

色々な意味で「定番」と言えるほどのものかは何ともかんともです。

 

また、前述のリアリストの話ではありませんが、シャキ!っとした成分には欠ける印象なので、単体での活躍は制限されてしまいそうな面もあるかなと。

 

指と弦とが擦れる音やぶつかる音、駒による軋みやアタックなど、アコースティック楽器の音って本当に成分が複雑なもの。

 

豊かな胴鳴りだけを拾ってれば良いという話ではないから難しい。

 

他にも『MSP』という磁石で固定するPUも持っていましたが、これはやはり、単体で完結するものではないという印象を受けた次第。

 

ファンタム駆動のコンデンサーマイクなんかも世の中にはあるけれど、あんまりシステムとして複雑化しちゃうのもどうかと思ったので、自分はそのあたりには手を出しませんでした。

 

駒に埋めこむタイプやら、アジャスタータイプやら、本当に色々ありますね。

 

最近(?)だとフィッシュマンの『Full Circle』とか評判良さげなのかな?

コントラバス持ってた時に知ってたら速攻試してたであろうPUです。

FISHMAN Full Circle Upright Bass Pickup

FISHMAN Full Circle Upright Bass Pickup

  

唯一神を求めるのは厳しい

 

あらためて振り返ってみても思ったのは、

 

「一個で解決は難しい」

 

これですね。

 

音の要素が非常に複雑なのがこの楽器。

どこに美味しさを見い出すか、それも弾き手の好みと目的に委ねられます。

 

となるとやはり、

 

『最強のPU』

 

こんなものを求めたって無駄な気もしてしまうところ。

 

これは本当、なんの世界においてもそうかもしれませんよね。

 

一方では絶大な威力を発揮するようでも、他においては意外とそうでもないという、世の中ってそんなもの。

 

「BP100で胴鳴りまで完璧なサウンドを目指す!」

「リアリスト1個でゴリゴリのアタックも再現する!」

 

こうやって意気込むのもいいし、実現している人も中にはいそうです。

一個だけでも何でもこなせる凄い人もいることでしょう。

 

しかし、現実的にはかなり厳しい面が多いのも確かなはず。

 

エレクトリックベースで言えば、リアPUで一生懸命フロントPUの音を出そうとしてるとか、モッコモコのベースでバキバキのスラップサウンドを目指そうとしてるとか、そんな不毛さをイメージしてしまいます。

 

「餅は餅屋」

「硬い音は硬い音が出るやつに」

「柔らかい音は柔らかい音が出るやつに」

 

この方が分かりやすいですよね。

 

まぁ、そうそう上手くは混ざってくれなかったり、今度はプリアンプ選びとかベースアンプ選びで悩んだりすることになったり、そこでまた悩むのがオチなのがこれまた難儀な話。

 

だけれど、頭の中に入れておくべきなのは、

 

『現代は選択肢が豊富』

 

これですね。

 

豊富ゆえに迷う原因にもなっちゃうのも確かだけど、あまり意固地になって視野狭くなってしまうのも考えもの。

 

苦手分野の克服ばかりを意識して無個性になるぐらいだったら、得意なやつにそのまま任せちゃうという、そういう判断も重要なんじゃないかと考えます。

 

それこそEUB、サイレントベースなんてのは、ケーブル1本でセッティングが完了もしてしまうような楽器ですもんね。

 

アコースティック感の再現にとらわれ苦しむぐらだったら、

 

「どうせアンプから音を出すんだったらこいつでもいいや」

 

これぐらいに割り切るのも有りだったりして?

 

ちょっと脱線してるようですが、ニワカながらに感じたのは本当、一個のPUで理想を実現するのは厳しいということ。

 

アンプから音を出すのがメインだったら、生音ばかりに固執したって仕方がないということ。

 

実はエレクトリックベースよりも電気面での扱いが上手くなければといけないということですね。

 

アンプからリアルなアコースティックサウンドを出したいのでれば、相当に追いこまないと現実は厳しいと痛感した次第。

 

あれも駄目、これも駄目ばかりだと、奈落しか見えなかったかなと。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】