ベースとローズウッド指板 定番中の定番 でも実はよく知らないその特性

ベースとローズウッド指板

 

 

定番中の定番の指板 ローズウッド

 

「指板と言ったらこれ!」

 

メイプルと並んでそんなイメージがあるのがローズウッド。

 

ちょっとギターかベースをかじったことがある人だったら、誰でも知ってるぐらいの存在でしょう。

 

一般的には、

 

・ふくよかな音

・落ち着いた音

・温かみのある音

 

こういった特性で語られている印象。

 

黒茶色と言うか、色の濃さもあいまってやはり、落ち着いた上品な雰囲気を想像する指板ではないかと思います。

 

色々種類が存在するらしいローズウッド

 

定番中の定番、問答無用な感すらあるローズウッド。

 

と言うことは、

 

「知ってなきゃ駄目」

 

ぐらいのものと認識すべきなのかもしれません。

 

ところがですね。

実はよく知らないんですよね自分。

 

今まで所有してきたローズウッドって、

 

・何かよく分からない高いらしいやつ

・ニューハカランダ

・パーフェロー

・ブビンガ

・コーティング済み

 

こういうラインナップだったりします。

 

おおまかにはローズウッドみたいだけど、産地とかそういう問題で違う名前が付けられていたり、実際、色も模様も異なっていたり、別物っちゃ別物と言えそうです。

 

要するに、

 

『普通のローズウッド』

 

これをあまり知らないわけですね。

 

ニューハカランダにいたっては、ポリ塗装でコーティング済みのものだった為、判断がさらにややこしくなります。

 

音のイメージ的にも、

 

・華やかで明るい

・高域までよく伸びる

・硬質でレスポンスも速い

 

こんな印象。

 

これ、メイプル指板に対するイメージみたいですよね。

そのメイプルにしたって懐疑的なところが多いから油断できません。

 

コーティングしてるゆえなのか?

それともニューハカランダ特有なのか?

その両方からの特性なのか?

正直よく分かりません、

 

詳細は知らない高いやつとパーフェロー。

共に高密度で非常に響きの良いイメージでしたね。

これも「大人しい」方向とは違ったかな?

 

『ブビンガ』なんかもそうじゃないかと想像。

『アフリカンローズウッド』と呼ばれるこいつ。

 

指板じゃなくてボディに使用しているのを持ってましたが、「甘くふくよか」とは言えない印象が強かったですね。

 

ちょっと調べてみると、実はパーフェローもブビンガもローズではないみたいな話があったり、同じマメ科だの近似種だのと言ったり、わけが分かりません。

 

ローズウッドは硬い木材

 

ものすごい特殊だったり例外もありそうですが、一般論や平均値から言えば、ローズウッドの方がメイプルより重くて硬質であるはず。

 

恐らく、そこを否定する人はいないんじゃないかと。

 

にもかかわらず、メイプルの方が硬質だったりアタッキーとか評価されたり、強烈な音が出るイメージで通ってそうなのが面白い話。

 

塗装の問題などもありそうですが、楽器というのは本当に複雑な要素で音が構成されていることが分かるような気がします。

 

あまり知らない身で語るのもなんですが、あえて普通のローズウッドに「甘くふくよか」な傾向があることを分析、想像してみると、

 

・重い材ゆえに音の重心が下がる

・超硬質材より粘りと弾力がある

・メイプルネックの音色と絶妙に相性が良い

 

こんなことが言えるのかもしれません。

 

より高密度で硬質、真っ黒なエボニー指板の楽器も所有していますが、ある意味、高品質すぎると言うか、全帯域、音が整いすぎてしまう傾向を感じるのも確か。

 

ものすごく綺麗な響き、隙のない楽器に仕上がるんですが、もうちょっと暴れてほしいような、庶民的になってほしいような、そんな印象を受けたりもします。

 

メイプル指板だとちょっと軽い、明るい、ドライな感じ、そんな傾向が出るかなと。

 

スラップが好きな人がメイプル指板を好むのも分かりますが、もうちょい重い感じや粘りのようなニュアンスが欲しくなるのも納得できる話。

 

そんなことを考えていくと、

 

『普通のローズウッド』

 

これの評判が良いのも分かります。

 

『インドローズ』

 

今はこれのことを指すのかな?

『インディアンローズウッド』とも言いますかね?

 

そのあたりよく知りませんが、安定したスタンダードなローズウッドはやはり良いものなんだろうと納得してしまうものがありそうです。

 

ただ、これもイメージとか先入観の問題であり、本当のところはどうなのか、どう判断すべきなのか、それがよく分からないことに変わりはありません。

 

作っている方にしても、奇をてらった方向を売りにしたり、それを前面に押し出そうとするのはどうかとなりますよね。

 

そうしなきゃアピールとして弱くなっちゃうから難しいのも分かるけど、過剰な木材木工戦争みたいなのは個人的には好きになれません。

 

ただ、それはプレイヤー側の責任であるのも否定できないのが痛いところ。

 

楽器オタクが仇にならないように

 

本来というか原点的に言えば、

 

『ハカランダ=ローズウッド』

 

この認識が正しそうでもありますが、現在では入手困難。

法的な問題が絡んでいてはどうにもなりません。

 

「ハカランダ=ブラジリアンローズウッド」とは言っても、現状ではもはやローズウッドとは異なるものだと考えるべき点もありそうです。

 

そんなことも含めて考えさせられるのは、

 

『普通のローズウッド』

 

これを知らないこと。

 

それがどういうことかを分析すると、一つの傾向が見えてくる気がします。

 

『楽器オタク』

 

間違いなく自分はこれに該当する人間だなと。

 

「定番は嫌だ!」

「人と違うものを!」

「変なことしたい!」

 

こういう気持ちを絶対持ってます。

 

「仇になった」とまでは言いすぎかもしれません。

「べつにオタクでもいいじゃん」って開き直ってもいます。

 

ただ、逆にスタンダードな楽器を全然知らない、実用性を無視して変な方向に行ってしまうという、それはどうなのかと思うところはありますね。

 

たとえば、

 

「おぉ!ハカランダ!」

「これ絶対良いわ!」

「普通の奴じゃ駄目!」

 

こんな傾向があったら要注意。

 

・スペックだけで判断してしまう

・表面的な部分で決めてしまう

・先入観や固定観念が強すぎる

 

これはよろしくない。

 

定番だからつまらないというだけでなく、

 

「音が悪い!」

 

ここまで判断してしまうようだと危険な兆候、病的にも思えます。

 

それはさすがに極論というものですが、

 

「普通のローズウッドじゃないから良い!」

 

みたいな判断は同じことのような気がしますよね。

 

・あくまでも傾向としてとどめておく

・実際に弾いてみてその楽器その個体を評価すべき

 

これが大切ではないかと考えます。

 

それかもう、「音の違いなんかどうでもいい!」と開き直り、見た目と手触りで判断するというのも、一つには正しいように思えます。

 

少なくとも、

 

「ローズウッドは大人しくて駄目!」

「ハカランダの甘い響きが最高!」

 

こんなことを言ってるよりは遥かに健全かなと。

 

また、この「普通のローズ」という乱暴に分けた存在にしても、その中に等級、密度、乾燥具合、管理の問題なども大きく関わっているはず。

 

『特上の普通のローズウッド指板』

 

『ザル管理&並以下のハカランダ指板』

 

どちらが果たして優れているのか?

なかなか興味深いところです。

 

個人的な好みと言うか大前提を挙げるならば、

 

『安定頑丈』

 

これがまず何より。

 

グニャグニャ動きまくって手がつけられない?

それはそもそも楽器向けの材ではないなと。

種類や音の好み云々ではなく機能的にアウト。

 

『ネックも指板も安定していて頑丈』

 

良いベースを探すなら、まずはここをおさえておきたいですね。

 

後、本当に語りたいのはタッチレスポンスについてだったりするんですが、これを加えると話がまた長くなるので、それについてはまたいつか。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】